Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅を終えて

船がゆっくりと東京湾の中を進み、
ベイブリッジの下を通過、
みなとみらいの観覧車が見えて来る。

横浜の天気は雨。それと雷。
そういえば出航のときも雨が降っていた。
旅のスタート地点でありゴール地点でもある風景を見て、
ああ、私たち地球一周したんだな、と。
海はつながってるんだな。

私のhomeはあくまでも札幌なので、
東京にいると「帰ってきた」という実感に乏しいのですが、
昨日、横浜に着くと同時に地球一周の旅を終えました。

20カ所の港を訪れながら、船で旅をしたこの3ヶ月半、
たくさんの街を訪れて、たくさんのものを見て、
いろいろな人に出会い、いろいろなことを学んで、感じてきたわけですが・・・
3月に「行ってきます」と書いたきり、
もやもや、ぐるぐるしている間に、
もう「ただいま」。
今も、もやもや、ぐるぐる。

書けるようになったら、書けることから、
旅のことを少しずつ書いていこうと思います。

3月25日 東京にて。

スポンサーサイト

地球二周目

突然ですが、明日から地球一周の旅に出てきます☆

名目は、英語・スペイン語・日本語間の通訳ボランティア。

行き先(国)はこんな感じ:

・ブルネイ
・シンガポール
・スリランカ
・ヨルダン
(スエズ運河)
・エジプト
・ギリシャ
・イタリア
・クロアチア
・モンテネグロ
・スペイン
・ジブラルタル
・モロッコ
・ベネズエラ
・パナマ
(パナマ運河)
・ペルー
・チリ
・タヒチ
・ハワイイ

インターネットにつながらない状態が続くのでどれだけできるかわかりませんが…
できるだけ旅のようすや通訳の裏話、そもそもなんで地球一周してるの?という話を書いていけたらなと思っています。
書きためて、つながったときにまとめてアップしたらいいかな。

では行ってきまーす♪

3月12日 横浜にて

Home sweet home.

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2年ぶりの日本でのお正月!と楽しみにしていたのに、
旅の疲れと、家に着いて、無事に年が明けてほっとしたのと、
気がゆるゆるになった瞬間にバンクーバーで姉にしこまれた風邪菌にノックアウトされました。
まだ初詣にも行っていません…(泣)

それはさておき、本題のhomeについて。
昨日の夜、偶然テレビでPico Iyer の「故郷とは何か」というタイトルのTED Talkを見ました。
旅とは何か。故郷とは何か。
とても考えさせられる内容だったので、プレゼンの一部を紹介したいと思います。

***ここから引用***

出身はどこですか?という質問はとても単純なものです。
でも今の時代、単純な質問に対する答えがどんどん複雑になっています。

私も出身地をよく聞かれます。聞いた人はインドという答えを思い浮かべています。祖先や血筋という点では、まさにその通り。私は100%インド人です。でも生まれてから1日たりともインドに住んだことはありません。22,000以上あるインドの方言のうち、単語ひとつすら話すことができません。なので自分をインド人だと言う資格はないと思っています。

出身を尋ねる質問が、「どこで生まれ、育ち、教育を受けてきたのか」という意味であれば、私の出身はイングランドという 小さくて変な国です。でも、大学を卒業してすぐにイングランドを離れましたし、子どもの頃はずっと、教科書に出てくる古典的なイギリスの英雄と見かけが全く違うのはクラスで私だけでした。

出身を尋ねる質問が、「どこで税金を払い、病院や歯医者にかかるのか」という意味ならば、私はアメリカ人ということになります。小さな子どもだった頃から、もう48年間にもなります。でも、長年にわたって、定住外国人であることを示す、顔のところに緑の線が入った変なピンク色のカードを携帯しなければなませんでした。長く住むほど、外国人なのだと強く感じていますが…(笑)

では、もし出身とは「心のもっとも奥深くにあり多くの時間を過ごしたい場所はどこか?」という意味ならば、私は日本人です。この25年間、できるだけ多くの時間を日本で過ごしてきました。でも、私はいつも観光ビザで入国していますし、多くの日本人は私のことを同朋だとは思いたがらないでしょう。

こんな話をしたのは 自分の経歴がいかに時代遅れで単純なものかということを強調したかったからです。

香港やシドニー、バンクーバーに行くと、そこで出会う子どもの多くは私よりもずっと国際的ですし、多くの文化に接しています。彼らには、両親とつながった故郷のほかに、自分の配偶者や恋人に関連する故郷、その時たまたま住んでいる場所も故郷でしょうし、住みたいと思っている場所も故郷です。他にもたくさんあるでしょう。

