Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国語で本を読む。

昨日から一週間の春休みに入りました♡
最近は少し暖かくなったかと思えばまた氷点下に冷え込む日もあり、春はまだまだ先のようですが。

人気がなくなって静けさの漂うキャンパスではいつもより少しゆっくりと時間が流れているように感じます :)

***

春休みだし、ちょっとは勉強の息抜きをしたい!と思って
前回宣言した通り(笑)アルケミストを読んでみることにしました♡
休み明けにポルトガル語の中間試験があるし、良い勉強になるでしょう。





図書館にもポルトガル語版の本があるのですが、昨日と今日は閉まっているので、
グーグルで "O alquimista" と検索してみるといとも簡単にPDF版が見つかりました。

本で読むのに比べると読みづらいけど、まいっか。

星の王子様を読んだときのように、ノートに文章を書き写して、わからない単語と文法を調べて…と勉強する気満々で(試験があるし)、
ノートと辞書と参考書とパソコンを持ってカフェに行ったのですが、
書き写す作業が非常に面倒くさくなってしまいまして(笑)
いいや、その過程はスキップして、ひとまず目を通してみよう、と読み始めました。

当然わからない単語や構文がたくさん出てくるわけですが、
思ったより理解できるんですね。
I understood more than I had given myself credit for.
自分の力を見くびっていたというか。

ベーグルを食べるため両手が塞がっていたので辞書を引くのも面倒で(笑)
わからないことは後で調べればいいや、と思い、
そのまま読み進めることにしました。

辞書を引くのはどうしても知りたい単語だけにとどめて、
参考書で文法や構文を調べる前に文脈から意味を推測することにして、
当初の「勉強する」という目的は早々と捨て、今の自分が文脈だけを頼りにどれだけ読めるか試す機会と決めました。

で、わからないなりに最後まで読み切ったのです。
途中で何度も休憩をはさみ、所要時間は約10時間。

読み進めてみると、最初はイマイチ意味がつかめなかった単語や文の構造も、繰り返し違う文脈での使われ方を目にすることで、最後にはそのほとんどが理解できるようになっていました。

何より「本を一冊読んだ」という達成感と自信!
(PDFだと感慨に欠けますが。)

***

外国語で本を読む、という考え自体 intimidating と感じる(壁が高くて挑戦するのにも気が引ける)人が多いようです。

でも自分のレベルに合うか、それよりほんの少し上の本で成功体験を重ねていくと、外国語で読むというのがちっとも怖くなくなるのではないかなと思います。

最初に読む本としてお勧めなのは、
・絵本、児童文学
・読み切りの短編小説
・自分の専門分野の入門書
・すでに日本語訳を読んでストーリーを知っている小説
・自分が好きな日本語の小説の翻訳
などなど。

短めで、わりと簡単な文で書かれていて、自分の興味がある内容の本がいいと思います。

英語だったら、英語学習者向けでレベル別の "Penguin Readers" などのシリーズもお勧めです。

外国語の本を探すなら、こんなサイトもあります ↓
英語教材・英語の本を扱うサイト:http://www.eltbooks.com/home.php
イタリア、スペイン、ポルトガル語の本の専門店:http://italiashobo.com/hq/index.php

みなさんもぜひお試しあれ☆
次は何を読もうかな…

スポンサーサイト

続々・単語を覚える

「小さく区切って、単語の成り立ちを知る」ということについて、英単語を例にとってみます。

単語をどこで区切ってもいいかと言うとそういうわけではなくて、辞書を見ると親切に「・」で区切りが示されているのがわかると思いますが、その「意味の切れ目」で区切るということです。

たいがい、一つ一つのパーツの意味であったり、語源が載っています。
その意味のパーツごとに覚えると、単純に【英単語】=【日本語の訳語】として単語カードをめくりながら覚えるよりも、記憶に残りやすい上に、次に同じ語源やパーツを持つ単語に出会ったときに活かすことができます。
単語のネットワークを広げていく基盤ができるのです。

例えば…。何でもいいですが、"anthropology (人類学)" という単語は
【"anthropos (人間)" + "-logy (学問)"】という構造。
他に "anthropos" を語源に持つ単語は、「擬人化する」という意味の "anthropomorphize" があります。
これは【"anthropos" + "morphe (形態)" + "-ize (…化する)"】という構造。
"-logy (学問)" を含む単語は山ほどあります。【"psycho (心理)" + "-logy"】で "psychology (心理学)" とか。

