Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

06 | 2012/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国での滞在をふりかえって

こんばんは!

一昨日、ソウルから札幌へ帰ってきました。
ソウルも梅雨が明けてからとても暑かったんですが、札幌も暑いですね。
昨日は帰ってきて早々、豊平川の花火大会に行ってきました☆
札幌の短い夏を満喫しようと思います。

梨花大学のサマープログラムについて大学に簡単なレポートを提出しなければならず、せっかくなのでここにも載せます。英語のままですが興味がある方は読んでみてください^^

***

I remember the day I arrived in Seoul at the end of June, when I couldn’t even figure out the way
from the nearest bus station to the University but didn’t have courage to ask for direction because
of my poor Korean; after wandering about for some time in the intense heat of summer with heavy
suitcases I was already exhausted and sweating all over by the time I finally made it to the
International House of Ewha Womans University. When I left the campus one month later upon the
completion of the program, however, I was feeling much more comfortable walking around the
neighborhood and even had gained confidence in talking to people on the streets in Korean.
It seems to have passed by in an instant, but one full of discovery, learning and self-reflection.
I learned so much, not only about the Korean language itself, which was my original purpose of
attending this summer college, but also about the Korean society in general, the city of Seoul,
Korean food, history and culture, and to some extent, about my home country Japan.

IMG_2736.jpg
(↑ 景福宮で、友達と一緒に)

One of the things that I liked most about this international summer college was its diversity of the
participants. Until I got to the campus I had no idea as to how big this program would be, but as it
turned out, there were more than 200 students from more than 15 countries. Simply meeting
these people from different universities all over the world was itself a valuable experience,
as well as learning what motivated them to come all the way to Korea; many Korean Americans
(and alike) seemed to have come to learn about their heritage language and culture; some were
East Asian Studies majors and pursued their academic interests; others were K-pop lovers and of
other Korean popular culture; yet others, including myself, were language freaks – coming to learn
Korean as their fourth or fifth language “just for fun”. In my classes there were students from
Singapore, Britain, Canada, Hong Kong, Japan, US, and Korea (Ewha students and others) and I
truly enjoyed learning about them and their perspectives. Their levels of Korean varied as well,
from very beginner who had never studied Korean (not even Hangul) to very advanced. We
explored the city together, tried Korean food together, learned from each other, laughed together,
and had fun together.

IMG_2442.jpg
(↑ 友達とコリアンBBQ♪)

During the program, I took modern Korean history class in the morning and Korean language class in the afternoon from Monday to Thursday. Between the two classes I often went to Posco building to have cheap but tasty Kimbap (only 2000-3000 won) for lunch and did homework or took a nap, and after class in the evening I went out to try different Korean dishes for dinner. On weekends I
ventured into the city with my new friends. Seoul is such a vibrant city and has a lot to offer;
although I didn’t go to many tourist spots that guidebooks tell us to go, I got to catch a glimpse of modern as well as traditional aspects of the city by simply walking down the street – looking up the skyscrapers, admiring historical temples, looking at numerous advertisements of plastic surgery –
or by just people-watching while riding the well-air-conditioned, highly-digitalized Seoul Metro.

IMG_2747.jpg
(↑ 景福宮から見た街のようす)

Seoul is also very international, and so is Ewha Womans University; I could totally have survived without using Korean during the program and initially my Korean didn’t seem to improve much.
With that realization I pushed myself to use Korean as much as possible during the second half of
the program and I started to feel more comfortable speaking in Korean. The language class and
daily life conversation complemented each other in my learning of Korean. Although I could hardly maintain conversation in Korean when I arrived, by the time the program ended I could hold a
conversation in Korean for more than a few hours, which was a great accomplishment for me.

classroom.jpg
(↑ 韓国語のクラス)

