Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"I'm awesome"

アメリカに来て戸惑ったこと。

他人の褒め言葉を素直に受け容れる、というのと、
それから自分で自分を褒める、ということ。
褒める、とか、自分の能力を自分で評価するということ。

だって私は日本にいる間、誰かに褒められる度に、そんなことないです、と否定する習慣を身につけていたし、
自分で自分を売り込むようなこと苦痛でしかたがなかったのです。
自分で自分のことを良く言うアメリカ人の友達を見て、少なからずカルチャーショックを受けたのも事実です。

例えば1、2年のとき、ルームメイトに今日の試験どうだった?と聞いたりすると、
I did really well!なんて言葉が返ってきて少なからず違和感を感じたり。
自分で "I'm doing well" と言うことは何だかタブーのような気がしていたのです。
"I'm good at . . . " とか。

でも当然、数年も経てばそういう文化にも慣れてくるもので、
この前シンポジウムでプレゼンした後も、何人もの人にどうだった?と聞かれる度に
It went well, 大成功だったよ、と何の抵抗もなしに言えた私は、Americanizeしてるんだろうかという疑問がふと頭をよぎったりします。

謙虚さはどこへ?

でも自分ががんばったこと、達成したこと、挑戦、進歩、全部ちゃんと自分が認めてあげることって、留学してるしてないに関係なくすごく大事なことなんだなと、今年に入って思うようになりました。

大変なことが多かったから、その分、小さな成功の一つ一つを自分で認めてあげることの大切さを学んだのかもしれません。
誰も認めてくれなかったとしても、スポットライドを浴びないとしても。

もちろん改善の余地がないわけじゃない。もっともっと良くなれる。
でも今の自分ができる範囲でよくがんばった。
それで、後ろを振り返ってみて、半年前、1年前の私には、挑戦することすら叶わなかったことに気づく。
大丈夫、ちゃんと前進してる。
よしよし。よくやった自分、Go me! I'm awesome.
そう自分に言ってあげること。

それは、arrogant、傲慢さとは違うんだと。

***

今学期、地元の高校で一緒にクラスを教えている子とは、クラスやワークショップが一つ終わる度に、お互いの良かった点を伝え合うことにしています。それで、たいてい次のような会話が交わされます。

"You did an excellent job!"
"Thank you, so did you!"
"We are awesome."
"We totally are."

***

だめだ、できない、私には無理、
アメリカに来たばかりのときはそんな言葉ばかり自分にかけていた気がします。

できないことばかりに目がいくのです。
テストで良い点をとっても、エッセーがAで返って来ても、
総合的に見てプラマイゼロかマイナス、みたいな。
不安でしかたがなくて、成功を紙くずみたいにくしゃくしゃにして捨ててしまう。

でも今は、たとえうまくいかなかったとしても、できないと思ったことに挑戦する度に自分をめいっぱい褒めてご褒美をあげることにしています(笑)。ついでにFacebookの家族専用ページに自慢話を書き込みます。家族以外に見られるわけでもないんだし?
そういう、はけ口(悪い感情じゃなくて、look at me I rock!!という方の)を確保するのも大切。

"I want you to see how amazing you are in this very moment. I want you to take in your milestones right now, instead of the miles between you and your ever-changing goals.
I want you to look in your rearview mirror and take in how far you’ve come, in everything. If you do not cultivate this voice of conscious self-appreciation, the voice of despondency and discounting spawns more pain and miles to go."
(Tama Kieves)


卒業まで2ヶ月を切りました。
帰国までカウントダウン。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-02 07:11 | # | [ 編集 ]

Re: No title

古川さん

はじめまして。コメントどうもありがとうございます^^ 
15期生ということは、今は大学生?近いうちに会ってお話できたらいいですね。ハリーポッターのこととか…笑
これからも良ければブログ見に来て下さい^^
2013-11-02 13:15 | Sumire #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/109-91c4a048

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。