一つの英単語は、一つの漢字だと思うとわかりやすいのではないでしょうか。
英単語の勉強は、昔、小学生や中学生の時にやった漢字の勉強とよく似ているなと思います。

漢字はパーツ(偏、つくり、冠、etc...)が組み合わさってできていて、その知識が少なからずあるからこそ何千もの漢字が覚えられたわけですよね。
英単語も異なった意味のパーツ(接頭語、接尾語、etc.)が組み合わさってできているので、その意味と法則性を知ると単語が「ひっかかり」やすくなるんです。
自分が持っている知識と結びつくからですよね。

覚えやすくなるのはもちろん、知らない単語の意味を推測することもできるようになってきます。

***

要するに、ひとつの単語とじっくり向き合うということです。
何か難しいことのように見えるかもしれませんが、辞書を引けば全て載っています。
語源に関する知識はひとつひとつの単語とそうやって向き合ううちに徐々に蓄積されるものだと思います。
それが結果的に、頭の中の単語のネットワークを広げることになる、んです。

でも、今まで見た市販の"出題頻度順英単語"という類いの単語帳にそういう情報(単語の成り立ち)が載っているのは見たことがありません。

辞書を引くその手間をかけるか、かけないか。
そこにある情報とどれだけ interact するか。
その小さな積み重ねが、後々大きな違いを生むはず!です。

単語を覚える 続き。

友達がこんな記事を見つけてきました ↓
The 10 Best Campuses to Be On This Autumn

私の通う大学が堂々一位にランクイン☆
記事にもある通り、このキャンパスには二つの小さな湖があるのですが、鏡のような水面が映し出す紅葉と青い空のコントラストは見るたび息をのむほどキレイです。

lowerlake1.jpg
↑ 夕暮れの湖。ちょっとわかりづらいですが遠くに寮と橋が見えます。


さて、以前書いた通り、最近は単語の勉強に力を入れるようにしています。
一つは韓国語。外国語の授業らしく毎回単語クイズがあるのでこれが一つの理由。
もうひとつは英語。大学に入ってから英語「を」勉強するということを二の次にしていましたが、圧倒的に語彙が足りていないのです。今のうちに何かしなきゃという危機感というのが二つ目。

レベルもタイプも全く違う言語を同時に勉強しているので、アプローチ方法は違っても、単語一つの意味やスペルを覚える(読んだり聞いたりしたとき意味を認識できるようにする)という点では、記憶に残りやすくするポイントは同じです。

「自分がすでに知っていることと結びつける」、それから「小さく区切って覚える」ということ。
別々の二つのことではなくて、同じことを言い換えているだけです。

自分が知っていることと結びつけるということは、
・すでに知っている似たような単語と関連づけて覚える
・接頭辞や接頭語の知識を活用する
・同じ意味の日本語(や他の言語)と比べてみる
など、自分がすでに知識として持っているものと、新しく覚えようとしている単語に、どんな関連性があるのかを考えるということ。

自分にとって意味のない音の羅列を覚えるのはとても困難。

だから例えば韓国語を勉強するとき、私は必ず語源となっている漢字を調べます。
エコノミークラスという意味の「イルバンソク」という言葉が、「一般席」という漢字から来ているとわかれば、その意味がずっと覚えやすくなる、というふうに。
(日本語と同じように「もともと韓国の言葉」と「中国から輸入した言葉」があるので必ずしも漢字がもとになっているわけではないですが。)

「小さく区切る」というのは、単純に、短い音の方が覚えやすいということもありますが、単語の成り立ちを知るということの方に意味があります。

続きはまた明日…。

単語を覚える。

更新がすっかり遅くなってしまいました。気づいたら月が変わって一週間。
本当は先月 "Mountain Day" という休日があるはずで、その時にブログを書こうと思っていたのに…。

"Mountain Day" とは、皆で近くの山へハイキングに行き頂上でアイスクリームを食べるという私の大学の伝統行事です。
その日は夕方4時までの授業やイベントが全てキャンセルになるのですが、問題は当日になるまで誰もそれがいつかわからないということ。
日にちを決めるのは学長で、朝7時に100回鐘が鳴ればそれがMountain Dayの合図。
だいたい毎年9月の終わり〜10月の頭にあるので、その頃はみんなそわそわしだして、
「Moutain Dayいつだと思う?!」「明日は晴れるみたいだからきっとそうだよ!」みたいな会話があちらこちらで交わされます。

で、今年は肝心のその日がまだやってこないのです。
ということでこの二週間、「明日かな?」→「違った…」と希望と失望を繰り返し皆ふりまわされてます。
Mountain Day が未だやって来ないまま、大学は昨日から4日間の中間休みに入りました。
学長は「初雪が降った日をSnow Mountain Dayとしようかしら」とつぶやいていたとか。
それじゃハイキングできないじゃない…(泣)

