Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

11 | 2012/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国語を学ぶ理由。

「長い人生のうちの数ヶ月間を、毎日美味しいものを食べる喜びと、ただ耳に入るその音の感触が好きだからという理由でイタリア語を勉強する喜びのために費やすのは、そんなに悪いことなのかしら」

離婚して、仕事をやめて、ニューヨークにある買ったばかりの大きな家を捨てて、彼女は1年の旅に出る。
イタリアへ4ヶ月―ピュアな喜びを追求するため
インドへ4ヶ月―自分の内面を見つめるため
インドネシアへ4ヶ月―世俗的な喜びと精神性のバランスを見つけるため

Eat, Pray, Love.
Elizabeth Gilbert.




彼女がイタリア語を学び始めたのは離婚手続き真っ最中の、彼女曰くそれまで築きあげた人生が目の前で崩壊していった暗黒の時期。
イタリア語を勉強する理由について、彼女は次のように綴っています。

"For years, I'd wished I could speak Italian -- a language I find more beautiful than roses --
but I could never make the practical justification for studying it. Why not just bone up on
the French or Russian I'd already studied years ago? Or learn to speak Spanish, the better to help
me communicate with millions of my fellow Americans? What was I going to do with Italian?
It's not like I was going to move there. It would be more practical to learn how to play
the accordion."
(ずっとイタリア語が話せたら良いなと思っていた。薔薇よりも美しいと思える言語。でもイタリア語を勉強する正当な、実用的な理由を見つけられなかった。もう勉強したことのあるフランス語やロシア語を詰め込むんじゃだめ?それかスペイン語を勉強するとか。その方がこの国に住む何百万人もの同胞と理解し合えるようになるじゃない?イタリア語なんか勉強してどうするの?何もイタリアに住むわけじゃあるまいし。アコーディオンが弾けるようになる方がよっぽど役に立つわ。)

"But why must everything always have a practical application? I'd been such a diligent soldier
for years -- working, producing, never missing a deadline, taking care of my loved ones, my gums and my credit record, voting, etc. Is this lifetime supposed to be only about duty? In this dark
period of loss, did I need any justification for learning Italian other than that it was the only thing
I could imagine bringing me any pleasure right now?"
(でも何で全て実用的な適用性をもたなければいけないの?私はずっと勤勉な兵士をやってきた。働いて、生産して、毎回期限を守って、愛する人や歯ぐきやクレジットの面倒を見て、投票して、あれもして、これもして。人生って義務だけでできてるの?この辛い時期に、楽しみを与えてくれるんじゃないかと思えるたったひとつのものがイタリア語だということ以外に、この言語を学び始めるための理由が何か必要かしら?)

そう決めて、彼女は夜間のクラスに通い始めます。
毎晩お風呂でイタリア語の辞書を広げては呪文のように単語をつぶやいて、少しの間辛い現実から解放される。

"Just speaking these words made me feel sexy and happy."
(イタリア語の単語をただ声に出すだけでセクシーでハッピーな気分になれた。)



この考え方、すごく共感。
何も全てが実用的じゃなくたっていいじゃない?
ただ耳に心地良いから。楽しいから。話してみたいから。
何の役に立たなくても、たったそれだけの理由で外国語を勉強してもいい。
何か別の大きな目的を達成する「手段」としてじゃなくて、
経験そのものを目的として。

長く勉強を続けてるとだんだん、
「まだできない」とか「まだわからない」とかって、
できることより「できない」ことの方に目が向きがちで…。
勉強してるのに、留学したのに、上達を感じられないとか。
全然だめだって気持ちに押しつぶされそうになることがあります。

でも勉強を始めたばかりの、単語ひとつ、フレーズひとつ覚えるだけでも魔法みたいに「セクシーでハッピー」な気持ちになれた、そういう感覚は今でもよく覚えている。
誰のためでもなく自分のために、好きだから続けている。
それだけでいいのかもしれない。
スポンサーサイト

「世界を変える仕事」について。

今日から冬休みです^^ わーい♪

休暇中は基本的に寮を出なければいけないので知り合いのいるバンクーバーへ向かっています。
それもなぜかコネチカットからDC経由という非常に遠回りのルートですが。。
直行があると便利だけど、しかたないか。



