Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分に合った」勉強法 続き。

「自分に合った」勉強法を見つける・見分ける。

昨日は自分の learning style を活かすという話を書きましたが、今日はその他のポイントについて私が思うことを書いてみます。

***

2. 自分が伸ばしたい技能は何かを考える

「聞く」「話す」「読む」「書く」という、言語の4技能のうち、あなたはどこを伸ばしたいですか?
もちろんこの4つは密接に関係しているので、どれか一つだけやっていればその技能が伸びるというわけでもないのですが…。
自分が伸ばしたい分野がわかっていれば、それに見合った勉強法があると思うのです。
自分の現在のレベルと、辿り着きたいレベルがわかれば、何が足りないのか見えてきます。

漠然と「英語ができるようになりたい」と思っているだけだとしたら、勉強法がわからないのも当たり前。
英語を使って何をしたいのか、または英語に関する知識をつけたいのか、目標がはっきりすればそのための道筋もはっきりしてきます。

なんて偉そうなこと言ってますが、私の夢も、本当に漠然としたところから始まりました。
このブログを読んだ友達に、
『中学生の時から目的をしっかり意識して、理解して勉強してたんだろうね。』
というコメントをいただきましたが、全然そんなことはなく…。
「とりあえずこのワークをやろう」
「とりあえずこのラジオプログラムをやってみよう」
「そろそろ英検でも受けてみようかな」
という感じで、のらりくらりとその場しのぎで勉強してきたのです。

漠然と、高校生のうちに「英語ができるようになりたい」と思っていました。
でもそれが何を意味するのかわからず、自分にとってわかりやすい「英検1級」という目標を立てました。
1級が取れれば、それなりにしゃべったり読んだりできるのかな、と思ったので。
そのために、まずは2級。
「2級を取るためには、語彙と長文がまだ弱いな…」と自己分析し、「読む」に焦点をあてて弱点を強化していきました。
って、別にそこまで戦略的に勉強してたわけではないのですが。
「次の目的地」が見えていれば必ず辿り着けます。

***

3. 目的を手段に取り入れる

試験勉強は対策も立てやすいですが、それ以外の目標の場合はもう少し複雑ですね。
「話せるようになりたい」
「字幕なしで映画が見られるようになりたい」
など。英語を勉強する理由を伺うとよく耳にする答えです。
その目標を達成するにはどうしたらいいのでしょう?

私が思うのは、「英語ができるようになってから」話したり、映画を見たり、自分がしたいことをするのではなくて、「自分がしたいことをしながら」英語を勉強すればいいのではないか、ということ。

趣味を手段に取り入れると言い換えてもいいです。

例えば「字幕なしで映画が見られるようになりたい」という人がいたら、
自分が好きな映画を、まず日本語字幕で見て、その後英語字幕で見て、最後に字幕なしで見てみるとか。
そうする時に、気に入ったフレーズを書き留めていったり、わからない言葉を調べてみるとか。
映画のセリフを集めた本を買って文法やイディオムの解説を読むとか。
とにかく好きなジャンルの映画を見ながら勉強していれば、全く関係のない語彙や文法や英検のリスニングの勉強を続けているより、ずっと早く「字幕なしで映画」の夢に近づくと思うのです。
しかもその方が絶対に、楽しい。

英語を使って自分が何をしたいのかわかったら、今すぐにそれをすればいい。
私は「いつか読めるようになりたい」と思っていたハリーポッターの原作を、中学生の時からいつも持ち歩き、授業の合間などに取り出しては眺めていました。章のタイトルさえまともに読めなかったにも関わらず、です。
もれなく変人扱いされるようになりましたが…。

***

最後に、適度に続け、効果を出すコツについて、ちょっとだけ。

☆手段を目的化しない

あなたが文法の本や単語帳を出版したいのではない限り、勉強の目的は「英語が話せる(読める、etc.)」ようになることであって、「文法ノートを作」ったり「単語帳を作る」ことではないと思います。
でも気づいたら、英語を勉強する「手段」の方ばかりに気を取られて、肝心の「目的」を忘れていませんか?
大事なのは「何が頭に入ったか」ということのみだと思います。

だから、「どれをやっても続かない」としても、それでいいと思うんです。
目的は必ずしも「一つの勉強法を長く続ける」ことではないでしょうし、自分の目標に近づく道は一つではないのですから。


☆レベルや目標が変われば勉強法も変わってくる

英検2級と準1級では勉強のしかたが違うし、TOEICと英検でも違うし、英作文とリスニングも違う。
昨日と今日では気分も違う。笑
だから心変わりはむしろ良いことだと思います (*^^*)

他人が勧める勉強法は、あくまでもその人にとって相性の良い勉強法なので、自分でいろいろ試して、自分にとって成果があることを続ければいいと思います。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-02-15 09:11 | # | [ 編集 ]

Re: No title

読んでくださってたんですね☆これからもこのペースを保てるようがんばります!
2012-02-15 09:42 | Sumire #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/17-329687bc

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。