In addition, what made my experience all the more significant was the modern Korean history class, even though at first I was a little reluctant to take an academic course (I wanted to devote my time to learning Korean). I enjoyed this course so much partly because we used Korean cinema as a means to understand and analyze the narrativization of modern Korean history, which was different from a normal history class that we imagine. Another reason was because the class was a mix of
international and Korean students, from different class years and majors. Through in-class
discussions and blog posts, we exchanged our views and opinions on difficult – and often
sensitive, because they are so recent – topics such as Japanese colonization of Korea or
movements for democratization. This class helped me understand Korean perspectives on its
recently history slightly more, which was eye-opening because they are often very distinct from
Japanese perspectives on the same topic, with which I had been more familiar. What I discussed,
learned, and came to question in this course, has gone well beyond the classroom and enriched
in many ways my understanding of the Korean society that I glimpsed, as well as given me a new
perspective on Korea-Japan relationship.

IMG_2548.jpg
(↑ 韓国近代史のクラスでフィールドトリップ)

After all I liked Korea more, and my interests in Korean language have expanded well to Korean
history, cinema, popular culture, society, economics, etc. In fact I’m leaving with more questions
than I had when I arrived in Seoul a month ago, which will continue to motivate me to study more
about Korea. I left many parts of Seoul and other cities unexplored, but it means that I should
come back here again soon.

I am truly grateful for Ewha Womans University and the Office of Global Affairs for making this wonderful program possible and giving me the opportunity to come here, a privilege not just
anyone can enjoy. I will always remember the summer I spent in Seoul. Thank you so much!

IMG_2890.jpg
(↑ おまけ。夜のキャンパスでジャーンプ!!)

スポンサーサイト

韓国の温泉施設「チムジルバン」

昨日、友達と「チムジルバン(찜질방)」という所に行ってきました。

チムジルバンは健康ランドの一種で、スパ、サウナ、温泉、マッサージ、エステ、ゲームセンター、レストラン、仮眠室などを備えた24時間営業の一大施設。

昨日行ったのは「スパ・レイ」という女性専用のキレイなスパで、温泉やサウナ(たくさん種類があり、お気に入りは木炭サウナ)に出たり入ったりしながら、まったりとした時間を過ごせました♪
ちなみに12時間利用で12000ウォン(約900円)。

チムジルバンに行くのはこれで2回目で、初めて行ったのは半年前。
「韓国のサウナに行きたい!汗蒸幕に入ってみたい!」と話していたら、連れて行かれたのはソウルで一番大きい「ドラゴンヒルスパ」という、、、名前からして入るのをためらいそうな場所でしたが楽しい時間を過ごしました(笑)。

まずは目的の汗蒸幕から。
IMG_0472.jpg

汗蒸幕とはドーム型の「韓国の伝統的蒸し風呂」のこと。
特殊な石と粘土を積み上げて作った石釜を松の木を燃やして温めているそうで、中の温度は90℃〜150℃とかなり高め。
裸では熱すぎるので、伝統的には麻袋をかぶって入るらしいです。
私は指定のTシャツとハーフパンツで入りましたが、中に入って一分も経たないうちに汗が噴き出してきました。
循環機能が高まって、解毒作用や抗菌作用、美容効果もあるんだとか。
たくさん汗をかいて何だか心もすっきりしました♪

ここに来てびっくりしたことは意外と男性客が多いこと。
高校生くらいの年齢の男の子のグループがたくさん来ていて、スパ=女性というイメージがひっくり返りました。

お風呂も何種類もあるし、サウナもたくさんあるし(塩サウナとか黄土サウナとか…ピラミッド型のエジプトサウナとかいうのもありました)、カラオケも映画館も、もちろんテレビもあるし、みんなでごろごろするのにはもってこいの場所で、年齢や性別を問わず人気のようです。カップルも、観光客もたくさん来ていました。

みんな同じ格好で(レンタルのTシャツ短パンに着替えなきゃいけないので)うろうろしてて、何だか笑えます。
しかも、奇妙な形のタオルを頭にかぶって。
どこでも好きなように寝転がってるし、何とも開放的で自由な感じ。

