Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級までの道のり〜番外編〜

先日、偶然こんなブログを見つけました。

「英検1級1ヶ月突破 リスニング対策」

「この英検1級1ヶ月突破では、リスニングは捨てます。」

なに??

「理由は簡単です。
勝てないし、勝った(=満点レベル獲得)としても、大した点数にならない。
リスニングは、29点でやはりそこそこ配点がありますが、時間をかければ、点数が飛躍的に伸びるものでもない。もっと時間をかければかけただけ点数が上昇する語彙・作文に力を注ぐべきです。リスニングに関しては、半分位取れればラッキー、そして最低でも3割取れればよしとするか。と思い切り割り切って、リスク取って行くべきです。その分のリスクを補えるだけのリスクヘッジが語彙と作文です。リスニングは捨てる事が対策です。」

と書いてありました。

わお。私と正反対。

私の思考は、

「語彙は、25点でやはりそこそこ配点がありますが、時間をかければ、点数が飛躍的に伸びるものでもない。もっと時間をかければかけただけ点数が上昇するリスニング・長文に力を注ぐべきです。語彙に関しては、半分位取れればラッキー、そして最低でも3割取れればよしとするか。と思い切り割り切って、…」

なぜか?

それは、リスニングと読解をやれば語彙は必ずついてくるからです。
語彙だけ勉強している(意味を暗記する)のでは、読む力も聞く力もつかない。
私が、文脈なしに単語の意味を掴むことができないので、
語彙に特化した勉強は横においやったわけです。

ほんと、人によってアプローチ方法が違うんだな〜と思った瞬間でした。

スポンサーサイト

英検1級までの道のり その4

英検の勉強にしても、TOEICやTOEFLにしても、
強調したいことは、試験勉強だけをしていたわけではないということです。

中学生のときは、ALTと話したりラジオ講座を聴いたり
高校生のときは、英語部に所属していたので、英語ディベートやスピーチをしたり。
英語で日記を書いたり、映画を見たり、ハリーポッターを読んだりと、
多少なりとも毎日英語に触れる生活をしていました。
もちろん、学校で英語の授業もありましたし、短期留学も経験しました。

英語の資格試験の勉強で学んだこともたくさんありましたが、
文法と語彙の基礎、そしてスピーキング・リスニング・リーディング・ライティングの基礎は、
試験勉強じゃないところで培ったと思います。

結局、自分がすでに持っている実力が試されるのが試験で、
試験勉強は、英語そのものというより、
試験の形式や答え方のポイントをおさえることの方に重点をおいていました。

それから、長時間の試験に耐えられる体力(集中力)をつけること。
試験勉強はつまるところ、長文を読む・聴く集中力を上げるためのトレーニングだったような気がします。

試験に向けて本格的に準備を始めるのはたいて試験の1〜2ヶ月前。長くても数ヶ月?
TOEICを受けたときはそれより短かったかも?

資格を求められることもありますし、持っていると便利ですが、
あくまでも英語を上達させるのが目的で、試験はそのための一つの手段。
一つの通過点に過ぎないと思います。

実際、英検1級を取ったところで、英語が全てわかるようになったわけではありませんし。
外国語の勉強には終わりがないなとつくづく感じる毎日です。

英検1級までの道のり その3

英検の1次試験(筆記試験)に受かるための、試験中の策略は、
長文問題から解くということでした。

つまり、問題の冊子を開いて、最初の5〜6ページくらいをすっとばして、
いきなり大問3とかから始めるわけです。
そして、2、1、と進んでいきます。

どういうことかと言うと、自分が一番得意なところから始めるということです。
必ずしも1ページ目から解かなければいけないという決まりはないのですから。

私はリスニングの次に長文が得意で、次に文法、最後に語彙だったので、
その順に解くことにしていました。
(筆記試験は、大問1が語彙、大問2が文法、大問3〜4が長文、大問5がリスニング、というような構造になっています。)
最初に語彙をやると、わからなくてパニクるし、考えてもわからないのに無駄に時間だけかかるし、残り時間が少なくなっていってあせるし…。
だったら得意な長文に時間をかけてゆっくり取り組んで、後からぱぱーと語彙をやって(どうせ勘で答えるんだし?)、
ゆっくりリスニング問題に目を通す、というのが私の戦略でした。

