Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独と付き合う方法

Long time no see!!

すーっかりブログを放置してしまいました。。
8月は波瀾万丈というか、いろーんなことが起こり…
とても落ち着いて文章を書く余裕を持てないまま出国の日を迎え、
アメリカに戻って来て早くも2週間が過ぎ去ろうとしています。

ブータンの生活記はまた別の機会に書くとして。

今朝、日本でALTとして働いているアメリカ人の友達とチャットをしているとき、
彼女がこんなことをつぶやきました。

"I feel like I don't have a right to complain sometimes about being lonely and etc as it was my
choice to come here, but, still...."
(寂しいとかって泣き言を言う権利ないよね、ここ[日本]に来ると決めたのは自分なんだから…。それでも…。)

海外に住んでいると、というより、「外国人」でいることに必ずついて回る、孤独感、疎外感。

周りに人がいないからじゃない。友達がいないからじゃない。
どんなに周りにサポートしてくれる人がいても、
本当に価値観を共有できる人がいないから。
違いを乗り越えて深くつながれる人がいないから。
楽しいときだけじゃなくて、辛くて寂しくてしょうがないとき、
自分が一番みじめな気持ちになってるとき、
その気持ちを察して、分かち合って、そばにいてくれる人がいないから。
家族が遠くて、友達が遠のいていって、
ネットはつながらないし、あっちは夜中だし、
ようやくつながったと思っても、いったい何をどこから話したらいいのかわからない。
自分が経験している痛みを、いったいどんな言葉で表現したらいいのかわからない。
そもそも海外に来ると決めたのは自分なのに、わかってたことなのに、
何泣き言言ってるんだろう私、かっこ悪。
誰も何もできないってわかってる。
自分でどうにかするしかないってわかってる。

そんな、モノローグをいったいこれまで何度頭の中で繰り返しただろう。

今回のブータン滞在中も、通過儀礼みたいに(というかきっとそうだと思う)
どーんと寂しさに襲われた期間がありました。
携帯にはブータンでできた知り合いの番号が50くらい登録されていたけれど、
電話しようとは思えなかったし、誰かと会ってみても寂しさは募る一方だった。

そんなとき、だったかどんなときだったか、
行きつけのカフェに置いてあったダライラマの本を手に取ってみるとこんなことが書かれていました。
原文は覚えていませんが、受け取ったメッセージは次のようなもの。

***
孤独を乗り越える方法は、誰かのために何かをすること。
他の誰かを幸せにしようと自分が動くとき、自分の中の孤独が消える。

寂しさに心が支配されているときは、自分のことしか考えていないとき。
他人を思いやるとき、誰かの喜びを分かち合うとき、そうして心が満たされるとき、孤独の入る隙はなくなる。
***

はー。
なるほどなー。と思いました。
確かに、寂しくてしょうがないときって、自分のことで頭がいっぱい、
まるっきり自分のことしか考えてないとき(それも悲観的に)のような気がする。
孤独について考えれば考えるほど、手に負えないほどに増大していく。
周りのようすも見えなければ、自分を思ってくれている人がいることすら忘れてしまう。
差し伸べられた手を払いのけてしまうくらいに。

そのことを学んでから、なるべく、意識を自分の外におくようにしてみました。
幸運なことに、今回のインターンシップは教える仕事が主だったので、
そこで関わる人たちに自分ができることに意識を集中して全力を注ぐと、
心の中にぽっかり空いた穴は、少しずつ、優しい気持ちで満たされていったように思います。
単に気を紛らわすんじゃなくて、与えた愛が自分に返ってくるというような。

完全になくなるわけじゃない。
けれど、もうモンスターみたいに私を襲ったりしない。
孤独は、なくすことが目的なのではなく、上手に付き合えるようになることが目的だと思うのです。
愛すべき自分自身の大切な一部として。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/106-1ffd08f9

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。