Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子大に行く意義

"It is not a girls' school without men but it is a women's college without boys."

女子大に行っている、という話をすると、
「なんで今の時代に性別で入学を分ける必要があるの?女子大が存在する意味がそもそもわからないしそこに行く人の気が知れない。」

そんなコメントを、入学前から卒業後まで、今までたくさんの人にいただきました。

なんで女子大を選んだの?という質問は、受験を検討中の高校生から新入生、他の大学の学生やインターン先の上司にまで、頻繁にきかれます。

自分の母校に存在価値がないと思ってほしくありませんし(笑)、今日は女子大の意義について、今思うことを書きます。

と言っても、出願時・入学前から女子大へ行く意味をわかっていたわけでは全然ありませんでした。女子大に対する考えは、この4年間で大きく変わっていき、少しずつ自分なりの意味を見いだしました。クラスメートの中でも、考えは本当に人それぞれです。

***

なぜ女子大に出願したか、という話からすると、二つ理由があげられます。

一つは、初めてアメリカの大学見学をしたときに、Wellesley College(ヒラリー・クリントンの出身大学)を訪れたこと。
かなりの名門大学で、自分がその大学に行くことは想像すらできなかったのですが、印象はとても良かったので、こんな大学に行けたらな〜と思ったのです。
それまでは、共学しか頭になかった(というか共学も女子大も考えたことがなかった)のですが、
そのとき初めて、女子大という選択肢があることを知りました。

二つ目は、大学に合格するための戦略的な手段。
女子大となると、出願者・入学希望者が、共学と比べてとっても少なくなるんです。それは、男子が出願できないからというだけでなく、女子でも希望する人が多くないから。
ようするに、合格する確率が高くなるんです。

アメリカの大学にもランキングがあるのですが、アイビーリーグを含め、"Highly Selective" とか "Highly Competitive" と言われる、いわゆる最難関校に挑戦する場合、倍率が共学だと100分の1くらい、女子大だと10分の1、という感じ(統計を見た訳ではないので、あくまでも感覚的な話)。
学問的なレベルが同じなら、競争率が低い方を選ぶのは理にかなっていると思いませんか?

結果、出願した7校(女子大2校)のうち、一番名門校で(笑)、かつ資金援助が一番多かった今の大学を選びました。
なので、女子大の歴史的な意義だったり、政治的な意味は全く頭になく、戦略的に、策略的に女子大を選んだのです。
あとは、華やかなイメージとか、キャンパスと寮の中がキレイとか、男性にモテそうとか(笑)。

***

卒業した今では、女子大を選んでよかったな、と心から思います。
仮に共学に行っていたら、それはそれで、充実した大学生活を送ったことに違いはないのですが、
女子大に行ったから何かを miss out した、在学中にするべき経験を逃してしまったとは思っていません。
むしろ、女子大に行ったからこそ得たものがとても大きいんです。

その得たものを、言葉で説明をするのがとても難しいのですが、
別の女子大を卒業した友達(アメリカ)の言葉を借りるなら、「女性としての自分自身と前よりうまく付き合えるようになった」ということに尽きるのかなと。

女性というジェンダーをまとって社会の中で生きる難しさと課題を以前より理解して、その中を進んでいくための戦略と、自信を培った、ということかもしれません。
ううん、単に「女性」であるだけじゃなく、自分の「リーダー」としての能力を認められるようになること。
他の女性を、「リーダー」として認められること。
男性のようになろうとするのではなくて、もっと女性らしくなろうと社会に求められた型に自分をはめこもうとするのでもなくて、自分らしくいて、自分らしいリーダーシップのあり方を模索する勇気。
そして、これからもお互いを支え合える女性リーダーのコミュニティネットワーク。

そういうものを、この大学で得たのです。
それは何にも替えられません。

***

以前こんな統計を耳にしました。
アメリカ国内の大学の中で、女子大の割合はたったの2%。
けれど、女性議員の20%以上、そして企業でリーダーとして活躍する女性の30%以上が女子大の出身なのだとか。

女子大の数は年々減っていますが、まだまだ女子大の果たす役割は大きいのではないかと私は思います。


参考:What's in a Women's College?
http://www.forbes.com/sites/rachelhennessey/2013/02/06/whats-in-a-womens-college/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/112-f5dea4eb

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。