とても万人にあてはまる戦略とは思えませんが、
(そして全然自慢になりませんが、、、)
試験の受け方は人それぞれ、自分の好きなように、好きな時間配分で取り組めばいいと思います!
以上!笑

英検1級までの道のり その2

なぜCDが大事なのか、というのは、私が "Auditory learner" で、聴きながら勉強するのが一番効率が良いからです。(「自分に合った」勉強法参照)

単にリスニング問題を一度解いて終わり、ではなく、使い道はもっとたくさんあります。

余談ですが、新しいレベルに挑戦するとき、私はまずその級のリスニング問題から取りかかります。
知らない単語ばかり並んだ語彙問題や、難し〜い構文の長〜い文が続く長文とにらめっこするより、比較的得意なリスニングの方がとっかかりやすいのです。
通常、使われる単語や構文が、長文(リーディング)などのセクションに比べてリスニングの方が簡単です。
なので、難しい語彙や長文問題は置いておいて、ひたすらリスニング問題をやって慣らすことにしています。

では、リスニング問題+CDをどう活用するかというと…。
私は次のような方法で耳を慣らし、文法と単語を叩き込んでいきました。

〜〜

1.本番同様に英文を1回(または2回)聞き、問題に答える。まだ回答は見ない。

2.英文を何度も聴き、書き取る(ディクテーションと言います)。(参考:英語は絶対、勉強するな!その2

3.できるところまで書き取ったら、スクリプトを見て、スペル間違いや単語を訂正する。(自分が書き取ったものはそのまま残し、どこをどう間違ったのかわかるように別の色で書きこむ。)

4.完成したスクリプトを目で追いながら、もう2〜3回英文を聞く。スクリプト通り、正しく聞こえてくるまで。

5.このあたりで、わからない単語やフレーズの意味を調べて、全体の意味を把握する。

6.もう一度問題の答えを考えてみて、答え合わせをする。必要であれば訳も読んで意味を確認する。

7.文章の意味も、答えもわかったところで、意味を考えながら英文をもう一度聞く。

8.CDに続けて声に出してスクリプトを読む。最初はスクリプトを見ながら、慣れたらスクリプトから目を離して、CDの音だけを頼りながら。(シャドーイングと言います。)

〜〜

級によって文章や会話の長さ、そしてもちろんレベルが違うのでかかってくる時間も変わりますが、英文がたった1分の長さだとしても、1〜8をおこなうとひとつの問題に30分〜1時間かかったりします。

こんな面倒な作業(と思えば面倒だし、楽しいと思えば楽しい)、どんな効果があるのかと言いますと…。

まずディクテーションをすると、音への集中力が増してくるのと同時に、正確に聞き取れるようになってきます。
正確に聞き取れると、自分も正確に話したり書けるようになってきます。少しずつですが。
特に、スクリプトと自分の書き取ったものを比べてどこが間違っているかを確認すると、自分が苦手なことや理解していないことが一目瞭然になります。

私の場合、いくつかディクテーションをしてみると、常に "the" や "a" が抜けていたり、前置詞や助動詞がまちがっていたり、複数形や三人称単数の "s" が抜けていたりすることに気づきました。
そのミスのパターンは、実は自分が英作文をするときに犯すまちがいのパターンと全く一緒。
その部分に気をつけて、正確に聞き取れるようになると、英作文のときのミスも減ってきました。
リスニングの練習が、実は文法の勉強にもなっているわけです。

書き取りと同じくらい大事なのがシャドーイング(真似して声に出してみること)で、これは英語のスピードとリズムに慣れるための鍵です。
最初はCDが速すぎてついていけなかったとしても、練習していると少しずつ自分も同じスピードで文が言えるようになってきます。
スクリプトを見ずに、一音一音を聞きながら、そのスピードで意味も考えられるようになると、
当然リーディングのスピードも上がってきます。全部つながってるのです :)
その過程で、スクリプトに入っている新しい単語も自然と覚えられます。


私は2級のリスニング問題を使ってこれ(ディクテーションとシャドーイング)を高1の夏休みにひたすらやった記憶があるのですが、
自分でもびっっっっくりするほどリスニング力がアップしました。
効果が感じられるから、おもしろくて続けられたのです。
正答率が上がったことはもちろんですが、そんなことより、同じスピードの英文を聞いても以前よりゆっくりはっきり聞こえるようになってくるのです。


2級から1級までは、だいたいこの方法でリスニングのトレーニングをしました。
トレーニングというほど根をつめてやったわけじゃないですが、まあ気が向いたときに、やれる範囲で、です。
ある意味…「勉強してる」という感じをたっぷり味わえるので、満足感が得られるかも?