さっきの汗蒸幕、ズームアウトすると…
IMG_0470.jpg

これは一緒に行った韓国人の友達の写真。
IMG_0474.jpg

タオルの帽子は「ヤンモリ」と言って、彼女が持っているのは「シッケ」という餅米からできたジュース。
それから「ケラン」という薫製卵を食べるのがチムジルバンの楽しみ方なのだそう。

おまけ。
IMG_0469.jpg



つっこみどころ満載のチムジルバン♪また行きたいなー。

「ハングルパーク」

先日、ソウルの新村にある「ハングルパーク」という小さな本屋さんに行ってきました。
そこは「韓国語を勉強する外国人のための」本屋さんで、韓国語の教科書・辞書・文法書・試験対策本・韓国文化に関する本などを取り扱っています。
韓国の大学が出版している教科書類はたぶんここで全て手に入ると思います。
母国語によって、日本語版、英語版、中国語版、ベトナム語版などがあり、もちろん韓国語で書かれた本も。
定価より5%〜10%割引で売っているのでお得!

ここで「日本人のための韓国語文法(延世大学出版)」という参考本を19000ウォン(1300〜1400円程度)で購入しました^^

日本人のための韓国語文法

まさにこういう参考書が欲しかった!!!!
基礎から上級文法までレベルの区別なく一冊にまとまっていて、例文が多いのでわかりやすく、しかも無駄なくシンプルなデザインで使いやすいです。
韓国語と日本語の索引もあるので、文法辞典としても使えます。
教科書も必要だけど、こういう良い本が一冊手元にあると勉強がはかどりますね♪


ハングルパーク、ソウルに来た際にはぜひご利用ください(笑)


行き方は、地下鉄新村駅①番出口を出て現代百貨店(Hyundai Department Store)に向かってまっすぐ歩き、百貨店を超えてすぐ右手にある薬局の建物の3階です。

to hangul park

Screen shot 2012-07-13 at 11.10.44 PM

---
한글파크(Hangul Park)
www.hangulpark.com
서울특별시 서대문구 창천동 72-6 신도약국 3층
(72-6 Changcheon-dong, Seodaemun-gu, Seoul. Sindo Yakguk 3F)
---

私の「頭の中」

母国語は日本語で、スペイン語専攻で、今は韓国語を学んでいて云々、という話をすると、
「頭の中どうなってるの?」
とか、
「いつも何語で考えてるの?」
などと聞かれることが多々あります。

「考える」って無意識的に行うことが多いし目に見えないので、何語かということも普段は特に意識しないのですが…。
あまりにも頻繁に聞かれるので、しばらく、自分の「考える」という行為を意識して観察してみました。


その前に「頭の中がどうなっているか」という話を。
あ、ちなみに今日の話題は全くもって現実に役に立たないので、最初にそう断っておきます。

感覚的な話ですが、英語を勉強し始めたときからずっと、頭の中に言語の「部屋」というイメージがあります。視覚的というよりは感触的なイメージで。

英語を勉強して、ある程度身に付くと、頭の中に「英語の部屋」ができて、英語の文法や語彙などの情報は全部その部屋に収納される。

フランス語を勉強し始めたとき、日本語・英語の他に、「その他外国語」という部屋ができて、そこにフランス語の情報が収納される。

その後も他の外国語を勉強するたび「その他外国語」にいったん収納され、ある程度自由に操れるようになると自分の部屋が確立される。ちなみに自分の部屋が確立されないとその言語へのアクセスに時間がかかるので言語間の切り替えもスムーズにいかない。しばらく使用されないと部屋ごと退化するか他の部屋に吸収合併される。

チリ留学を経て「スペイン語の部屋」を、韓国滞在中に「韓国語の部屋」を建設。

なので今私の頭の中には、大きい順に、「英語の部屋」「スペイン語の部屋」「韓国語の部屋(建設中)」そして「その他外国語(フランス語、中国語、その他ランダムな情報)」があります。


