Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国という国、外国を理解するということ

最近、というか昨日、韓国について一冊の本を読みました。
半年ほど前にタイトルだけ見て古本屋(札幌の)で買って、手をつけないまま実家の本棚に置いてあった文庫本。
今度こそ読もうと思って韓国に持って来たのでした。

その名も、『韓国は一個の哲学である―「理」と「気」の社会システム』 小倉 紀蔵著(講談社現代新書)



今日はその本を読んで思ったことを書きます。本の内容の要約ではありませんので悪しからず。

***

「韓国人は○○だ」「韓国社会はxxだ」
一番身近で交流も多い、実体のある外国だからこそ、体験に基づいた、いかにももっともらしい "韓国論" を広げる人がいる。そしてさらに、日本と韓国という二つの国を比較してコメントをする。どちらの社会がより道徳的か、発展しているか、歴史を大切にするか、優れているか、礼儀正しいか、etc、etc。韓国を絶対肯定する人もいれば、露骨に嫌悪感を表す人もいる。多くが「同じ東アジア」に属す日本と似た国だという楽観に基づいて、または、日本とは全く次元が違い話が通じるわけがないのだという悲観に基づいて、評価を下す。

韓国人にしても同様。社会全般に広まっている日本のイメージの多くは批判的・否定的なもので、日本を劣った国として見る傾向がある。

でもその判断は、その国の道徳観、世界観に則って導き出されたものであることを認識しなければならない。日本人は日本で育まれた道徳観、世界観に従って韓国(人)を評価する。韓国人は「韓国社会の思想的な『しくみ』」の中で日本(人)を評価する。このとき、二人の対話がかみ合うはずがないのだ。対等になれるはずがないのだ。

日本の道徳観と言っても、それを定義するのは難しい。今、自分の口から出ている言葉が、どのようにその道徳観に形作られているかを客観的に認識するのはもっと難しい。その言葉が実は偏見に満ちていることに人は気づかない。「韓国は」「韓国人は」と一般化する瞬間、大きなリスクを冒している。

日本に関して韓国人の発する言葉や韓国社会の発するメッセージを、韓国の哲学を理解する努力なくしては理解し得ない。賛成や反対はできる、傷つくこともできるし喜ぶこともできる、けれど理解はできない。「気」が合ったり、「気」が許せることと、相互「理」解できることの違いがここにある。

もっと言えば、日本というテーマに限らず、どんなテーマであっても、韓国の道徳観を理解せずに韓国人の言葉や行動を理解することはできない。ましてや韓国語は到底理解できない。日本語に翻訳して、日本の定義で、日本社会の思想のしくみの枠内でわかったつもりになるだけで、その言葉や行動の核心からは遠ざかる一方だ。その矛盾はテーマが複雑に、繊細になればなるほど浮き彫りになる。

きっとそれは個人レベルだけでなく国レベルでも同じで、韓国政府が取る態度や行動、政策も、韓国という哲学を理解することなしには理解できない。


この本は、はっきり言って、非常に読みにくい。韓国や儒教に関して初めて読むのであれば、なおさら。
たびたび出てくる、日本を批判するようなコメントに気分も害される。(それを上回る韓国の痛烈な批判が最後に待っているのだけれど。)
けれども最終章は日韓関係(個人レベルでも国レベルでも)の確執の核心をつき、本当におもしろい。そして痛い。少なからず真実をついているからだと思う。
それまでの200ページは、最後の20ページを理解するためにあったようなもの。それでも読む価値があると思う。

この一冊で韓国が理解できたとは到底思わない。けれど、韓国社会と韓国人について、今まで目撃したこと、今経験していることを解釈する一つの方法を手に入れた気がする。
今までと違った(そしてたぶん、より正確な)視点を手に入れ、自分の考えや言動を顧みるきっかけにもなった。

「韓国」の部分を、「アメリカ」でも「チリ」でも「インド」でも、どの国にも置き換えて考えることができる。

外国語を学び、外国について発信する私が、心に常に留めておかなければいけないこと。


スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。