昨日試験を終えた後、あるNGOを訪問してきました。
来学期そこでインターンをするので、そのための打ち合わせと近況報告をかねて。

そのNGOは私が1〜2年生の時ずっとお世話になっていた教授が、大学をやめてちょうど1年前に立ち上げた非営利団体。
"Educating Women to be Powerful Speakers" というミッションのもと、"speaking" (話す、意見を述べる、スピーチをする)というスキルを伸ばし、効果的なプレゼンを行うためのストラテジーを考える、女性のためのセミナーや児童向けのプログラムなどを提供しています。
まず、女性は男性と比べて会議などで発言する機会や回数が少ないというデータがある。
逆に堂々と意見を述べた場合、それが否定的にとらえられる傾向がある。
そういう、女性であるが故に陥るパラドックスや意見を述べる難しさと正面から向き合って、
一緒に考えて、効果的なアプローチを探し、お互いを支え合うコミュニティを作る…
そういうことを目的としたNGOです。

前置きが長くなりましたが、このNGOを立ち上げたいきさつを伺ったところ、彼女の話の中で印象に残ったことがありました。

それは、
「世界に影響を与える仕事がしたかった。だからこの町から始めようと思った。」
という言葉。

まず自分がいるコミュニティに働きかけて、そこに住む人を変えるところから始め、徐々に影響の輪を広げていくとい考え。
商品や技術を売ることを目的とするのではなくて、何て言うのかな、その根本にある「人」を大切にする考え。
パフォーマンスを変えるのではなくて、メンタリティ(ものの見方、考え)から変えていこうとする考え。

「いずれは世界中にオフィスをもつ国際的なNGOに成長させるのが夢だけれど、まずは慎ましくこの Pioneer Valley(西マサチューセッツ)から始めるの」と。

何だかじんわりと心に響いて、帰り道もずっとこの言葉の意味について考えていました。



大学卒業後、これからどんな仕事をしたいだろうかと考えたとき、
やっぱり「国際的な仕事」がしたいと思うし、「世界に影響を与える仕事」がしたいと思う。
語学のスキルを活かしたいし、世界を舞台に活躍したいと思う。
「大規模な仕事」と言い換えてもいい。
たぶん留学生の多くが、似たような考えを持っている。

そうすると、地元の中小企業よりも海外支店を持つ大企業/多国籍企業に目が行く気持ちもわかるし、
地元のNPOより国際的なNGOに魅力を感じるのもわかる。
海外支店数、従業員数、総資産、純利益、給与額、etc...
数字で測れるもので比べて、規模の大きさと影響の大きさ・仕事の質を混同してしまいがちになる。

…。でもそうじゃないかも?
世界に影響を与える仕事って、そんなふうに数字の規模で測れるものじゃないのかも。
「世界」「国際社会」って、たくさんの「ここ」の集まりでしかないのだから、
「この場所」を変えることが結局「世界」を変えることなのかもしれない。

云々。



そんな当たり前のようなことを思い出させられた日でした。

NGOのホームページはこちら→ Women’s Voices Worldwide

Happy Holidays!! :)

This is how (badly) we speak.

自分の声って聞いたことありますか?

もう何年も前の話ですが、録音された自分の声を初めて聞いたときのショックは今でもけっこうよく覚えています。
私ってこんな声してるの?! と。。。
今でも自分の声って一番身近で一番慣れない。むずがゆい。気持ち悪い(笑)

何だか最近は自分の声(録音)を聞く機会が多いです。
外国語を勉強していると、課題の中でビデオを作ったり、ナレーションを録音したり、インタビューしたり、そういう意味ではしょっちゅう自分の妙ちくりんなスペイン語や韓国語の発音を聞かされるのですが…

何が新鮮だったかというと、原稿を読むのではなくて普通の会話(英語)を録音したものを聞いたこと。
高校生のときは、発音の練習の一環として、文章を読み上げては録音してチェックしたりしてましたが、
自分がふつーに英語でしゃべってる声を聞いたのってほとんど初めてかも!
こうして聞いてみると、すごい、日本語のアクセント!
別に通じてればそれでもいいんですが(笑)改善の余地はまだまだまだまだあるな〜と痛感しました。

もう一つ気づいたのは、自分の「話し方」って、日本語でも英語でも何語でも変わらないものなんだな、と。
何ていうんでしょうね、トーンやイントネーションもそうだし、文の組み立て方、会話のもっていき方、など。
あまり変わらない気がします。
外国語を勉強し始めたばかりの時期って、何だかその言語を話すときは別人になったような気がするのですが、
そういう foreignness はやっぱり少しずつ取り除かれて、どんどん自分の中に integrate されていくものなのかも。

そしてここから本題。
無駄な単語がいかに多いことか。そして完結しない文がいかに多いことか!
ということが、インタビューを文字に起こしているとよくわかります。

例えばこんな文章(最近読んだ本について話している):

"Yeah, she, well, the one that I read is not exactly testimonio but it’s like a theory book, theoretical
book called Hilando Fino, and um…yeah, she says that…feminism is not, or like, that communal
feminism that she’s proposing, is not…like, women…women versus men. Like it’s not like relation between men and women, it’s about... community. And it’s about how these two, like, um, oh how did she put it? like… women… and men relating to the community. Like, the community is the
starting point and ending point. Um... and like… yeah, I just read it the other day."