***


ここから本題、「思考の言語」について。


結論その1:日本語は無意識の言語、英語は意識の言語。

生活に密接した、反射的な思考…「コーヒーこぼしちゃった」とか「授業の後パン買いに行こう」とか、そういうのは全部日本語です。自分との会話はほとんど日本語。
無意識・反射的・受動的な思考はほぼ100パーセント日本語。

留学生活が長くなるにつれて英語が無意識の分野に進出し始めていますが、
英語は基本的には「意識の言語」で、英語のインプットに対しては英語で考える、という感じです。
例えば英語で書かなければいけないエッセイがあるとき、そのエッセイについてアイディアを出したり下書きを書いたりするときは英語。
なので大学で勉強しているときの思考はたいてい英語。

そう考えると、狭義の「考える」ということの大部分を私は英語でおこなっているのかもしれません…。
「思う」のは日本語で、「考える」のは英語、とも言えるかも。
日本語は感情・感覚に一番近く、英語は理性と分析に一番近い。

他の言語はもっと使用時期が特化されていて(?)、
スペイン語で書かなきゃいけないエッセイやメールを考える時はスペイン語、
韓国語はまだ思考できるレベルに至っていなく、日本語で考えて韓国語に訳しています。



結論その2:常に複数の言語間を行き来している。

「英語で考える」と言っても100パーセント英語で考えるわけではありません。
知らない単語はまだまだたくさんあるし、その度に和英辞典を使っています。辞書を開かない日は一日もないのです。

スペイン語を学ぶことによって、英語がスペイン語の思考に影響されるということもあります。
英語を話していて、「これはスペイン語の表現の直訳だ」と気付き言い直すことも。その反対もあります。

さらに、「日本語で考える」というのも100パーセント日本語でおこなっているわけではないのです。
特に大学の授業で習ったコンセプトを日本語で説明しようとすると、単語もわからないし、うまくまとまらない。
アカデミックな内容に限らず、時々、自分が話す日本語が、英語の翻訳なんじゃないかと思うことがあります。

あまり良い例ではないですが、例えば…。
日本人の友達に、友達を紹介されて初めて会ったとき、私は「会えて嬉しいです」と言って、
「そんなこと日本語で言わなくない?」と後で友達につっこまれてしまいました。
その表現って日本語として不自然?思考回路に組み込まれた "Nice to meet you" の翻訳?
その区別がもう、つかないんです。

なので頭の中に英語の音が流れていても思考回路はスペイン語かもしれない。日本語で考えているつもりでも英語の論理の中にいるのかもしれない。


授業のノートや日記など個人的なものは、複数の言語が常に入り交じっています。日記は特に「考える」と「書く」が同時進行でおこなわれるので、思考の軌跡が一目瞭然です。

なぜ複数の言語が入り交じるかというと、ひとつは、先に頭に浮かんだものを使うからです。便利だからで、時間の節約。

もうひとつは、できるだけ翻訳をしないで、「元の考えに一番近い」言葉を使いたいから。
辞書の上では同等と位置づけられている単語ひとつとっても、言語が変わると私にとって意味が変わってしまうのです。

どういうことかと言うと、例えば、
"I miss you" "Te echo de menos" "恋しい" "보고싶어" …
これらの感情表現は辞書の上では「同じ意味」だとしても、どれも全く別の意味と響きを持っていて、決して意味が釣り合うことはないのです。

その時によってその時の気分で書くので、全部日本語だったり、英語とスペイン語が半々だったり、何か一つの単語や表現だけ違う言語だったり。
誰に見せるわけでもないので好き放題、不規則的で無秩序、それが私の思考の正体です。



結論その3:常に翻訳している。

これは厳密に言えば「話すとき」「書くとき」ですが、そういうときも頭は働いているので。
上に書いたように私の頭の中は常に複数の言語が共存しているので、コミュニケーションを取るときは相手に合わせて、そのときの共通言語に翻訳するという作業が避けられません。

