Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「英語ができます」?

いつになったら、「英語ができる」と言っていいんだろう。

Do you speak English?という質問に Yes と答えられる。

Which language do you speak?という質問に対して I speak English と言える。

英語が、自分にとって外国語であることに変わりはなくても。

英検2級に合格したら?
TOEIC700点を取ったら?
英語で商談を成立させたら?

そして、いつになったら、英語が「外国語」であることをやめて、one of the languages I speakになるんだろう。

英語を使って暮らしたら?
何年住んだら?
英語を話す人と恋愛をしたら?

「英語ができない」と「英語ができる」の境目。
誰かがタイミングを教えてくれるのではなくて、
自分で決めるしかないんだと思います。

***

そんなことを考えていたのは、一ヶ月前に帰国してから、
英語ではなくスペイン語について聞かれるたびに、
私はいつになったら「スペイン語が話せます」と躊躇なく言えるようになるんだろう、と思ったから。

いつになったら言っていいんだろう、いつになったら私はGOサインを出すんだろう?

今、私が、自分のスペイン語を否定するのが、昔、自分の話す英語を否定していたときとよく似ていると気づいたから。

***

私が自分の英語をありのまま受け入れられるようになって、英語ができるという自信がついたのは、

TOEIC900点を取ったときでも、
英検1級に受かったときでも、
TOEFL100点を取ったときでも、
英語を教えるようになったときでも、
アメリカの大学に行ったときでもなくて。

そのずっと後。
移民の街トロントで3ヶ月暮らしたことがきっかけでした。

それまでになくいろんな種類の英語を聞いて、
もちろんアクセントもみんな違って、
文法も(教科書基準からすれば)めちゃくちゃで、
でもすごく堂々と話している。

言葉につまっても、良い間違えても、誤解したりされても、
「私が英語ができないばっかりに」なんて言う人も、申し訳なさそうな態度を取る人も、一人としていなかった。

これは、何と訳したらいいのかわからないのですが、they own their English.
英語を自分のものにしてしまっているんです。レベルとか関係なく。

正しく話せることは必ずしもうまく意思疎通ができるわけでもないことを学び、
共通のコミュニケーション手段としての英語の役割を、たぶん初めて実感したのがこのときでした。

***

自分の英語を受け入れられるようになったということは、例えば、

相手が言っていることがわからなかったときに、「私に理解力がないから」とか「語彙が足りないから」と自分を責めることなしに、「今なんて言ったの?」と聞き返せること。

もうあなたの言っていることが全く意味不明だから、私がわかるようにちゃんともう一回説明してちょうだいと言えること。それに対して申し訳ないと思わないこと。

相手が私の言っていることを理解してくれなかったときに、「私の発音おかしいのかな」とか「この言い方まちがってるのかな」とか心配することなしに、もう一度自分の言ったことを繰り返せること。少しだけ大きな声で、丁寧に、ゆっくりと。

うまく説明できないから、このことは言わないでおこう、とコメントを避けるのではなくて、きれいにまとまっていない考えを口に出す勇気を持てること。

***

そうそう、大学一年目に、教授とこんな会話をしました。

私:「授業で他の学生が言っていることが全く理解できないんです!どうしたらいいでしょう?」
教授:「うん、僕も時々わからなくなるよ。意見がまとまっていないし、話すのが下手だからね」

クラスのディスカッションについていけないとき、私はそれは自分の英語のレベルが低いからだと考えていました。
まさか、そもそも彼女たち(ネイティブスピーカー)の話し方に原因があるかもだなんて考えもしなかった!

なーんだ、教授に理解できないことが私に理解できるわけないじゃん(笑)
そんな単純な気づきで、私の心はずいぶん軽くなり、
そのためか以前より心の余裕を持って彼女たちの話に耳を傾けられるようになりました(笑)。
そして、「今あの子、自分でも何言ってるかわかってないな」とか冷静に判断できるようになりました…。

***

英語を、「外国語」として、つまり「他の誰かのもので自分のものではない言語」としてとらえているうちは、
どうしても無意識に、その言語を母語として話す人の言葉は正しくて自分のは正しくないと思い込んでしまうようです。

だからコミュニケーションがうまくいかないと、自分に原因があると思ったり、申し訳なく思ったりする。

でも、英語のネイティブスピーカーが必ずしも英語を上手に話せるかというと、全くそうではないし(私たちが日本語と悪戦苦闘するのと同じように)。

コミュニケーションは双方向であるべき。

歩み寄ってこそ成立すると思うのです。

***

「英語ができるようになりたい」と言う人の95%はもうすでに基盤ができているのだから、
英語ができる前提で、その英語を何に使いたいか、誰に何を伝えたいのか、
そういう目標の立て方をした方が伸びていくんじゃないのかなあ…。目指す方向に。

2014年も1ヶ月が過ぎますが、今年一年、あなたは英語を使って何をしたいですか?


