Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブータンの旅レポート① 絶壁の上の寺院 "Tiger's Nest"

ブータンに仏教を広めたと伝えられるGuru Rimpocheは、虎の背中に乗って飛んで来たという伝説があります。
彼が虎を休ませ瞑想をおこなったと言われる聖地が、標高3100mの垂直に切り立った岩壁の上にたたずむタクツァン僧院(Tiger's Nest)。
先週の火曜日(6月18日)は、そのGuru Rimpocheの誕生日。国民の祝日でもあります。

休日を利用して、ブータン人の同僚二人とツアーガイドの友達、一緒にインターンをしているアメリカ人と私の5人で、Tiger's Nestに行ってきました。

***

朝の8時過ぎにティンプーを出発して、約1時間かけてパロ市へ。

IMG_5549.jpg

IMG_5584.jpg

パロの商店街で、お供え物とお線香、そしてチョコレートを仕入れます。
というのも、Tiger's Nestまでは徒歩で3時間以上の長い道のり。
山登りのためのエネルギー補給です。

IMG_5606.jpg

パロ市街からTiger's Nestのふもとまで車を走らせること約30分。

IMG_5622.jpg

IMG_5626.jpg

午前10時過ぎ。車を止めて、いざTiger's Nestへ!

IMG_5640.jpg

IMG_5648.jpg
(↑ 山肌に小さく白く見えるのが目的地のTiger's Nest)

ちなみに駐車場でブータン人の知り合いに会いました。
考えることはみんな同じ。
Guru Rimpocheゆかりの祝日とあって、参拝に来たブータン人で賑わっています。

さて、ここで問題です。
山道を歩くのに適した服装はどれでしょう?
1.歩きやすいパンツにスニーカー
2.キラ(ロングスカート)にハイヒール
3.ゴ(男性の着物)に革靴

正解は1…ですよね普通。
でもブータン人はキラとゴに子供をしょってサンダルで山を登ります。

IMG_5662.jpg

いつもキラにヒールで山道を登ったり下りたりしているので慣れているのでしょう。
キラとゴを着ているもうひとつの理由は、寺院では正装(民族衣装)と決まっているから。
さすがに私はロングスカートで山道は歩けないので、キラをリュックに入れて持って行きました。

IMG_5665.jpg

IMG_5677.jpg
(↑ 風にはためく、経文が印刷された「ルンタ」と呼ばれる色とりどりの布。)

IMG_5687.jpg
(↑ ベンチで一休み.標高が高いのですぐに息が切れてしまいます。)

IMG_5702.jpg

まだまだ先は長い…。
しかも途中で雨が降り始めました。

IMG_5697.jpg
(↑ 標高2800mの地点。)

だんだん目的地が見えてきます。

ここでキラとゴに着替え。

IMG_5719.jpg

IMG_5720.jpg

IMG_5722.jpg

ここからもうひと踏ん張りです。

IMG_5726.jpg

だんだんとルンタの数が増えてきます。

その向こうに見えるのは…。

IMG_5729.jpg

わーお。
ここでタクツァン僧院をバックにガイドさんと記念写真を一枚。

IMG_5736.jpg

IMG_5800.jpg

眼下に広がる景色はこんな感じ。

IMG_5740.jpg

ここからいったん下って滝の下で橋を渡り、石段を登って寺院に向かいます。

IMG_5768.jpg

IMG_5781.jpg

IMG_5794.jpg

着いた〜!!

Tiger's Nestからの眺め。

IMG_5796.jpg

あーー。長かった。
時刻は午後1時過ぎでした。

ここから先、寺院内は写真撮影禁止。
荷物を預けて中へ入ります。

岩肌がそのまま壁となり床となり、山と完全に一体化した寺院。
たくさんある洞穴のように小さな部屋に、それぞれ別の仏像が祀られています。

立ったまま、頭の上と、顔の前、胸の前で手を合わせて、正座して床に頭をつける。
また立って手を合わせて、正座して頭を床に。
それを3回繰り返す。
お祈りが終わったら、聖水をいただいて口にふくむ。

真剣にお祈りを捧げている三人と、同じように熱心にお経を唱えているたくさんの参拝者を見て、仏教がブータンの人々の生活に浸透していることを改めて感じました。

一番神聖な瞑想部屋は、岩と岩の間のすきまを数メートル下ったところにある穴の中。
暗くて、狭くて、足場が悪くて、落ちたら確実に死ぬので途中で断念し引き返しました。
行ってみたかったけど、この巻きスカートじゃ絶対ムリ。

***

一度止んだ雨がまた降りだし、帰りはほとんどどしゃ降り。
途中でキラからジーパンに着替えて、斜面を滑り落ちるように下りて行きました(笑)。
午後4時過ぎ、車に戻った頃にはみんなびしょ濡れ、靴は泥まみれ。寒いしお腹空いて死にそう。

パロ市内に戻って、ご飯にありついたのは5時近くでした。

雨が降ったのは残念だったけれど、本当に良い一日だった!
また行きたいな…。

IMG_5751.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/100-f14bd1ee

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。