Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業&帰国

とうとうこのときが来てしまったか…。

9月頃までは「I'm done」と思っていつでもさらっと卒業できそうな心境だったのに…。
この一学期でこの大学への愛情がずいぶんと深まりました。
どうしよう、離れたくないよう。

12月卒業は何のセレモニーもなく卒業証書もなく、あっけない。(証書は5月に送られてきます。)
入学も卒業も時期がずれたけど、まあいっか。

早く卒業する vs. 一学期伸ばして卒論を書く。
7、8割の人に早く卒業しちゃいなよと言われた。
2、3割の人にはどっちでも良いから好きな方にしたらと言われた。

残るという決断をして良かった。


defense.jpg
↑ 卒論のdefenseのようす

defense2.jpg
↑ "Congratulations, you passed!" 卒論committeeの教授3人と。


卒業を前にして、いろいろ、今までお世話になった教授などに挨拶に行ってお話をすると、
あ、この人、私のこんなところを見ていてくれたんだ、と嬉しい驚きがあったりする。

英語のクラスで「A」をもらったペーパーを書き直して再提出したことだとか(そんな学生には今まで一度も出会ったことがないらしい)。
人類学のクラスで書いたペーパーがどんなスタイルで書かれていたかだとか。
どんな姿勢でキャンパスの仕事に取り組んできたかとか。

もう4年近く前の話、私が一年生のときのことなのに。
そんなことまで覚えてくれてたの、と思うようなこと。
ああ、ちゃんと見ててくれた人がいたんだ。
たくさんいる生徒の中の一人で、たくさんあるペーパーの中の一つで、
私の書くことなんて取るに足らないものだと思ってたけど、
努力を見ててくれた人がいたんだ。こんなに。

大学に戻りたくないとか、授業に行きたくないとか、
思ったこともたくさんあったけど、
なんだかんだ言って私本当にこの場所が好きだったんだな。
寂しくなるな。
しんみり。


留学には一区切りつきますが、外国語の勉強も、旅も、これからも一生続ける予定なので、
ブログも続けていこうと思います。

次は、どこに向かおうかな。

スポンサーサイト

コメント

ようがんばったねほんとに!悔いなく過ごせて卒業できたなら良かった!
2013-12-16 02:47 | eri #2AKx.Wsc | URL [ 編集 ]

卒業おめでとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
2013-12-19 02:57 | yu furukawa #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/110-96458803

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。