Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球二周目

突然ですが、明日から地球一周の旅に出てきます☆

名目は、英語・スペイン語・日本語間の通訳ボランティア。

行き先(国)はこんな感じ:

・ブルネイ
・シンガポール
・スリランカ
・ヨルダン
(スエズ運河)
・エジプト
・ギリシャ
・イタリア
・クロアチア
・モンテネグロ
・スペイン
・ジブラルタル
・モロッコ
・ベネズエラ
・パナマ
(パナマ運河)
・ペルー
・チリ
・タヒチ
・ハワイイ

インターネットにつながらない状態が続くのでどれだけできるかわかりませんが…
できるだけ旅のようすや通訳の裏話、そもそもなんで地球一周してるの?という話を書いていけたらなと思っています。
書きためて、つながったときにまとめてアップしたらいいかな。

では行ってきまーす♪

3月12日 横浜にて
スポンサーサイト

「英語ができます」?

いつになったら、「英語ができる」と言っていいんだろう。

Do you speak English?という質問に Yes と答えられる。

Which language do you speak?という質問に対して I speak English と言える。

英語が、自分にとって外国語であることに変わりはなくても。

英検2級に合格したら?
TOEIC700点を取ったら?
英語で商談を成立させたら?

そして、いつになったら、英語が「外国語」であることをやめて、one of the languages I speakになるんだろう。

英語を使って暮らしたら?
何年住んだら?
英語を話す人と恋愛をしたら?

「英語ができない」と「英語ができる」の境目。
誰かがタイミングを教えてくれるのではなくて、
自分で決めるしかないんだと思います。

***

そんなことを考えていたのは、一ヶ月前に帰国してから、
英語ではなくスペイン語について聞かれるたびに、
私はいつになったら「スペイン語が話せます」と躊躇なく言えるようになるんだろう、と思ったから。

いつになったら言っていいんだろう、いつになったら私はGOサインを出すんだろう?

今、私が、自分のスペイン語を否定するのが、昔、自分の話す英語を否定していたときとよく似ていると気づいたから。

***

私が自分の英語をありのまま受け入れられるようになって、英語ができるという自信がついたのは、

TOEIC900点を取ったときでも、
英検1級に受かったときでも、
TOEFL100点を取ったときでも、
英語を教えるようになったときでも、
アメリカの大学に行ったときでもなくて。

そのずっと後。
移民の街トロントで3ヶ月暮らしたことがきっかけでした。

それまでになくいろんな種類の英語を聞いて、
もちろんアクセントもみんな違って、
文法も(教科書基準からすれば)めちゃくちゃで、
でもすごく堂々と話している。

言葉につまっても、良い間違えても、誤解したりされても、
「私が英語ができないばっかりに」なんて言う人も、申し訳なさそうな態度を取る人も、一人としていなかった。

これは、何と訳したらいいのかわからないのですが、they own their English.
英語を自分のものにしてしまっているんです。レベルとか関係なく。

正しく話せることは必ずしもうまく意思疎通ができるわけでもないことを学び、
共通のコミュニケーション手段としての英語の役割を、たぶん初めて実感したのがこのときでした。

***

自分の英語を受け入れられるようになったということは、例えば、

相手が言っていることがわからなかったときに、「私に理解力がないから」とか「語彙が足りないから」と自分を責めることなしに、「今なんて言ったの?」と聞き返せること。

もうあなたの言っていることが全く意味不明だから、私がわかるようにちゃんともう一回説明してちょうだいと言えること。それに対して申し訳ないと思わないこと。

相手が私の言っていることを理解してくれなかったときに、「私の発音おかしいのかな」とか「この言い方まちがってるのかな」とか心配することなしに、もう一度自分の言ったことを繰り返せること。少しだけ大きな声で、丁寧に、ゆっくりと。

うまく説明できないから、このことは言わないでおこう、とコメントを避けるのではなくて、きれいにまとまっていない考えを口に出す勇気を持てること。

***

そうそう、大学一年目に、教授とこんな会話をしました。

私:「授業で他の学生が言っていることが全く理解できないんです!どうしたらいいでしょう?」
教授:「うん、僕も時々わからなくなるよ。意見がまとまっていないし、話すのが下手だからね」

クラスのディスカッションについていけないとき、私はそれは自分の英語のレベルが低いからだと考えていました。
まさか、そもそも彼女たち(ネイティブスピーカー)の話し方に原因があるかもだなんて考えもしなかった!