スポンサーサイト

星の王子様

何という本だったか題名は忘れてしまいましたが、
「外国語で本を一冊読めばその言語をマスターできる」というようなことが書いてあった本がありました。

・一冊の本に、その言語を使いこなすために必要な基礎的な文法が全て含まれている
・その本を暗記すればその言語が話せるようになる

というのです。

本当かよ、と疑いつつも、この方法を部分的に実践してみたことがありました。

教科書は、サン=テグジュペリの「星の王子様」。
いつか原文(フランス語)で読んでみたいと思っていた本です。

フランス語は高校のときに2年勉強しましたが、
基礎文法を繰り返すばかりで、とても読み書きのできるレベルには到達しませんでした。
当時の私のフランス語のレベルは英検でいう3級に届くか届かないかという程度で、本を一冊読み通すには、文法知識も語彙もまだまだ。

それでもやってみました。

用意したものは、
原作と、仏和辞書と、高校のときのフランス語の教科書と、大学ノート一冊、
そして朗読CD。
巷には「フランス語で読もう星の王子様♪」的な本が最低でも5種類くらい売っていましたが、それには手を付けず。
日本語訳や解説に頼らずに、どうしても自分の力で読みたかったのです。

本にいろいろ書き込みたくなかったしそのスペースもなかったので、
中学校の英語の授業でやったように、
まず大学ノートに一行おきに原文を写しました。

そして、わからない単語に下線を引き、仏和辞典を引きつつ余白に単語や文法のメモをとりながら、1章ずつ進んでいきました。
読み終えた章は朗読CDを聞いて、今度は聞き取りに挑戦です。

まだ習ったことのなかった文法も、辞書と教科書をひっくり返しながら何とか学び、
どうしてもわからない複雑な文はインターネットで英訳を確認しながら、
1ヶ月か2ヶ月か忘れましたが、時間をかけてとにかく最後まで読み終えました。

***

さて、そうして私はフランス語をマスターできたかというと、
全然そんなことはありませんね(笑)。

でも、確かに、すでに知っていた文法は定着したし、新しく学んだ文法も、生きた例文を読むことである程度慣れたかなと思います。

それに、何度もCDを聞くうちに、覚えてしまった文も多少はあって、
そういう文に限っては今でも口をついて出てきます。

冒頭の、
「六歳のとき、原生林について書かれた『本当の話』という本で、一枚のすばらしい絵を見たことがあった。描かれているのは一頭の獣をのみこむ大蛇ボア。」とか、
「外から見たボアとおなかの中が見えるボア」とか、
「人の住んでいる土地から千マイルもはなれた砂漠」とか、
「おねがいします…羊の絵を描いてよ!」とか。
「さ、これがケースだよ、君がほしがっている羊はこの中にいるよ」とか。
「君はどこの星から来たの?」とか。
「ちょうちょ」とか、「キノコ」とか、「花のトゲ」とか。
何とも実用的でしょ(笑)。

そんなこんなで、フランス語は大学でも勉強したのに相変わらず全然話せませんが、
星の王子様だけは、読める。
大好きな本を原文で読むという当初の目的は達成できたので良いかなと(笑)。
今でも私の大切な旅のお伴です^^

***

次はアルケミストに挑戦しようかな、と密かに計画中です。
もちろんポルトガル語で!!

