Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国語で本を読む。

昨日から一週間の春休みに入りました♡
最近は少し暖かくなったかと思えばまた氷点下に冷え込む日もあり、春はまだまだ先のようですが。

人気がなくなって静けさの漂うキャンパスではいつもより少しゆっくりと時間が流れているように感じます :)

***

春休みだし、ちょっとは勉強の息抜きをしたい!と思って
前回宣言した通り(笑)アルケミストを読んでみることにしました♡
休み明けにポルトガル語の中間試験があるし、良い勉強になるでしょう。





図書館にもポルトガル語版の本があるのですが、昨日と今日は閉まっているので、
グーグルで "O alquimista" と検索してみるといとも簡単にPDF版が見つかりました。

本で読むのに比べると読みづらいけど、まいっか。

星の王子様を読んだときのように、ノートに文章を書き写して、わからない単語と文法を調べて…と勉強する気満々で(試験があるし)、
ノートと辞書と参考書とパソコンを持ってカフェに行ったのですが、
書き写す作業が非常に面倒くさくなってしまいまして(笑)
いいや、その過程はスキップして、ひとまず目を通してみよう、と読み始めました。

当然わからない単語や構文がたくさん出てくるわけですが、
思ったより理解できるんですね。
I understood more than I had given myself credit for.
自分の力を見くびっていたというか。

ベーグルを食べるため両手が塞がっていたので辞書を引くのも面倒で(笑)
わからないことは後で調べればいいや、と思い、
そのまま読み進めることにしました。

辞書を引くのはどうしても知りたい単語だけにとどめて、
参考書で文法や構文を調べる前に文脈から意味を推測することにして、
当初の「勉強する」という目的は早々と捨て、今の自分が文脈だけを頼りにどれだけ読めるか試す機会と決めました。

で、わからないなりに最後まで読み切ったのです。
途中で何度も休憩をはさみ、所要時間は約10時間。

読み進めてみると、最初はイマイチ意味がつかめなかった単語や文の構造も、繰り返し違う文脈での使われ方を目にすることで、最後にはそのほとんどが理解できるようになっていました。

何より「本を一冊読んだ」という達成感と自信!
(PDFだと感慨に欠けますが。)

***

外国語で本を読む、という考え自体 intimidating と感じる(壁が高くて挑戦するのにも気が引ける)人が多いようです。

でも自分のレベルに合うか、それよりほんの少し上の本で成功体験を重ねていくと、外国語で読むというのがちっとも怖くなくなるのではないかなと思います。

最初に読む本としてお勧めなのは、
・絵本、児童文学
・読み切りの短編小説
・自分の専門分野の入門書
・すでに日本語訳を読んでストーリーを知っている小説
・自分が好きな日本語の小説の翻訳
などなど。

短めで、わりと簡単な文で書かれていて、自分の興味がある内容の本がいいと思います。

英語だったら、英語学習者向けでレベル別の "Penguin Readers" などのシリーズもお勧めです。

外国語の本を探すなら、こんなサイトもあります ↓
英語教材・英語の本を扱うサイト:http://www.eltbooks.com/home.php
イタリア、スペイン、ポルトガル語の本の専門店:http://italiashobo.com/hq/index.php

みなさんもぜひお試しあれ☆
次は何を読もうかな…

スポンサーサイト

星の王子様

何という本だったか題名は忘れてしまいましたが、
「外国語で本を一冊読めばその言語をマスターできる」というようなことが書いてあった本がありました。

・一冊の本に、その言語を使いこなすために必要な基礎的な文法が全て含まれている
・その本を暗記すればその言語が話せるようになる

というのです。

本当かよ、と疑いつつも、この方法を部分的に実践してみたことがありました。

教科書は、サン=テグジュペリの「星の王子様」。
いつか原文(フランス語)で読んでみたいと思っていた本です。

フランス語は高校のときに2年勉強しましたが、
基礎文法を繰り返すばかりで、とても読み書きのできるレベルには到達しませんでした。
当時の私のフランス語のレベルは英検でいう3級に届くか届かないかという程度で、本を一冊読み通すには、文法知識も語彙もまだまだ。