***

最近、単語を覚えるにはどうしたらいいか、ということをよく考えます。
単語の意味を覚えることは、外国語学習の基本中の基本ですよね。
ですが、実は私はボキャビル(ボキャブラリー・ビルディング、語彙を増やすこと)が大の苦手です。
例えば英検などの試験でも、リスニングや読解はよくできるけれど語彙の問題は全くダメ。
なので、語彙の問題はいつも一番後回しにして全て勘で解いてきました(笑)。それでも半分くらいは点が取れたのだけど、自慢になりませんね。

語彙力UPには、いわゆる単語帳や語彙問題集などを通じて頻度別にボキャビルする方法と、文章問題やニュース記事などを読んで知らない単語をチェックしながら覚えていく方法があります。

私は今まで90%後者の方法に頼ってきました。
それも、単語帳を作るのでもなく(試験の直前など短期的にはノートを作りましたが)、ただひたすら読む+どうしても必要な単語だけ辞書を引く、という方法で。
よく使われる単語はどの文章にもでてくるので、その都度辞書で何十回も同じ単語を引いているうちに使い方と意味を覚えました。

これはストーリーの文脈があるので記憶に残りやすいという利点がありおススメですが、効率という点ではイマイチ…。
たっぷり時間があって趣味で勉強していた時はそれで良かったけれど、試験合格や仕事に使うことを目的とするのならもう少し効率的に勉強しなければ、と今さらながら思うのです。
ボキャビルと本気で向き合うべき時が来たというか…。

単語を覚えるコツと効率的なボキャビル方法について、これからいろいろ試しつつここで報告していきたいと思います。
皆さんも画期的な方法があればぜひコメントをお願いします^^

再びアメリカへ。

Hello!

今、ボストン近くの Dedham という町でこれを書いています。
昨日(8月31日)東京からワシントン経由でボストンへやって来ました。

東京からワシントンまでのフライトは12時間半。
時差が13時間あるので、31日の朝に成田を発ち、同日のほぼ同じ時間にワシントンに到着しました。
そして同じ日の夕方の便でボストンへ。

飛行機の中で見られる映画の数がだんだん増えていますね。
日本ではまだ公開されていない映画もあったりします。
今回見た中で一番おもしろかったのは "What to Expect When You're Expecting" というラブコメディ。
"to expect" は「期待する」とか「予想する」という意味が一般的ですが、現在進行形 "be expecting" にすると「妊娠している」という意味にもなります。
なのでタイトルの意味は「妊娠中に予期すべきこと」。
久々に見たハリウッドコメディ。ああアメリカ。全然好きじゃないけど懐かしいこの感じ。
日本での公開は未定のようですが、公開されたらぜひ観に行ってください♪

***

最近、知り合いにウェブサイトの翻訳を頼まれたのですが、ふと、これまで自分がやってきたことの成果が現れてきたんだなと思いました。
そういう風に翻訳を頼まれたり、英語のスキルを買われて仕事をいただくことは初めてではありませんが、
何故か今回しみじみとそう感じたのです。

当たり前のことだけれど、今自分がいる場所というか、持っているもの(人間関係や仕事やスキル)は、
これまでやってきたことの結果辿り着いた場所であり、手に入れたものなんだなと。

思いつきで始めたことだろうと何だろうと、
最初のきっかけは何であれ、これまで積み上げてきたものや起こした行動の結果が今で、
今、少しずつだけれど、すでに、自分が過去に蒔いた種を収穫し始めているところなのだと気づきました。

特に外国語というツールは、使えるのと使えないのとでは、その差が自分の目にも他人の目にも明らかです。
だから、それがどんな風に自分の人生に影響を及ぼし、変えているか、感じやすいものだと思います。
それは仕事にも影響するかもしれないけれど、
その前に、行動範囲や交友関係が変わっているはずなのです。
その言葉を知る前と後では。

私が英語を勉強し始めた理由も、スペイン語や韓国語を始めた理由も、単純でくだらないものです。
なので、たまにネタにする以外はめったに人に話しません(笑)。
もっともらしい理由を後から考え出しましたが、結局のところ、知らないことを知って世界が広がっていく感覚が楽しいから続けているというだけのことなのです。
それが、次の瞬間気づいたら自分はアメリカにいたのだからビックリです。

明日大学へ戻ります。授業は水曜日から。がんばるぞー><

 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。