Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の友達

「留学中、日本人同士で固まっているのは良くない」とか、「留学するなら日本人が少ないところがいい」というアドバイスをよく耳にします。

確かに日本語ばかり話していては英語は上達しないし、日本人同士でつるんでばかりいるとアメリカ人や他の国の友達ができづらい、というのも一理あります。

けどそれは、「日本人の友達を作ってはいけない」と言うのとは違います。
むしろ留学先では日本人の友達を積極的に作るべき、と私は思うのです。

特にカルチャーショックやホームシックを経験しているとき、
想像以上に大きく立ちはだかる言語の壁に苦しんでいるとき、
和食が恋しくなるとき、
一緒にジャパレスに行って「こんなの和食じゃないよね」と文句を言いながらサッポロビールで乾杯してアメリカ人の悪口を言う…じゃなかった、海外生活の楽しさや辛さを分かち合える友達の存在は、
留学生活の質を完全に変えてしまうほど大きなもので、大切なものだと思います。

振り返ってみると私の留学先には必ず私を支えてくれた日本人の友達の存在がありました。
高校生の時、カナダに2ヶ月留学した時も、
アメリカの大学に入学した時も。
あのとき一緒に留学した仲間がいなかったら、私はとっくにあきらめて日本に帰っていたかもしれません。

「日本人の友達は作らない方が良い気がして」日本人から距離を置く人もいますが、
アメリカ人だから友達になろう、
日本人だから友達にならないでおこう、etc、
そんな風に国籍で付き合う人を選ぶこと自体、なんだかおかしな話。
もったいないなあ、と思ってしまいます。

その(差別)意識を取り払ったらきっと、
アメリカ人とも日本人とも友達になれるじゃないかな。
そんな気がします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/107-5789a745

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。