それでもやってみました。

用意したものは、
原作と、仏和辞書と、高校のときのフランス語の教科書と、大学ノート一冊、
そして朗読CD。
巷には「フランス語で読もう星の王子様♪」的な本が最低でも5種類くらい売っていましたが、それには手を付けず。
日本語訳や解説に頼らずに、どうしても自分の力で読みたかったのです。

本にいろいろ書き込みたくなかったしそのスペースもなかったので、
中学校の英語の授業でやったように、
まず大学ノートに一行おきに原文を写しました。

そして、わからない単語に下線を引き、仏和辞典を引きつつ余白に単語や文法のメモをとりながら、1章ずつ進んでいきました。
読み終えた章は朗読CDを聞いて、今度は聞き取りに挑戦です。

まだ習ったことのなかった文法も、辞書と教科書をひっくり返しながら何とか学び、
どうしてもわからない複雑な文はインターネットで英訳を確認しながら、
1ヶ月か2ヶ月か忘れましたが、時間をかけてとにかく最後まで読み終えました。

***

さて、そうして私はフランス語をマスターできたかというと、
全然そんなことはありませんね(笑)。

でも、確かに、すでに知っていた文法は定着したし、新しく学んだ文法も、生きた例文を読むことである程度慣れたかなと思います。

それに、何度もCDを聞くうちに、覚えてしまった文も多少はあって、
そういう文に限っては今でも口をついて出てきます。

冒頭の、
「六歳のとき、原生林について書かれた『本当の話』という本で、一枚のすばらしい絵を見たことがあった。描かれているのは一頭の獣をのみこむ大蛇ボア。」とか、
「外から見たボアとおなかの中が見えるボア」とか、
「人の住んでいる土地から千マイルもはなれた砂漠」とか、
「おねがいします…羊の絵を描いてよ!」とか。
「さ、これがケースだよ、君がほしがっている羊はこの中にいるよ」とか。
「君はどこの星から来たの?」とか。
「ちょうちょ」とか、「キノコ」とか、「花のトゲ」とか。
何とも実用的でしょ(笑)。

そんなこんなで、フランス語は大学でも勉強したのに相変わらず全然話せませんが、
星の王子様だけは、読める。
大好きな本を原文で読むという当初の目的は達成できたので良いかなと(笑)。
今でも私の大切な旅のお伴です^^

***

次はアルケミストに挑戦しようかな、と密かに計画中です。
もちろんポルトガル語で!!

みなさんも好きな本があれば、ぜひ原作に挑戦してみてください〜☆




私の「頭の中」

母国語は日本語で、スペイン語専攻で、今は韓国語を学んでいて云々、という話をすると、
「頭の中どうなってるの?」
とか、
「いつも何語で考えてるの?」
などと聞かれることが多々あります。

「考える」って無意識的に行うことが多いし目に見えないので、何語かということも普段は特に意識しないのですが…。
あまりにも頻繁に聞かれるので、しばらく、自分の「考える」という行為を意識して観察してみました。


その前に「頭の中がどうなっているか」という話を。
あ、ちなみに今日の話題は全くもって現実に役に立たないので、最初にそう断っておきます。

感覚的な話ですが、英語を勉強し始めたときからずっと、頭の中に言語の「部屋」というイメージがあります。視覚的というよりは感触的なイメージで。

英語を勉強して、ある程度身に付くと、頭の中に「英語の部屋」ができて、英語の文法や語彙などの情報は全部その部屋に収納される。

フランス語を勉強し始めたとき、日本語・英語の他に、「その他外国語」という部屋ができて、そこにフランス語の情報が収納される。

その後も他の外国語を勉強するたび「その他外国語」にいったん収納され、ある程度自由に操れるようになると自分の部屋が確立される。ちなみに自分の部屋が確立されないとその言語へのアクセスに時間がかかるので言語間の切り替えもスムーズにいかない。しばらく使用されないと部屋ごと退化するか他の部屋に吸収合併される。