なーんだ、教授に理解できないことが私に理解できるわけないじゃん(笑)
そんな単純な気づきで、私の心はずいぶん軽くなり、
そのためか以前より心の余裕を持って彼女たちの話に耳を傾けられるようになりました(笑)。
そして、「今あの子、自分でも何言ってるかわかってないな」とか冷静に判断できるようになりました…。

***

英語を、「外国語」として、つまり「他の誰かのもので自分のものではない言語」としてとらえているうちは、
どうしても無意識に、その言語を母語として話す人の言葉は正しくて自分のは正しくないと思い込んでしまうようです。

だからコミュニケーションがうまくいかないと、自分に原因があると思ったり、申し訳なく思ったりする。

でも、英語のネイティブスピーカーが必ずしも英語を上手に話せるかというと、全くそうではないし(私たちが日本語と悪戦苦闘するのと同じように)。

コミュニケーションは双方向であるべき。

歩み寄ってこそ成立すると思うのです。

***

「英語ができるようになりたい」と言う人の95%はもうすでに基盤ができているのだから、
英語ができる前提で、その英語を何に使いたいか、誰に何を伝えたいのか、
そういう目標の立て方をした方が伸びていくんじゃないのかなあ…。目指す方向に。

2014年も1ヶ月が過ぎますが、今年一年、あなたは英語を使って何をしたいですか?


スペイン語という専攻

久々の投稿になってしまいました。日本は新学期の始まりですね!
ニューイングランドは3月末になってようやく春の兆し…と思ったら4月に入ってまた雪が降りました。
エイプリルフール?
早く春になってほしいです。

***

突然ですが、私はスペイン語の専攻です。
でもスペイン語の専攻って何をするの?と疑問に思っている方も多いようです。
スペイン語の文学?言語学?
家族にもよく、「ところで何の勉強をしてるんだっけ?」と聞かれます。

なので今日は少しだけ、スペイン語のプログラムについて。

私の大学では、スペイン語は "Department of Spanish, Latina/o and Latin American Studies" という学部に属しています。

スペイン語、ラティーナ(アメリカにいるヒスパニック移民とその子孫)、ラテンアメリカ研究が一緒の学部なので、スペイン語の勉強もラテンアメリカに比重がおかれていることがわかると思います。

スペイン語は、一言で言えば、文学などのテキストを通じてスペイン語圏(スペイン、南米)の社会・文化・思想を研究する学問、というところでしょうか。
授業は全てスペイン語でおこなわれ、英語で書かれた理論を読むとき以外は、読むのも書くのも全部スペイン語です。

もちろんレトリックの分析が大きな割合を占めるのですが、ここで言う「文化」はとても広い意味の文化で、「読む」「テキスト」は、文学作品だけではなくて、写真や絵などのイメージ、映画やミュージックビデオなどの映像、もっと言えば特定の行動や儀式なども研究対象になります。

特に私はラテンアメリカ専門なので(自分的に)、15〜19世紀のスペインによる植民支配と独立の歴史や、20〜21世紀の南北アメリカの関係を中心に、支配と抑圧のメカニズムとそれに対抗する抵抗の文化とでも言いますか、そういうことについて勉強しています。

例えば先学期取っておもしろかったのは、
「ラテンアメリカの開発(途上)についての再考」というクラス。
経済学の観点から考える「開発・成長」とは全く違う、人文社会学の観点から考える「開発」「開発途上」「成長」の意義。
"desarrollo"(開発、発達、発展、成長)という概念が、20世紀のラテンアメリカの思想家や政治家によってどのように理解され、論議されたか。
ラテンアメリカの文学やアート、映画に "desarrollo" がどのように描かれているか。
そんなことを話し合いました。
ファイナルプロジェクトでは、ラテンアメリカにおける日本のODA(政府開発援助)の役割と、「援助」や「人道支援」がどのように北と南の依存関係を作り出しているか、というようなことについて書きました。

それからこんなクラスもありました。「スペイン帝国の女性」。
このクラスでは16〜17世紀のスペインで、「女性」という性が、法的・宗教的・科学的・哲学的にどのように定義されて、理想的な女性像と「悪女」のモデルがどのように形作られていったか、という話に始まり、
どんな社会制度がどのように女性を支配し、その抑圧に抵抗して決められた型を逸脱した女性―法律や道徳律に背いた女性―の自伝やエッセイなどを読みながら、女性の生き様を読み解いていく授業でした。
修道院を飛び出し、男装して軍隊に入りラテンアメリカまで行き、少尉として先住民と闘ったのち生涯男性として生きることを選んだ Catalina (Antonio) de Erauso。
学問と文芸活動を続けるため結婚を拒否し修道院に入り、弾圧を受けながらも書くことをやめず、女性の書く権利、知識を追求する権利を主張した Sor Juana Inés de la Cruz。
などなど。

