Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分に合った」勉強法って何?

英語(外国語)を勉強しよう、と思い立ち本屋に行くと、その種類の多さに圧倒されます。
インターネットでも情報が氾濫し、中には「30日間でペラペラになる」などどう見ても怪しい"教材"が高額で売られていたり…。(でもちょっと惹かれる自分がいて試してみようかなと思ったり…。)

勉強法に関してもメソッドは様々で、
「とにかく聞いて覚える!」
「まずはたくさん読むことが大切!!」
「書くことが上達への近道!!!」
「文法が一番大事!!!!」
云々…

いったい何を信じれば良いのかわからないし、どれをやっても続かない、なんてことないですか?

私は、「どれも正しい」し「同じ勉強法を長く続ける必要はない」と思っています。
理由は後にして、まず、「自分に合った」勉強法を見つける(見分ける)ための、私なりの基準を書いてみます。


1. 目か耳か感覚か

あなたは Visual learner? Auditory learner? それとも Tactile (Kinesthetic) learner?
何か新しい言葉を覚えたり、コンセプトを理解しようとする時、次の中でどれが一番強く記憶に残りますか?

A) 目で見た情報(イメージ、図表、アニメーション、スペリング)
B) 耳から入った情報(音声、音楽、レクチャー、発音)
C) 体や感覚を通して得た情報(ロールプレイ、シミュレーション、創作活動、ジェスチャー)

Aと答えたあなたは "Visual learner"。視覚による情報が理解を助けます。
外国語の学習に活かすには、例えば同じ英語講座でもラジオ講座を聞くよりテレビ番組を見る方が向いていると言えます。それから、文法書や辞書でも、「単語の持つイメージ」をグラフやイラストで表示しているものを選ぶといいと思います。

Bと答えたあなたは "Auditory learner"。聞いたり話したこと、つまり言語を通しての情報が理解を助けます。なので、一番理論型かもしれません。
積極的に「聞く」ことを勉強に取り入れるといいと思います。音楽を聞いたり、オーディオブックもおススメです。それから、ひとつひとつの言葉や文法のつくりを頭で理解するようにした方が、ひたすら何も考えずに暗記しようとするより、効果的かもしれません。

Cと答えたあなたは "Tactile (Kinesthestic) learner"。体験型。習うより慣れろ。体で覚えることが得意なタイプです。
とりあえず留学しちゃうのも一つの手です。それから、たぶん、一人で机に向かって勉強するより、学校で仲間とロールプレイをしながら学ぶ方が向いている、ような気がします。外国語を使って「何かを作る」というのもいいと思います。

(人が学習するパターンは上の3つのどれかに分類されるそうです。もちろん賛否両論ありますが。)

私はどのタイプかというと、ぶっちゃけ「全部」なのですが…。
どうしても順序を付けるならたぶん、語学学習においては、Auditory→Visual→Tactile となります。

Auditory が優先なので、単に「記憶する」(例えば、単語のスペルと意味を覚える)というだけなら、発音を聞いて音を記憶できれば、ある程度の期間は覚えていられます。意味を忘れたとしても音を忘れることはまずありません。でも、Visual はそれより劣るので、「見る」だけ(例えば、その単語が入った文を読み、辞書を引く)では2分後には忘れてます。
なので私は、例えば参考書を買うときはなるべくCD付きのものを選びます。例文を読み上げて収録してあるだけのCDでも、ないよりもあった方が、記憶に残りやすくなるからです。

でもその単語を自由に「使える」(聞いたり読んだ時に認識して意味がわかるだけじゃなく、自分が書いたり話す時に使いこなせる)というレベルまで持ってくるためには、私は Auditory・Visual・Tactile のどれが欠けてもだめなのです。その情報が全て揃うまでは使えるようにならないので、困ったものです。

ステップ1: 発音を覚える。文の中で、他の単語とつながった時にどんな風に聞こえるかもわかる。語源や単語の作りを理解する。
ステップ2: 単語のイメージを頭に描く。"black" なら黒い色、"rectangular" なら長方形、"splash" なら人魚が海に飛び込むときの水飛沫が上がるようす、など。
ステップ3: 10種類くらいの全く違う文脈で、その単語が使われている文章を読んだり会話を聞いたりする。そして自分でもその単語を使ってみる。

まあ、逆に言えば、ここまでして忘れろという方が難しいでしょう。
何だか長くなってきたので続きは明日にしますね。「自分に合った勉強法」を見つける旅はまだ続きます。

○●○今日のまとめ○●○
Visual / Auditory / Tactile learner のうち、自分がどのタイプなのかを意識してみてください。
何となくでも傾向がわかれば、それを活かせる勉強法を選ぶと効果的です。

(参考:Get Ready for Biology by Lori K. Garrett)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/16-1901dbce

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。