言いたいこと: Recently I read a theoretical book called Hilando Fino. In that book the author
proposes "communal feminism." Communal feminism takes the community as the starting and
ending point, and men and women in relation to the community, not the relation between women
and men to each other.

私のお気に入りは "yeah" と "like" がダントツで1位で(笑)
このたかだか数十秒の間に "like" を何回連発しただろう。
あとは、"I'm like" "it's like" "I don't know" "I mean" なども数秒(数単語)ごとに口走ってる気がします。

ある教授は大学院生のとき、"like" と言う度にその人のアドバイザーに手を叩いてもらってそのクセを治したんだとか。

私も、これから気をつけよう…。

高校生のときはわざわざ「CALL教室」という外国語学習のための教室まで行ってレコーディングしてましたが、
今ではパソコンでもiPhoneでも気軽に録音ができるので便利です。
特に iPhoneのボイスメモ機能は重宝してます。インタビューの録音でも、外国語学習のためでも。

***

以下、おまけ。会話の一部を文字に起こしたものです。
...Because this is how (badly) we speak. とほほ。
でもすごいリアル!あ、ちなみに友達はネイティブスピーカーです。

[友達が先学期読んだ本について話している、けど名前が思い出せない、という状況。でもそれが "Julieta Paredes" というボリビアの女性活動家の本だとわかります。]

J (友達): ...Oh yeah, and um... I forgot, um.... I have her reading, I can give it to you later, but um... it was about this woman, she’s indigenous, being indigenous, a woman, and also identifies as
lesbian was like an interesting, like, testimonio that I heard, like… her whole, um, writing on like
sexuality, and also how... she is involved in her community and how her community perceives it.
Yeah it was interesting because she had like triple like oppression or something, so it’s like…
That’s like the lowest of the low you can get, but she’s actually really active and… yeah.

A (私): What's her name? Do you know?

J: Um... no... but i have her reading. and ... and it's like under the box of..i forget but i can give it to you, yeah. yeah i can email it to you. but yeah, she was, she was interesting she came to our class,
and...

A: Oh, did she?

J: Yeah, yeah, so..

A: Wait, she's not... she's not Julieta Paredes?

J: I think so.

A: Is it?

J: I think so.

A: Because I...

J: She's from South America, was it Chile? or...

A: Yeah, she's from Bolivia.

J: Oh, Bolivia.

A: Yeah. She's indigenous, she's lesbian and she created this...

J: Yeah, yeah...

A: This community,

J: There you go.

A: ...or organization called Mujeres Creando.

J: Yeah, yeah, yeah.

A: And it's now Mujeres Creando Comunidad, and like Asembleas... Asemblease de Mujeres de...
I forgot the name, but...yeah.

J: Yeah. Yeah! Exactly. She's awesome. and I was like... I was like... her way of thinking,
it's even... I would way even more progressive than what I’ve heard from anglo-saxon feminists.
Like, she’s like in order to make our movement stronger, I don't know, it... you can correct me if
I'm wrong, but she says that it... it's like we need to involve not just the women but also work with
the men as well…?

A: Work with men?

J: Yeah, like.. I don't, I don't know if she says that.

A: Yeah, she, well, the one that I read is not exactly testimonio but it’s like a theory book,

J: Oh yeah yeah yeah...

A: ...theoretical book called Hilando Fino, and um…yeah, she says that…feminism is not, or like,
that communal feminism that she’s proposing, is not…like, women…women versus men. like it’s
not like relation between men and women, it’s about... community. And it’s about how these two,
like, um, oh how did she put it? like… women… and men relating to the community. Like, the
community is the starting point. And ending point. Um, and like… yeah, I just read it the other day.

J: Yeah?

A: Yeah. Um... I did it for Justin's class.

J: Oh really?

A: Yeah, as my extra reading. Yeah, so... that's why, that's how i got to know her and i also saw,
um, that she also came to Hampshire?

J: Yeah yeah, she did, she had a performance.

A: Yeah, and uh... so i was like, "Oh, she... she was here"

J: Yeah, it's really awesome! She's... intense.

A: Um-hum. She's cool. She's very radical.

J: Yeah, yeah. she's really really radical. but, but in a good way because she applies feminism to her community, not like tries to fit into that.

A: Yeah, that, there was a section explaining.... like occidental, I mean, western feminism and....
feminismo comunitario? feminismo de comunidad?

J: Something like that.

A: Yeah. Something like that.

J: Yeah, but yeah.

A: Um-hum.

...そして会話は続く…

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。