Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の話。

どこも経済危機&財政難で資金援助もだんだん減っていっているようですが、
大学の授業料が世界一高い(たぶん)アメリカも、奨学金が得られれば日本の私立大へ行くのと金額的にそう変わりません。

授業料・資金援助に関して、留学生に対する扱いは大学によって様々。

税金を払っていないので、国内の学生より高い授業料を払わなければならず、資金援助も一切なしというところもあれば、
合格すれば自動的に留学生全員に一定の奨学金($3000—$5000くらい)を出すところ、
成績と必要性に応じて数名の学生だけ授業料免除にするところ、
などなど。

一般的には、もともとの授業料が高い私立大学の方が、資金援助も多い気がします。
私の大学も、授業料と寮費を100%払っているのは3割ほどで、残り7割は、程度は違っても資金援助を受けています。(年間500万フルで払える人が3割もいる方がびっくりなんだけど。。。)

授業料の高さを懸念して出願をあきらめる人もいますが、奨学金をもらう学生の割合を見れば考えが変わるかも。TIMEにもこんな記事が出てました。


奨学金の種類は大きく分けて "merit-based"(成績やスポーツの実績に応じて与えられる)と "need-based"(必要に応じて、つまり家の財政状況に応じて与えられる)があります。

さらに、
● Grant:返さなくて良い
● Loan:卒業後に返済
● Work-study:大学でバイトできる(これがないと留学生は合法的に働けない)
の3種類あり、そのうち一つだけか、または二つ以上を組み合わせて "financial aid package" として与えられます。

期間も、一学期だけの場合もあり、一定の成績を保てば4年間ずっともらえる場合もあります。


入学時から奨学金をもらうには、願書を出す時に「奨学金を申し込む(Apply for financial aid / scholarship)」という欄にチェックを入れて、合否の結果に関係なく、所定の申請書類や財政証明を送ります。
締め切りは出願期限と同じか少し後。

Need-based の奨学金を申し込む場合、求められる情報は、貯金や給料の金額だけではありません。
一年の用途別支出額、持ち家・車・株など資産の合計額、ローンの返済状況、家族構成、自営の場合は会社の原資、雇用者数、現在の査定額、などかなり細かい個人情報と証明書類を求められます。

準備は大変ですが、その後4年間の授業料が免除になるなら何のその。


私の資金援助パッケージはこのような内容です ↓ ご参考までに。
最初の授業料の金額に意味がないことがよくわかると思います(笑)

一年間の授業料+寮費$53,596
返済義務なしの奨学金$37,696
返済義務ありの奨学金$4,500
キャンパスでのバイト$2,100
実際に支払う金額$9,300


ちなみにこの「$9,300」という数字がどこから来たかというと、奨学金の申請時に「この金額なら払えます」と自己申告した金額。

あまり低い金額にして不合格になったら嫌だと思ってぎりぎりの額を書いたのですが、こんなことならもっと低い数字を書いておけばよかった!笑


ともかく、私が今の大学に通えるのは資金援助のおかげ。
ありがたや…><

何かの参考になれば幸いです。


スポンサーサイト

コメント

大学うを決めるまでも大変だったけど、と言ってもこれは本人が決めること。でもこれまで家計簿付けっぱなしだったので、このとき初めて決算したよ(苦笑)会社のことやいろんな証明書など、揃えるのは結構大変だったね!
2012-05-10 20:42 | mama #- | URL [ 編集 ]

あと15年早ければ参考になりました。笑

でも、実際の問題、お金は現実の話だから今後の人たちの為になりますね
具体的な数字があるのがリアル、、、(^-^)v
2012-05-10 22:53 | ys #- | URL [ 編集 ]

Re: No title

> mama
あのとき初めてうちの経済状況を知ったよ(笑)
ほんとに出願の際はいろいろご迷惑ご心配をおかけしました…今でもだけど!

2012-05-11 18:10 | Sumire #- | URL [ 編集 ]

Re: No title

> ysさん
きっと15年前は事情がまた違ったと思いますよ!
そして私も、出願がもし1年遅かったらアメリカにはいなかった(行けなかった)気がします。
日本政府にももう少し個人の留学の援助をしてほしいですね…
2012-05-11 18:17 | Sumire #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/41-a627cb0c

まとめtyaiました【お金の話。】

どこも経済危機&財政難で資金援助もだんだん減っていっているようですが、大学の授業料が世界一高い(たぶん)アメリカも、奨学金が得られれば日本の私立大へ行くのと金額的にそう変
2012-05-12 08:04 | まとめwoネタ速neo

-

管理人の承認後に表示されます
2014-04-21 12:39 |

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。