みなさんも好きな本があれば、ぜひ原作に挑戦してみてください〜☆




International Women's Day x A Celebration of Speech

今日、3月8日は International Women's Day ですね。

1904年3月8日にアメリカのニューヨークで女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こしたことを受けて、3月8日は「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日として、そして女性の功績を讃える日として、今では世界各地で祝福され毎年様々なイベントが催されます。

公休日ではありませんが、アメリカでもこの時期になると International Women's Day にちなんだイベントがあちこちで開催されています。
(IWDホームページによると今年のイベント数は全米で249。イギリスに次いで2番目の多さです。)

その一つがここ Northampton でおこなわれた "Celebration of Speech"

午後1時から7時まで、途中に音楽をはさみながら、27名の個性あふれるSpeakerたちが様々な演説をおこないました。
前半は "Re-enactments of Historic Speeches"—歴史的に有名な女性によるスピーチの再現。
後半は "Contemporary speeches"—地元の女の子や女性(活動家)によるオリジナル・スピーチの発表。

私は前半の部で、ミャンマーの民主化運動の指導者、アウン・サン・スー・チーさんの "Freedom from Fear" というスピーチを担当しました。

"It is not power that corrupts but fear (人を腐敗させるものは、力ではなく、恐れである)." という一文で始まるこのエッセイは、彼女がまだ自宅軟禁中だった1990年、「思想の自由のためのサハロフ賞」の受賞演説として書かれたもの。

このスピーチ、やたらと難しい言葉が多くて…意味と発音を正確に掴むのに一苦労。
でも、今日に向けて何度も何度も読みこむうちに、
内容も言い回しもほとんど覚えてしまいました。
一つの作品とじっくりと向き合うと、良い英語の勉強になります。

***

思い返せば高校のときも似たようなアクティビティをしたことがありました。
好きな映画のワンシーンを選んで、セリフを覚えて、その俳優/女優になりきってしゃべってみようというもの。
感情をこめて英語を読む練習、というのが目的だったんだと思います。

そのとき私が選んだシーンは "Kate & Leopold (ニューヨークの恋人)" のラスト、パーティーでの演説シーン。

会社のプロジェクトの新マネジャーとして就任演説をしていたはずが、"I'm sorry, but I have to go." と言って好きな人に会いに走り去っていくKateの姿が印象的。

なぜかそのDVDは英語字幕がなく、何度も巻き戻しては聞こえてくる英語と日本語字幕を頼りにスクリプトを起こしたのを覚えています。

確か、"take a poll (世論調査をする)" という表現はそのときに覚えました。
"I'm sorry, but I have to go." というセリフも。

***

映画のセリフであれ、歴史的なスピーチであれ、朗読・暗唱には大きな効果があります。
発音やイントネーションの練習になることはもちろん、新しい語彙を覚え、感情をこめて話す練習にもなります。
英語を話す自分に慣れる、というのも重要なポイント。
自分が話している英語の音に慣れる。
これって実は、スピーキングを上達させるために欠かせないことなんです。

ということで、お気に入りのセリフやスピーチがあればぜひ声に出して朗読みてください♪

英語の名スピーチを紹介したこんな本もありますよ!

近江 誠著「感動する英語!」


TOEFLの話。〜ノートの取り方〜

iBTの特徴の一つは、リスニングを含む問題ではノートを取ることが許されていることです。
ノートは採点の対象にはなりませんが、一つ一つのリスニングが3〜4分と長めなので、情報を整理しつつ後で見やすいノートを取るスキルが鍵となります。

わかりやすいノートは、リスニングセクションだけでなくて、
どちらかというとスピーキングとライティングのセクションで特に必要になります。
なぜなら、レクチャーを聞いて、それを口頭で要約したり、関連した記事を読んでレクチャーと比較して小論文を書いたりしなければいけないからです。
選択問題は記憶でどうにかなったとしても、要約や小論となるとそうはいきません。

本番の試験で使うのは線も何も入っていないA4の白い紙(何枚でも使ってOK)なので、練習のときも同じものを使うことをおすすめします。

iBTの勉強を始めたばかりの頃は、特にノートの取り方を意識することもなく、
授業で大学ノートにメモを取るようにキーワードやフレーズを書いていきました。
聞こえてくるままに、ただ紙の上から下に向かって。

けれど、それではいざ問題を解こうとしても必要な情報がどこにあるのかすぐに見つけられないと気づきました。
ノートを取っているときは何となく話が頭に入ったように感じても、細かいことを思い出そうとして後から見返したときに、そのノートはたいして役に立たなかったのです。
だいたい、解答時間は限られているので、じっくりとノートを見返す時間なんてありません。
一瞬で欲しい情報が探せるように整理されていないと意味がないのです。