今学期取っている「文字と武器:南北アメリカの帝国主義思想と抑圧への抵抗」という授業では、15〜21世紀のスペイン・南アメリカ・北アメリカの関係を、コロンバスの日記からヒップホップ音楽にいたるまで様々な「テキスト」を読みながら勉強しています。
私がファイナルプロジェクトに選んだのは1492年出版のヨーロッパで初めて書かれたラテン語以外の言語(スペイン語)の文法書で、スペイン語を世界に広めるために書かれたその本に帝国主義の思想がどのように反映されているかということについて。あー頭が痛い。

***

言葉には力があります。
日常の解釈や意味を生み出し、思想を作り、現実を作るもので、
歴史は物語の集まりで(スペイン語では「歴史」も「物語」も同じ "historia" という単語です)、
事実が何か、ということよりも、
何が事実としてどのように話されて(書かれて)いるか、
何が話されない(書かれない)のか、
誰が話す(書く)権利を持っているのか、
どうやって話す(書く)権利を取り戻すか、

そんなことを毎日考えながら生きています(笑)

いったいそんな勉強が何の役に立つの?という声が聞こえてきそうですが、
それは哲学の領域なのでここでは省略。

***

専攻の勉強ばかりしているのではなくて、私の大学では、"distribution requirements" と "outside the major requirement" というのがあって、
必ず人文科学、自然科学、社会科学の授業を取ることと、専攻の学部以外で68単位以上履修することになっています。

教養大学なので^^


おまけ☆
そろそろ本棚が必要の図。

book1

book2

外国語で本を読む。

昨日から一週間の春休みに入りました♡
最近は少し暖かくなったかと思えばまた氷点下に冷え込む日もあり、春はまだまだ先のようですが。

人気がなくなって静けさの漂うキャンパスではいつもより少しゆっくりと時間が流れているように感じます :)

***

春休みだし、ちょっとは勉強の息抜きをしたい!と思って
前回宣言した通り(笑)アルケミストを読んでみることにしました♡
休み明けにポルトガル語の中間試験があるし、良い勉強になるでしょう。





図書館にもポルトガル語版の本があるのですが、昨日と今日は閉まっているので、
グーグルで "O alquimista" と検索してみるといとも簡単にPDF版が見つかりました。

本で読むのに比べると読みづらいけど、まいっか。

星の王子様を読んだときのように、ノートに文章を書き写して、わからない単語と文法を調べて…と勉強する気満々で(試験があるし)、
ノートと辞書と参考書とパソコンを持ってカフェに行ったのですが、
書き写す作業が非常に面倒くさくなってしまいまして(笑)
いいや、その過程はスキップして、ひとまず目を通してみよう、と読み始めました。

当然わからない単語や構文がたくさん出てくるわけですが、
思ったより理解できるんですね。
I understood more than I had given myself credit for.
自分の力を見くびっていたというか。

ベーグルを食べるため両手が塞がっていたので辞書を引くのも面倒で(笑)
わからないことは後で調べればいいや、と思い、
そのまま読み進めることにしました。

辞書を引くのはどうしても知りたい単語だけにとどめて、
参考書で文法や構文を調べる前に文脈から意味を推測することにして、
当初の「勉強する」という目的は早々と捨て、今の自分が文脈だけを頼りにどれだけ読めるか試す機会と決めました。

で、わからないなりに最後まで読み切ったのです。
途中で何度も休憩をはさみ、所要時間は約10時間。

読み進めてみると、最初はイマイチ意味がつかめなかった単語や文の構造も、繰り返し違う文脈での使われ方を目にすることで、最後にはそのほとんどが理解できるようになっていました。

何より「本を一冊読んだ」という達成感と自信!
(PDFだと感慨に欠けますが。)

***

外国語で本を読む、という考え自体 intimidating と感じる(壁が高くて挑戦するのにも気が引ける)人が多いようです。

でも自分のレベルに合うか、それよりほんの少し上の本で成功体験を重ねていくと、外国語で読むというのがちっとも怖くなくなるのではないかなと思います。

最初に読む本としてお勧めなのは、
・絵本、児童文学
・読み切りの短編小説
・自分の専門分野の入門書
・すでに日本語訳を読んでストーリーを知っている小説
・自分が好きな日本語の小説の翻訳
などなど。