さて、トレーニングの結果、リスニング「だけ」は、どの級でもほぼ満点。
確か TOEIC と TOEFL もそうでした。
多いに合格に貢献してくれたので(笑)効果はあると確信しています。

必要なのは音源とスクリプトだけです。
ぜひ試してみて下さい♪

英検1級までの道のり

しばらく真面目に資格試験合格のための勉強法について書いてみようかと思います。
まずは身近な英検から。

私と英検は長い付き合いでして(笑)中2の時に初めて3級を受験してから1級に合格するまでの6年間、毎年受験し続けました。

なぜ英検か、という話を少し。
それは、「英語ができるようになりたい」というあまりにも漠然とした目標に対して、
英検という具体的で実現可能な目標を設けることで、
勉強を続けるための動機付けと道しるべの役割を果たしてくれるからです。
進むべき方向を指すと同時に、自分が進んだ距離を表してくれるマイルストーン。

3級の次は、準2級。
準2級の次は2級。
そして準1級、最後に1級。
なんてわかりやすい。
ちゃんと内容のレベルが上がっていくので、自分のレベルも上がっていくことが実感できます。

私の場合、英会話学校に通ったわけでもないので、
一人で勉強を続けていくためには何か目標となるもの、導いてくれるものが必要だったのです。

受験のしやすさも理由のひとつです。
申し込みも簡単だし受験料も他と比べれば断然安い。
受験会場も多いのが嬉しいです。ほとんどの場合、特に1次試験は、自分の学校で受験できます。
TOEFLを受験するために札幌から東京へ行った労力を考えれば、
気軽に何度も受けられる英検は腕試しにもってこいです。

何だか英検推進委員会みたいな文章になってきましたがもうひとつだけ。
「英検のための勉強」が「英語の勉強」に直結する理由は、
英検が言語技能の全てをバランス良くテストしてくれるからなのです。
文法、語彙、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング(二次試験の面接)。
全部テストされるので、試験対策をする中で、それらをバランス良く身に付けていくことができます。



英検の公式ページはこちら(過去問も見られます):www.eiken.or.jp



で、どうやって勉強したか、ということですよね。

私は英検対策には全て旺文社の本を使っていました。
つまり、公式の教本です。
英検の勉強をするなら、英検協会が作った教本を使うのが一番だろうと思ったので。

さて、公式本にもいくつか種類がありますが、私が使っていたのは次の4つでした ↓
・教本(CD付。「英検合格者の80%以上が使っている旺文社の英検書」という帯がついているやつです。笑)
・7日間完成予想問題ドリル(CD付)
・DAILY30日間集中ゼミ(CD付)
・過去6回全問題集(CD付)

ある程度レベルに見合った文法の知識もあり、合格に自信のあった準2級くらいまでは、「7日間完成」という薄い問題集のみで準備しました。
試験の内容を勉強するというより、試験の形式に慣れるためです。
セクション(語彙、文法、長文、etc)ごとの練習問題があり、一日1セクション進んでいく形で、1週間で全セクションの復習が完了します。

2級と準1級は、確か「教本」を使ったと思います。
こちらは、問題の傾向、覚えるべきイディオムや文法ポイントなどの解説が丁寧に書かれています。
「練習問題つき教科書」といったところです。
少しずつ、時間をかけて勉強するのに向いています。

「教本」で力を付けたあとは「過去6回全問題集」でひたすら過去問に取り組みました。

1級のみ、「DAILY30日間集中ゼミ」という本を使いました。
1日分では、問題形式や攻略ポイントを確認する→練習問題を解く、という構成で、
全体では、問題形式を把握するための基礎編(第1日〜第9日)と、スコアを伸ばす実力をつけるための応用編(第10日〜第30日)という2部構成になっていて、最後に模擬テストがあります。
なぜこの本を選んだのか…。
体系的に、計画的に勉強できるようにできているのが良かったのでしょうか。
全然集中せずに断続的に on and off という感じで勉強したので1年以上この本と付き合うはめになりました(笑)


さて、わざわざ「CD付」と注記したのはそれがとっても大事だったからです。
CDをどう活用するかという話はまた明日。



 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。