そう、気づいてから、ノートの取り方をいろいろ変えて試してみました。

ある人から勧められて、最初試したのは「マインドマップ」。
紙を横長に使って、中央にキーワードをおいて、そこから関連する情報を放射状に書いていくやつです。

こういうの ↓
MindMapGuidlines.jpg

この方法の良いところは、ひとつひとつの情報の関連性を考えさせられることだと思います。
「考えながら聴く」エクササイズにはなるのですが…。
きれいなマップを書くことの方に気がとられて話に集中できず、しかもあまり見やすくない。
という結論にいたりこの方法はあきらめました。

結局落ち着いたのは、線を引いてA4の紙を縦半分に分けて、
左半分に major idea、右半分に minor idea を書き入れていくという方法でした。

左側にコンセプトの名前、右側に定義
左側に中心となるアイディア、右側にその具体例
という具合に。

ほとんど必ず、レクチャーの最初に「今日は○○について2点話します」とか「これについては3つの説明があります」とか、ポイントがいくつあるかを明確にしてくれるので、それを聞き逃さないようにします。

そして、「一つ目のポイントはXYZです。例えば…」と説明が始まったら、
紙の左側に ① XYZ と書き、右側に具体例を書き入れる。
「二つ目のポイントはABCで…」と、次のポイントに移ったら、
左側に ② ABC と書き、右側にその例や説明を書いていきます。

レクチャーではなく会話の場合は、左と右で話している人を分けて、誰が何を言ったかわかるようにしました。

こうすると後から見てもわかりやすいし、マインドマップほど複雑でもないのでノートを取りやすい。と私は思います^^

ちなみに紙は、一つのレクチャーor会話につき一枚のペースでゆったり使いました。

ということで、皆さんもぜひいろいろ試して、自分に合うノートの取り方を見つけて下さい♪

This is how (badly) we speak.

自分の声って聞いたことありますか?

もう何年も前の話ですが、録音された自分の声を初めて聞いたときのショックは今でもけっこうよく覚えています。
私ってこんな声してるの?! と。。。
今でも自分の声って一番身近で一番慣れない。むずがゆい。気持ち悪い(笑)

何だか最近は自分の声(録音)を聞く機会が多いです。
外国語を勉強していると、課題の中でビデオを作ったり、ナレーションを録音したり、インタビューしたり、そういう意味ではしょっちゅう自分の妙ちくりんなスペイン語や韓国語の発音を聞かされるのですが…

何が新鮮だったかというと、原稿を読むのではなくて普通の会話(英語)を録音したものを聞いたこと。
高校生のときは、発音の練習の一環として、文章を読み上げては録音してチェックしたりしてましたが、
自分がふつーに英語でしゃべってる声を聞いたのってほとんど初めてかも!
こうして聞いてみると、すごい、日本語のアクセント!
別に通じてればそれでもいいんですが(笑)改善の余地はまだまだまだまだあるな〜と痛感しました。

もう一つ気づいたのは、自分の「話し方」って、日本語でも英語でも何語でも変わらないものなんだな、と。
何ていうんでしょうね、トーンやイントネーションもそうだし、文の組み立て方、会話のもっていき方、など。
あまり変わらない気がします。
外国語を勉強し始めたばかりの時期って、何だかその言語を話すときは別人になったような気がするのですが、
そういう foreignness はやっぱり少しずつ取り除かれて、どんどん自分の中に integrate されていくものなのかも。

そしてここから本題。
無駄な単語がいかに多いことか。そして完結しない文がいかに多いことか!
ということが、インタビューを文字に起こしているとよくわかります。

例えばこんな文章(最近読んだ本について話している):

"Yeah, she, well, the one that I read is not exactly testimonio but it’s like a theory book, theoretical
book called Hilando Fino, and um…yeah, she says that…feminism is not, or like, that communal
feminism that she’s proposing, is not…like, women…women versus men. Like it’s not like relation between men and women, it’s about... community. And it’s about how these two, like, um, oh how did she put it? like… women… and men relating to the community. Like, the community is the
starting point and ending point. Um... and like… yeah, I just read it the other day."

言いたいこと: Recently I read a theoretical book called Hilando Fino. In that book the author
proposes "communal feminism." Communal feminism takes the community as the starting and
ending point, and men and women in relation to the community, not the relation between women
and men to each other.