チリ留学を経て「スペイン語の部屋」を、韓国滞在中に「韓国語の部屋」を建設。

なので今私の頭の中には、大きい順に、「英語の部屋」「スペイン語の部屋」「韓国語の部屋(建設中)」そして「その他外国語(フランス語、中国語、その他ランダムな情報)」があります。


***


ここから本題、「思考の言語」について。


結論その1:日本語は無意識の言語、英語は意識の言語。

生活に密接した、反射的な思考…「コーヒーこぼしちゃった」とか「授業の後パン買いに行こう」とか、そういうのは全部日本語です。自分との会話はほとんど日本語。
無意識・反射的・受動的な思考はほぼ100パーセント日本語。

留学生活が長くなるにつれて英語が無意識の分野に進出し始めていますが、
英語は基本的には「意識の言語」で、英語のインプットに対しては英語で考える、という感じです。
例えば英語で書かなければいけないエッセイがあるとき、そのエッセイについてアイディアを出したり下書きを書いたりするときは英語。
なので大学で勉強しているときの思考はたいてい英語。

そう考えると、狭義の「考える」ということの大部分を私は英語でおこなっているのかもしれません…。
「思う」のは日本語で、「考える」のは英語、とも言えるかも。
日本語は感情・感覚に一番近く、英語は理性と分析に一番近い。

他の言語はもっと使用時期が特化されていて(?)、
スペイン語で書かなきゃいけないエッセイやメールを考える時はスペイン語、
韓国語はまだ思考できるレベルに至っていなく、日本語で考えて韓国語に訳しています。



結論その2:常に複数の言語間を行き来している。

「英語で考える」と言っても100パーセント英語で考えるわけではありません。
知らない単語はまだまだたくさんあるし、その度に和英辞典を使っています。辞書を開かない日は一日もないのです。

スペイン語を学ぶことによって、英語がスペイン語の思考に影響されるということもあります。
英語を話していて、「これはスペイン語の表現の直訳だ」と気付き言い直すことも。その反対もあります。

さらに、「日本語で考える」というのも100パーセント日本語でおこなっているわけではないのです。
特に大学の授業で習ったコンセプトを日本語で説明しようとすると、単語もわからないし、うまくまとまらない。
アカデミックな内容に限らず、時々、自分が話す日本語が、英語の翻訳なんじゃないかと思うことがあります。

あまり良い例ではないですが、例えば…。
日本人の友達に、友達を紹介されて初めて会ったとき、私は「会えて嬉しいです」と言って、
「そんなこと日本語で言わなくない?」と後で友達につっこまれてしまいました。
その表現って日本語として不自然?思考回路に組み込まれた "Nice to meet you" の翻訳?
その区別がもう、つかないんです。

なので頭の中に英語の音が流れていても思考回路はスペイン語かもしれない。日本語で考えているつもりでも英語の論理の中にいるのかもしれない。


授業のノートや日記など個人的なものは、複数の言語が常に入り交じっています。日記は特に「考える」と「書く」が同時進行でおこなわれるので、思考の軌跡が一目瞭然です。

なぜ複数の言語が入り交じるかというと、ひとつは、先に頭に浮かんだものを使うからです。便利だからで、時間の節約。

もうひとつは、できるだけ翻訳をしないで、「元の考えに一番近い」言葉を使いたいから。
辞書の上では同等と位置づけられている単語ひとつとっても、言語が変わると私にとって意味が変わってしまうのです。

どういうことかと言うと、例えば、
"I miss you" "Te echo de menos" "恋しい" "보고싶어" …
これらの感情表現は辞書の上では「同じ意味」だとしても、どれも全く別の意味と響きを持っていて、決して意味が釣り合うことはないのです。

その時によってその時の気分で書くので、全部日本語だったり、英語とスペイン語が半々だったり、何か一つの単語や表現だけ違う言語だったり。
誰に見せるわけでもないので好き放題、不規則的で無秩序、それが私の思考の正体です。



