Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人としての居場所

「日本人」としてのアイデンティティがどれほど重要かというのは人それぞれで、それも留学生活・海外生活の中で少しずつ形を変えてゆくものだと思います。
私自身、「日本人」でいることの意味をすごく意識して悩んだ時期もあれば、全く気にしない時もありました。
けれどこれまでの大学生活を振り返ってみると、「日本人として」いられる居場所を常に確保することは私にとって大切なことだったような気がします。

入学当初から、日本語のチューター、Japanese Language Fellow、
Japanese Language Mentor...と、ポジションの名前は変われど日本語を教えたり日本に関するイベントを企画したりする役目を毎年必ず引き受けてきました。
理由は、留学生である私が大学に貢献できる数少ない機会の一つだと考えたから。
それに、日本人としての責任のようなものを感じたから。
さらに、お金が必要だったから(笑)。
もうひとつの理由は、
アメリカの大学で「アメリカの文化」「アメリカ人」が中心を占める中で、
英語が中心を占める中で、
日本の文化を前面に持って来て、日本語を話して、日本人として堂々としていられる場所、
peripheryじゃなくてcenter、
followerじゃなくてsourceになれる場所、
そういうスペースを自分に確保するため。だったのではないかと。

それから「日本人」にこだわらなくても、留学生という立場からの視点で意見を求められるときには、なるべくそれに答えるようにしてきました。
大学のポリシーに関してや、ライティングを含む課題について、それから新しいESLの教員志望者のインタビューなど。

4年目の今では留学生である(他の学生と違う)という自意識はほとんどなくなりましたが、
それでも、自分がこの大学の一員であって、それは他の学生以上でも以下でもない、ということを感じられる何らかの役割を持つことは留学生活で今でも大切にしていることです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/108-00934786

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。