Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳の難しさ。

昔、翻訳についてこんなコラムを読みました。

皆さんご存知の「Time flies like an arrow」(光陰矢の如し)というこの文、実は5通りの訳し方があるって知ってましたか?

1)Time / flies / like an arrow
(S) (V) (M)
時は矢のように飛ぶ。スタンダードな訳ですね。

2)Time / flies / like an arrow
(V) (O) (M)
ハエを矢のように測りなさい(空を飛ぶ昆虫の速度を矢の速度を測るように測定せよ)。命令文です。

3) Time / flies / like an arrow
(V) (O) (M)
ハエを矢のように測りなさい(矢が空を飛ぶ昆虫の速度を測るように、あなたが空を飛ぶ昆虫の速度を測定せよ)。命令文。

4)Time flies / like / an arrow
(S) (V) (O)
”時蠅"という種類の昆虫は矢を好む。"Time flies" をひとまとめにしてハエの種類だと解釈すればこうなります。

5)Time / flies / like an arrow.
(S) (V) (M)
TIME(ニュース誌)は投げると直線的な軌跡を描く。


つまり、
・文をどこで区切るか
・どの文型を取るか
・単語の意味をどう解釈するか
で、5通りかそれ以上の意味を見いだすことができるというわけです。
そしてどの解釈も正しい。

でも、ふつう言葉は独立して存在するのではなく、必ず文脈がありますね。
文脈によって、その場合どの解釈があてはまるかがわかります。

機械翻訳というものがありますが、ほとんど役に立たないのは、機械は文脈を読み取ることができないから。
翻訳は人にしかできないと思います。
人間の脳ってすごい :)

スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。