結論その3:常に翻訳している。

これは厳密に言えば「話すとき」「書くとき」ですが、そういうときも頭は働いているので。
上に書いたように私の頭の中は常に複数の言語が共存しているので、コミュニケーションを取るときは相手に合わせて、そのときの共通言語に翻訳するという作業が避けられません。

程度は多かれ少なかれ、いつも頭の中で翻訳している自分がいるのです。



以上。私って「頭おかしい」のかな。笑


歌って、覚える。

文法の勉強や語彙の暗記が嫌いな人でも、音楽が好きな人は多いのでは?
私は、外国語の発音やフレーズを覚える目的も兼ねて、洋楽(とそれ以外も)をよく聴きます。

私はもともと「洋楽が大好き!!」というタイプではないのですが、
英語を勉強し始めた頃から、友達に勧められた歌手や気に入った映画の曲などを徐々に聴くようになりました。

初めて聴いた英語の曲は、Celine Dion の "My Heart Will Go On"。
映画タイタニックのテーマソングで、知らない人はいないと思います。

その曲を初めて聴いた時はまだ小学生でかろうじてアルファベットが読める程度だったので、母にカタカナで書いてもらったふりがな(?)を頼りに練習したのを覚えています。意味も何もわからないのに。

***

何度も同じ曲を聴いていたら、自然とメロディーが頭に入る。
歌詞も、音の感じを覚えてしまう。
そこで歌詞を読んでみる。意味はわかったりわからなかったり。
でも音は前よりも明確に聞き取れるようになる。
強調される音や発音されない音がわかる。

何度も真似して口ずさんでいるうちに歌詞を暗記してしまう。
わかる言葉には、だんだん感情が入ってくる。
わからない言葉も、勉強するうちに「こういう意味だったんだ!」とわかる時がある。
いつまでもわからない歌詞もある。

リズムで覚えて、目で確認して、心で感じたフレーズはなかなか忘れないもの。
そんな勉強は苦痛どころか、とっても楽しいです。

***

歌詞は、【歌手名】【タイトル】【lyrics】で検索すればすぐに出てきますが、
一つブックマークに入れておくならここ↓がおススメです。
歌詞の検索もコピペもしやすく、歌詞自体もたいてい正確なので。

A-Z Lyrics

ページトップの「A~Z」から歌手/グループ名を探せます。「#」は数字のことです。念のため。

***

今の気分で選ぶジャンル別おすすめソング♪
比較的発音が聞きやすい&意味がわかりやすいものを選びました。偏見たっぷりです。
同じ曲ばっかり聴くので全体的に古いです。
ぜひYoutubeで聴いてみてください (*^^*)

[Classic]
♪Yesterday Once More (by Carpenters)
♪Help! (by the Beatles)
♪Amazing Grace (by Hayley Westenra) *彼女の声はまさに天使の歌声。心が洗われます。

[Recently released]
♪Someone Like You (by Adele) *最近と言っても1年前ですが。キャンパスセンターでエンドレスリピート。こんな切ない曲を流し続けるのはやめてくれ。しかも女子大で。

[King of Pop]
♪Man in the Mirror (by Michael Jackson) *彼の曲はメッセージ性の強いものが多いけどこれが一番好きかな。
♪They Don't Really Care About Us (by Michael Jackson)
♪I Just Can't Stop Loving You (by Michael Jackson)

[Love songs]
♪When I See You Smile (by Bic Runga)
♪You Belong To Me (by Vonda Shepard) *この曲、いろんなアーティストが歌ってます。オリジナルは Sue Thompson
♪If I Ain't Got You (by Alicia Keys)

['80s American Rock]
♪Jack & Diane (by John Mellencamp) *意味も発音も、このリストに載せるべきではないけど大好きなので。

[Jazz]
♪So Many Stars (by Natalie Cole) *歌詞に共感
♪Wave (by Antonio Carlos Jobim) *さわやかなボサノバ

[Hip Hop]
♪Where is the Love? (by the Black Eyed Peas) *「こういう(うるさい)歌嫌い」という母へ。歌詞を聞いてから言ってくれ
♪Can't Hold Us Down (by Christina Aguilera and Lil' Kim) *上と同じく。