彼らはいろいろな場所のかけらを手に取り、それをステンドグラスのように組み立てながら人生を送ります。
彼らにとって、故郷とは進行中の作品なのです。常にアップグレードし、改善や修正を加える、プロジェクトのようなものです。

多くの人たちが、故郷は土壌(soil)ではなく、魂(soul)とつながった場所だと考えています。もし突然誰かに、「故郷はどこですか?」と聞かれたら、私はいとしい人や親しい友人、いつも頭の中にある曲のことを考えます。

***ここまで***

4年間のほとんどをアメリカとカナダで過ごし、
"Where are you from?"ほど単純そうで複雑な質問はないのだと知りました。

その質問ひとつで、その人の人生を垣間見ることができることもあるし、
傷つけてしまうこともある。。

それでも私は無神経に聞いてしまうし、
私自身、同じ質問を何度も聞かれました。

私は、"Where is your home?"と聞かれると、
今でも戸惑います。
たった4年間日本を離れていただけで、です。たかが4年、されど4年。

もっと困るのは、"Where do you live?"(どこに住んでいるの?)という質問だったりします。
私は、今ここにいる場所がホームだよ、と答えます。
「そういうことじゃなくて、つまり君はどこに住んでいるの?」と聞かれます。
わかってもらえても、もらえなくても、こうして旅を続ける限り、
私はその答えにうまく答えることができません。
"Nowhere"(どこでもない)とでも言っておけばいいかな。

***

Pico Iyerによれば、自分の国を離れて暮らしている人の数は現在2億2千万人に達するそうです。

「古い国民国家の枠組みを超えて生活する人の数は、ものすごい速さで増えています。
この12年で6,400万人も増えました。じきに、アメリカの人口よりも多くなるでしょう。
すでに、地球で5番目に大きな国が作れる人数です。実際、カナダ最大の都市であるトロントの一般的な住民は、以前は「外国人」と呼ばれていた、違う国で生まれた人たちです」

そういう生き方を、既存の価値観にあてはめて考えるのではなく、
「故郷」「Home」に対する考えを、生き方に合わせて変えるべきなんだと思います。


「「どこから来たのか」よりも、「どこへ行くのか」ということの方が、はるかに重要な時代になりました。
より多くの人たちが、過去と同じぐらい、現在や未来に軸足を置いて暮らしています。
故郷というのは、ただ自分が生まれた場所というだけではありません。故郷とは、本当の自分になれる場所なのです」


Picoさんは旅と故郷について、こうも言っています。

「でも移動にはひとつ大きな問題があります。動き回っていると、自分の居場所を知るのがとても難しいのです。(中略)でも、立ち止まってこそ行く方向が分かるのだと思います。そして人生や世界の動きから一歩脇にそれてこそ、何が一番大切なのかが分かり、故郷を見つけることができるのです」

「移動というのは 素晴らしい特権です。祖父母の時代には、考えもつかなかったようなことが、たくさんできるようになりました。
でも移動が意味を持つのは、帰り着く故郷があってこそです。つまるところ、故郷というのは、ただ休むための場所ではなく、よりどころとして立ち止まる場所なのです」


そうか、旅は、立ち止まってこそ意味がある。
帰る場所があるから、意味がある。
でも私のホームはまだ work in progress です。それでいいんだ。

***

今年、私は地球一周の旅に出ます。
立ち止まることも大切にしながら旅をしようと思います。


※プレゼンのビデオはこちら:ピコ・アイヤー:「故郷とは何か」

Latinoamérica

あー1月ももう終わっちゃう!!

たった一週間前(1月22日)に授業が始まったばかりとは思えないほど
もう毎日こてんぱてん…?こてんぱん?てんてこまい!
なんだかよくわからないけど間違いなく今学期が今までで一番忙しい。We'll see.

でもまだ授業登録が完了していないので、それが終わったら今学期のスケジュールを公開します(笑)。

話は変わりますが私は気に入った曲があると
ずーーーーっとendless repeatでその曲を一週間ほど聴き続けるタイプです。
完全に obsessed. 頭からメロディーが離れない。

"Latinoamérica" by Calle 13
(クリックしたら別ウィンドウでYou tubeが開きます。)

Calle 13 はプエルトリコのバンドで、この歌にはほかにも
・Susana Baca(ペルー)
・Totó la Momposina(コロンビア)
・Maria Rita(ブラジル)
の3名の女性歌手が登場します。

なんて知ったように書いてますが、
Calle 13 を聴いたのも初めてだし他の歌手も名前すら聞いたことがないのだけど。

歌詞がわからなくても、
ビデオだけでも見てほしい。

広大な南アメリカ大陸は、地理的にも、人種的にも、文化的にも、言語だってほんとうに様々で、
そんな Latinoamérica の多様性を垣間見れます。


Soy América latina,
un pueblo sin piernas pero que camina.
(我らがラテンアメリカ、
脚がなくとも歩く人々)

Vamos caminando
Aquí se respira lucha.
Vamos caminando
Yo canto porque se escucha.
(歩いて行こう
ここには闘いが息づいている
歩いて行こう
僕は歌う、君の耳に届くから)

Aquí estamos de pie
¡Que viva Latinoamérica!
(今立ち上がろう
ラテンアメリカよ永遠に!)