私のお気に入りは "yeah" と "like" がダントツで1位で(笑)
このたかだか数十秒の間に "like" を何回連発しただろう。
あとは、"I'm like" "it's like" "I don't know" "I mean" なども数秒(数単語)ごとに口走ってる気がします。

ある教授は大学院生のとき、"like" と言う度にその人のアドバイザーに手を叩いてもらってそのクセを治したんだとか。

私も、これから気をつけよう…。

高校生のときはわざわざ「CALL教室」という外国語学習のための教室まで行ってレコーディングしてましたが、
今ではパソコンでもiPhoneでも気軽に録音ができるので便利です。
特に iPhoneのボイスメモ機能は重宝してます。インタビューの録音でも、外国語学習のためでも。

***

以下、おまけ。会話の一部を文字に起こしたものです。
...Because this is how (badly) we speak. とほほ。
でもすごいリアル!あ、ちなみに友達はネイティブスピーカーです。

[友達が先学期読んだ本について話している、けど名前が思い出せない、という状況。でもそれが "Julieta Paredes" というボリビアの女性活動家の本だとわかります。]

J (友達): ...Oh yeah, and um... I forgot, um.... I have her reading, I can give it to you later, but um... it was about this woman, she’s indigenous, being indigenous, a woman, and also identifies as
lesbian was like an interesting, like, testimonio that I heard, like… her whole, um, writing on like
sexuality, and also how... she is involved in her community and how her community perceives it.
Yeah it was interesting because she had like triple like oppression or something, so it’s like…
That’s like the lowest of the low you can get, but she’s actually really active and… yeah.

A (私): What's her name? Do you know?

J: Um... no... but i have her reading. and ... and it's like under the box of..i forget but i can give it to you, yeah. yeah i can email it to you. but yeah, she was, she was interesting she came to our class,
and...

A: Oh, did she?

J: Yeah, yeah, so..

A: Wait, she's not... she's not Julieta Paredes?

J: I think so.

A: Is it?

J: I think so.

A: Because I...

J: She's from South America, was it Chile? or...

A: Yeah, she's from Bolivia.

J: Oh, Bolivia.

A: Yeah. She's indigenous, she's lesbian and she created this...

J: Yeah, yeah...

A: This community,

J: There you go.

A: ...or organization called Mujeres Creando.

J: Yeah, yeah, yeah.

A: And it's now Mujeres Creando Comunidad, and like Asembleas... Asemblease de Mujeres de...
I forgot the name, but...yeah.

J: Yeah. Yeah! Exactly. She's awesome. and I was like... I was like... her way of thinking,
it's even... I would way even more progressive than what I’ve heard from anglo-saxon feminists.
Like, she’s like in order to make our movement stronger, I don't know, it... you can correct me if
I'm wrong, but she says that it... it's like we need to involve not just the women but also work with
the men as well…?

A: Work with men?

J: Yeah, like.. I don't, I don't know if she says that.

A: Yeah, she, well, the one that I read is not exactly testimonio but it’s like a theory book,

J: Oh yeah yeah yeah...

A: ...theoretical book called Hilando Fino, and um…yeah, she says that…feminism is not, or like,
that communal feminism that she’s proposing, is not…like, women…women versus men. like it’s
not like relation between men and women, it’s about... community. And it’s about how these two,
like, um, oh how did she put it? like… women… and men relating to the community. Like, the
community is the starting point. And ending point. Um, and like… yeah, I just read it the other day.

J: Yeah?

A: Yeah. Um... I did it for Justin's class.

J: Oh really?

A: Yeah, as my extra reading. Yeah, so... that's why, that's how i got to know her and i also saw,
um, that she also came to Hampshire?

J: Yeah yeah, she did, she had a performance.

A: Yeah, and uh... so i was like, "Oh, she... she was here"

J: Yeah, it's really awesome! She's... intense.

A: Um-hum. She's cool. She's very radical.

J: Yeah, yeah. she's really really radical. but, but in a good way because she applies feminism to her community, not like tries to fit into that.

A: Yeah, that, there was a section explaining.... like occidental, I mean, western feminism and....
feminismo comunitario? feminismo de comunidad?

J: Something like that.

A: Yeah. Something like that.

J: Yeah, but yeah.

A: Um-hum.

...そして会話は続く…

 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。