程度は多かれ少なかれ、いつも頭の中で翻訳している自分がいるのです。



以上。私って「頭おかしい」のかな。笑


韓国という国、外国を理解するということ

最近、というか昨日、韓国について一冊の本を読みました。
半年ほど前にタイトルだけ見て古本屋(札幌の)で買って、手をつけないまま実家の本棚に置いてあった文庫本。
今度こそ読もうと思って韓国に持って来たのでした。

その名も、『韓国は一個の哲学である―「理」と「気」の社会システム』 小倉 紀蔵著(講談社現代新書)



今日はその本を読んで思ったことを書きます。本の内容の要約ではありませんので悪しからず。

***

「韓国人は○○だ」「韓国社会はxxだ」
一番身近で交流も多い、実体のある外国だからこそ、体験に基づいた、いかにももっともらしい "韓国論" を広げる人がいる。そしてさらに、日本と韓国という二つの国を比較してコメントをする。どちらの社会がより道徳的か、発展しているか、歴史を大切にするか、優れているか、礼儀正しいか、etc、etc。韓国を絶対肯定する人もいれば、露骨に嫌悪感を表す人もいる。多くが「同じ東アジア」に属す日本と似た国だという楽観に基づいて、または、日本とは全く次元が違い話が通じるわけがないのだという悲観に基づいて、評価を下す。

韓国人にしても同様。社会全般に広まっている日本のイメージの多くは批判的・否定的なもので、日本を劣った国として見る傾向がある。

でもその判断は、その国の道徳観、世界観に則って導き出されたものであることを認識しなければならない。日本人は日本で育まれた道徳観、世界観に従って韓国(人)を評価する。韓国人は「韓国社会の思想的な『しくみ』」の中で日本(人)を評価する。このとき、二人の対話がかみ合うはずがないのだ。対等になれるはずがないのだ。

日本の道徳観と言っても、それを定義するのは難しい。今、自分の口から出ている言葉が、どのようにその道徳観に形作られているかを客観的に認識するのはもっと難しい。その言葉が実は偏見に満ちていることに人は気づかない。「韓国は」「韓国人は」と一般化する瞬間、大きなリスクを冒している。

日本に関して韓国人の発する言葉や韓国社会の発するメッセージを、韓国の哲学を理解する努力なくしては理解し得ない。賛成や反対はできる、傷つくこともできるし喜ぶこともできる、けれど理解はできない。「気」が合ったり、「気」が許せることと、相互「理」解できることの違いがここにある。

もっと言えば、日本というテーマに限らず、どんなテーマであっても、韓国の道徳観を理解せずに韓国人の言葉や行動を理解することはできない。ましてや韓国語は到底理解できない。日本語に翻訳して、日本の定義で、日本社会の思想のしくみの枠内でわかったつもりになるだけで、その言葉や行動の核心からは遠ざかる一方だ。その矛盾はテーマが複雑に、繊細になればなるほど浮き彫りになる。

きっとそれは個人レベルだけでなく国レベルでも同じで、韓国政府が取る態度や行動、政策も、韓国という哲学を理解することなしには理解できない。


この本は、はっきり言って、非常に読みにくい。韓国や儒教に関して初めて読むのであれば、なおさら。
たびたび出てくる、日本を批判するようなコメントに気分も害される。(それを上回る韓国の痛烈な批判が最後に待っているのだけれど。)
けれども最終章は日韓関係(個人レベルでも国レベルでも)の確執の核心をつき、本当におもしろい。そして痛い。少なからず真実をついているからだと思う。
それまでの200ページは、最後の20ページを理解するためにあったようなもの。それでも読む価値があると思う。

この一冊で韓国が理解できたとは到底思わない。けれど、韓国社会と韓国人について、今まで目撃したこと、今経験していることを解釈する一つの方法を手に入れた気がする。
今までと違った(そしてたぶん、より正確な)視点を手に入れ、自分の考えや言動を顧みるきっかけにもなった。

「韓国」の部分を、「アメリカ」でも「チリ」でも「インド」でも、どの国にも置き換えて考えることができる。

外国語を学び、外国について発信する私が、心に常に留めておかなければいけないこと。


 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。