Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥で感じる英文法



前にNHKで「ハートで感じる英文法」という番組をやっていましたがご存知ですか?
大西先生とDr. McVayの英文法についての説明が斬新でわかりやすく、時間があるときに見ていました。

その二人の著書である『ネイティヴの感覚がわかる英文法』(Nova Books, 2001年)、普通の文法書とは一線を画しています。

日本語にはない冠詞(a/an/the)の概念や、"some" の使い方の説明は、私が英文を書く時にとっても役に立っていますし、それぞれの前置詞の持つイメージは今でも効果音付きで頭に焼き付いてます。

それから、「過去形は距離をつくる」という説明にも納得。
何で、"Can you ~~?" よりも "Could you ~~?" の方が丁寧なのか。
何で、現実と反する仮定で "If I had time…" と過去形を使うのか。
これを読んでわかるようになりました。何だ、日本語も英語も同じじゃん^^

イラストが多いので、特に visual learner の方におススメです。(前々回?参照)

ぜひお試しあれ♡
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/19-e4c1f20c

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。