[Latin (songs in Spanish)]
♪Ella (by Bebe)
♪Me gustas tú (by Manu Chao) *これ一曲で "gustar" 動詞は完璧

[K-Pop]
♪보고싶다 (by 김범수)
♪너는 나의 봄이다 (by 성시경) *ドラマ "Secret Garden" の主題歌

[French songs]
♪Quelqu'un m'a dit (by Carla Bruni) *声が素敵、ほんとキレイ
♪Mon petit vieux (by Camille) *歌詞の意味が…愛の国フランスっぽい
♪Paris (by Camille)

運か努力か。

勉強法の話が続いたので今日は違う話題を。

英語と日本語の表現の違いって挙げたらキリがないですが、何か見つける度に考え方の違いが垣間見えておもしろいです。

例えば「がんばって」と "Good luck"。

試験を受ける友達に。
外回りに出る同僚に。
学校に向かう子供たちに。
何かにつけて日本人が好んで使う言葉と言えば、「がんばってね!」。

同じ状況でも、英語では "Good luck!"(幸運を祈るよ!)と言うことが圧倒的に多い気がします。
または、"Take it easy!"(まあ気楽にやれよ!)
やるだけやったのなら、後は「神のみぞ知る」ということでしょうか。

「がんばる」、つまり「力を出す」「ふんばる」というニュアンスに近い "Hang in there!" "Break a leg!" "Do your best!" などの表現は、もちろん間違ってはいないのですが、私はあまり耳にしたことがありません。

***

運で試験に受かるか!! と突っ込みたくなる時も多々あるのですが、
極端に言えば「全ては努力次第」と「全ては運次第」に分かれる表現・価値観の違いはどこから生まれるんでしょうか。

「集団主義と個人主義」の違いを論じる時に持ち出されることの多い、【稲作文化】と【稲作以外の農耕・牧畜文化】の違いが、「運と努力」についての考え方にも影響しているのではないかと私は思います。

大雑把に言って、日本や中国・韓国で伝統的に行われてきた稲作と、西ヨーロッパやアメリカの小麦やとうもろこしの栽培では、必要とされる土地の面積・労働時間と量・労働の複雑さや大変さなどが全く違います。(牧畜が全く違う文化を育むことは想像に難くないと思います。)

お米の栽培はとっても「手間がかかり」ます。そして、「手間をかけた分だけ」収穫の量が増え、質が高まる。別の言い方をすれば、「努力は報われ」「努力しない者は成功できない」のです。

一方で、小麦やとうもろこしの栽培は、春に種を蒔き、雨さえ降れば、秋に収穫が待っている。最低限やることをやっていれば、何とかなる。
労働量も少ない代わりに、努力と報酬の関係性も比較的弱いのです。

そんな2種類の農作の違いを考えると、古くから稲作を営んできた国民があくまでも勤労を重んじる一方で、その他の農耕・牧畜を営んできた国民が、「運任せ」とは言わないまでも、勉強や仕事と同じくらい息抜きと遊びをとても大事にするのは理解できる気がします。そんな、単純なものでもないかもしれませんが。

ちなみに、スペイン語やフランス語ではやっぱり、英語と同様、
"Buena suerte" "Bonne chance" (= Good luck) と言いますし、
韓国語では "힘내!"(がんばって)、"파이팅!" (英語の fighting から。「ファイト!」)と言うみたいです。
中国語(標準語)は "加油" と習った記憶がありますが、北部と南部では農耕の種類も違うので、もしかしたら北京語と広東語などで表現が違うのでしょうか。誰か知っている人がいたら教えてください。

***

言語と文化は密接に結びついているもの。
言葉の端々に垣間見える価値観の断片を掘り下げていくと、その根底に流れる歴史や文化についての意外な発見があったりします。大げさ?
外国語学習の醍醐味です☆


(参考:"Outliers - The Story of Success" by Malcolm Gladwell)
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。