Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

08 | 2013/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人としての居場所

「日本人」としてのアイデンティティがどれほど重要かというのは人それぞれで、それも留学生活・海外生活の中で少しずつ形を変えてゆくものだと思います。
私自身、「日本人」でいることの意味をすごく意識して悩んだ時期もあれば、全く気にしない時もありました。
けれどこれまでの大学生活を振り返ってみると、「日本人として」いられる居場所を常に確保することは私にとって大切なことだったような気がします。

入学当初から、日本語のチューター、Japanese Language Fellow、
Japanese Language Mentor...と、ポジションの名前は変われど日本語を教えたり日本に関するイベントを企画したりする役目を毎年必ず引き受けてきました。
理由は、留学生である私が大学に貢献できる数少ない機会の一つだと考えたから。
それに、日本人としての責任のようなものを感じたから。
さらに、お金が必要だったから(笑)。
もうひとつの理由は、
アメリカの大学で「アメリカの文化」「アメリカ人」が中心を占める中で、
英語が中心を占める中で、
日本の文化を前面に持って来て、日本語を話して、日本人として堂々としていられる場所、
peripheryじゃなくてcenter、
followerじゃなくてsourceになれる場所、
そういうスペースを自分に確保するため。だったのではないかと。

それから「日本人」にこだわらなくても、留学生という立場からの視点で意見を求められるときには、なるべくそれに答えるようにしてきました。
大学のポリシーに関してや、ライティングを含む課題について、それから新しいESLの教員志望者のインタビューなど。

4年目の今では留学生である(他の学生と違う)という自意識はほとんどなくなりましたが、
それでも、自分がこの大学の一員であって、それは他の学生以上でも以下でもない、ということを感じられる何らかの役割を持つことは留学生活で今でも大切にしていることです。


スポンサーサイト

日本人の友達

「留学中、日本人同士で固まっているのは良くない」とか、「留学するなら日本人が少ないところがいい」というアドバイスをよく耳にします。

確かに日本語ばかり話していては英語は上達しないし、日本人同士でつるんでばかりいるとアメリカ人や他の国の友達ができづらい、というのも一理あります。

けどそれは、「日本人の友達を作ってはいけない」と言うのとは違います。
むしろ留学先では日本人の友達を積極的に作るべき、と私は思うのです。

特にカルチャーショックやホームシックを経験しているとき、
想像以上に大きく立ちはだかる言語の壁に苦しんでいるとき、
和食が恋しくなるとき、
一緒にジャパレスに行って「こんなの和食じゃないよね」と文句を言いながらサッポロビールで乾杯してアメリカ人の悪口を言う…じゃなかった、海外生活の楽しさや辛さを分かち合える友達の存在は、
留学生活の質を完全に変えてしまうほど大きなもので、大切なものだと思います。

振り返ってみると私の留学先には必ず私を支えてくれた日本人の友達の存在がありました。
高校生の時、カナダに2ヶ月留学した時も、
アメリカの大学に入学した時も。
あのとき一緒に留学した仲間がいなかったら、私はとっくにあきらめて日本に帰っていたかもしれません。

「日本人の友達は作らない方が良い気がして」日本人から距離を置く人もいますが、
アメリカ人だから友達になろう、
日本人だから友達にならないでおこう、etc、
そんな風に国籍で付き合う人を選ぶこと自体、なんだかおかしな話。
もったいないなあ、と思ってしまいます。

その(差別)意識を取り払ったらきっと、
アメリカ人とも日本人とも友達になれるじゃないかな。
そんな気がします。

孤独と付き合う方法

Long time no see!!

すーっかりブログを放置してしまいました。。
8月は波瀾万丈というか、いろーんなことが起こり…
とても落ち着いて文章を書く余裕を持てないまま出国の日を迎え、
アメリカに戻って来て早くも2週間が過ぎ去ろうとしています。

ブータンの生活記はまた別の機会に書くとして。

今朝、日本でALTとして働いているアメリカ人の友達とチャットをしているとき、
彼女がこんなことをつぶやきました。

"I feel like I don't have a right to complain sometimes about being lonely and etc as it was my
choice to come here, but, still...."
(寂しいとかって泣き言を言う権利ないよね、ここ[日本]に来ると決めたのは自分なんだから…。それでも…。)

海外に住んでいると、というより、「外国人」でいることに必ずついて回る、孤独感、疎外感。

周りに人がいないからじゃない。友達がいないからじゃない。
どんなに周りにサポートしてくれる人がいても、
本当に価値観を共有できる人がいないから。
違いを乗り越えて深くつながれる人がいないから。
楽しいときだけじゃなくて、辛くて寂しくてしょうがないとき、
自分が一番みじめな気持ちになってるとき、
その気持ちを察して、分かち合って、そばにいてくれる人がいないから。
家族が遠くて、友達が遠のいていって、
ネットはつながらないし、あっちは夜中だし、
ようやくつながったと思っても、いったい何をどこから話したらいいのかわからない。
自分が経験している痛みを、いったいどんな言葉で表現したらいいのかわからない。
そもそも海外に来ると決めたのは自分なのに、わかってたことなのに、
何泣き言言ってるんだろう私、かっこ悪。
誰も何もできないってわかってる。
自分でどうにかするしかないってわかってる。

そんな、モノローグをいったいこれまで何度頭の中で繰り返しただろう。

今回のブータン滞在中も、通過儀礼みたいに(というかきっとそうだと思う)
どーんと寂しさに襲われた期間がありました。
携帯にはブータンでできた知り合いの番号が50くらい登録されていたけれど、
電話しようとは思えなかったし、誰かと会ってみても寂しさは募る一方だった。

そんなとき、だったかどんなときだったか、
行きつけのカフェに置いてあったダライラマの本を手に取ってみるとこんなことが書かれていました。
原文は覚えていませんが、受け取ったメッセージは次のようなもの。

***
孤独を乗り越える方法は、誰かのために何かをすること。
他の誰かを幸せにしようと自分が動くとき、自分の中の孤独が消える。

寂しさに心が支配されているときは、自分のことしか考えていないとき。
他人を思いやるとき、誰かの喜びを分かち合うとき、そうして心が満たされるとき、孤独の入る隙はなくなる。
***

はー。
なるほどなー。と思いました。
確かに、寂しくてしょうがないときって、自分のことで頭がいっぱい、
まるっきり自分のことしか考えてないとき(それも悲観的に)のような気がする。
孤独について考えれば考えるほど、手に負えないほどに増大していく。
周りのようすも見えなければ、自分を思ってくれている人がいることすら忘れてしまう。
差し伸べられた手を払いのけてしまうくらいに。

そのことを学んでから、なるべく、意識を自分の外におくようにしてみました。
幸運なことに、今回のインターンシップは教える仕事が主だったので、
そこで関わる人たちに自分ができることに意識を集中して全力を注ぐと、
心の中にぽっかり空いた穴は、少しずつ、優しい気持ちで満たされていったように思います。
単に気を紛らわすんじゃなくて、与えた愛が自分に返ってくるというような。

完全になくなるわけじゃない。
けれど、もうモンスターみたいに私を襲ったりしない。
孤独は、なくすことが目的なのではなく、上手に付き合えるようになることが目的だと思うのです。
愛すべき自分自身の大切な一部として。

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。