短めで、わりと簡単な文で書かれていて、自分の興味がある内容の本がいいと思います。

英語だったら、英語学習者向けでレベル別の "Penguin Readers" などのシリーズもお勧めです。

外国語の本を探すなら、こんなサイトもあります ↓
英語教材・英語の本を扱うサイト:http://www.eltbooks.com/home.php
イタリア、スペイン、ポルトガル語の本の専門店:http://italiashobo.com/hq/index.php

みなさんもぜひお試しあれ☆
次は何を読もうかな…

愛の言葉

ロマンス語。

その名前を初めて聞いたとき、

ロマンスの言葉?ロマンチックな言語ってこと?恋人たちが話す言葉?

と恥ずかしげもなく思いました。

調べてみるとロマンス語と愛のロマンスとは何の関係もなく、
ラテン語の口語(俗ラテン語)に起源をもつ言語のことだとわかりました。
フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語などがその代表です。

愛とは何の関係がなくても(笑)ロマンス語は本当に美しいと思います。
音も好き。見た目も好き。
大学に来た当初、私はロマンス語を専攻にするつもりでした。

…ということで(どういうわけか)、

今学期ポルトガルの授業を取り始めました♡

***

"What?? Because you want to learn all the existing languages in the world?"

と、友達には笑われましたが。

ただ私は、
「ポルトガル語やろうかな」と思い立ったが最後、
「じゃあ今からやろう」と。

探してみると、待っていましたとばかりに私にぴったりのクラスが見つかったのです。

【Elementary Portuguese for Spanish Speakers】

素敵すぎる。
ポルトガル語をやるなら、スペイン語と比べながら勉強した方が、断然早いはず。

「授業を取らせて下さい」と教授にメールを送り、
人気の授業だから入れる保証はないよと言われましたが、
授業では一番前の席に座り、熱意を伝え続け(笑)無事にスポットを確保しました。

***

この授業の好きなところは、全部ポルトガル語でおこなわれるということ。
いわゆる "イマージョン"(その言語に浸かる)というアプローチです。

部分的にそれを取り入れる教授はたくさんいますが、初級レベルでそれを徹底するのは簡単ではありません。

私は外国語を長く勉強していますが、今になって初めて、
「全く勉強したことのない言語を、他の言語を介さずにその言語で学ぶ」という体験をしています。

これ、けっこうショッキングなできごとでした。

私はポルトガル語を聞いたこともそれまでほとんどなかったし、
ましてや長時間耳を傾けたこともない。

でも最初の授業の日、教授が1時間ポルトガル語でしゃべり通したとき、

…すごい。
別の言語で、全く違うのに、言ってることがわかる。

これはいったいどういうことなの?!

もとをたどれば同じ言語。
誰かが「ロマンス言語は方言程度の違いしかない」と言っていましたが、
案外、真実をついてるのかも。

私たちと同じ道を辿った(スペイン語を勉強してからポルトガル語を勉強した)ことのあるその教授は、「理解するのは割と簡単だろうけど、話したり書いたりできるようになるのは努力が必要だから、がんばって」と。

努力しますとも♡

ポルトガル語は、こんなにスペイン語に似ていますが、
発音はどちらかと言えばフランス語に近く、
文法はどちらかと言えばイタリア語に近い。

そう、ポルトガル語を初めて注意深く聴いたとき、
スペイン語にフランス語をふりかけてやわらかくした感じだと思いました。
スペイン語の角がとれて丸くなった感じ?

というのはブラジルで話されるポルトガル語の方で、
ポルトガルで話されるポルトガル語はまた少し発音や文法が違うことも知りました。

何はともかく、「ポルトガル語を学ぶことは、スペイン語を学ぶことでもある」のだと教授が言っていました。

二つの言語の違いを知ることで、スペイン語のこともより深くできる。

だから、スペイン語を専攻する者としては、その過程でポルトガル語を学ぶのは理にかなっているという結論に至りました。
これで正当な理由ができた。笑

***

新しい言語を学ぶのって、新しい世界がぱーっと開けていく感じがして、好きです。
たぶんその感覚がけっこうクセになっていて、やめられないのかも。

新しい言語を学び始めるのに、別の言葉を「マスター」している必要なんかない。
そんなの一生かかってもできないのだから、待たずに始めた方が良い。
というのが私の哲学で、
今学期はスペイン語と韓国語とポルトガル語の勉強に精進します。


 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。