Ay.... qué linda.
良い曲。

※翻訳はイメージです。

外国語を学ぶ理由。

「長い人生のうちの数ヶ月間を、毎日美味しいものを食べる喜びと、ただ耳に入るその音の感触が好きだからという理由でイタリア語を勉強する喜びのために費やすのは、そんなに悪いことなのかしら」

離婚して、仕事をやめて、ニューヨークにある買ったばかりの大きな家を捨てて、彼女は1年の旅に出る。
イタリアへ4ヶ月―ピュアな喜びを追求するため
インドへ4ヶ月―自分の内面を見つめるため
インドネシアへ4ヶ月―世俗的な喜びと精神性のバランスを見つけるため

Eat, Pray, Love.
Elizabeth Gilbert.




彼女がイタリア語を学び始めたのは離婚手続き真っ最中の、彼女曰くそれまで築きあげた人生が目の前で崩壊していった暗黒の時期。
イタリア語を勉強する理由について、彼女は次のように綴っています。

"For years, I'd wished I could speak Italian -- a language I find more beautiful than roses --
but I could never make the practical justification for studying it. Why not just bone up on
the French or Russian I'd already studied years ago? Or learn to speak Spanish, the better to help
me communicate with millions of my fellow Americans? What was I going to do with Italian?
It's not like I was going to move there. It would be more practical to learn how to play
the accordion."
(ずっとイタリア語が話せたら良いなと思っていた。薔薇よりも美しいと思える言語。でもイタリア語を勉強する正当な、実用的な理由を見つけられなかった。もう勉強したことのあるフランス語やロシア語を詰め込むんじゃだめ?それかスペイン語を勉強するとか。その方がこの国に住む何百万人もの同胞と理解し合えるようになるじゃない?イタリア語なんか勉強してどうするの?何もイタリアに住むわけじゃあるまいし。アコーディオンが弾けるようになる方がよっぽど役に立つわ。)

"But why must everything always have a practical application? I'd been such a diligent soldier
for years -- working, producing, never missing a deadline, taking care of my loved ones, my gums and my credit record, voting, etc. Is this lifetime supposed to be only about duty? In this dark
period of loss, did I need any justification for learning Italian other than that it was the only thing
I could imagine bringing me any pleasure right now?"
(でも何で全て実用的な適用性をもたなければいけないの?私はずっと勤勉な兵士をやってきた。働いて、生産して、毎回期限を守って、愛する人や歯ぐきやクレジットの面倒を見て、投票して、あれもして、これもして。人生って義務だけでできてるの?この辛い時期に、楽しみを与えてくれるんじゃないかと思えるたったひとつのものがイタリア語だということ以外に、この言語を学び始めるための理由が何か必要かしら?)

そう決めて、彼女は夜間のクラスに通い始めます。
毎晩お風呂でイタリア語の辞書を広げては呪文のように単語をつぶやいて、少しの間辛い現実から解放される。

"Just speaking these words made me feel sexy and happy."
(イタリア語の単語をただ声に出すだけでセクシーでハッピーな気分になれた。)



この考え方、すごく共感。
何も全てが実用的じゃなくたっていいじゃない?
ただ耳に心地良いから。楽しいから。話してみたいから。
何の役に立たなくても、たったそれだけの理由で外国語を勉強してもいい。
何か別の大きな目的を達成する「手段」としてじゃなくて、
経験そのものを目的として。

長く勉強を続けてるとだんだん、
「まだできない」とか「まだわからない」とかって、
できることより「できない」ことの方に目が向きがちで…。
勉強してるのに、留学したのに、上達を感じられないとか。
全然だめだって気持ちに押しつぶされそうになることがあります。

でも勉強を始めたばかりの、単語ひとつ、フレーズひとつ覚えるだけでも魔法みたいに「セクシーでハッピー」な気持ちになれた、そういう感覚は今でもよく覚えている。
誰のためでもなく自分のために、好きだから続けている。
それだけでいいのかもしれない。
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。