Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の「頭の中」

母国語は日本語で、スペイン語専攻で、今は韓国語を学んでいて云々、という話をすると、
「頭の中どうなってるの?」
とか、
「いつも何語で考えてるの?」
などと聞かれることが多々あります。

「考える」って無意識的に行うことが多いし目に見えないので、何語かということも普段は特に意識しないのですが…。
あまりにも頻繁に聞かれるので、しばらく、自分の「考える」という行為を意識して観察してみました。


その前に「頭の中がどうなっているか」という話を。
あ、ちなみに今日の話題は全くもって現実に役に立たないので、最初にそう断っておきます。

感覚的な話ですが、英語を勉強し始めたときからずっと、頭の中に言語の「部屋」というイメージがあります。視覚的というよりは感触的なイメージで。

英語を勉強して、ある程度身に付くと、頭の中に「英語の部屋」ができて、英語の文法や語彙などの情報は全部その部屋に収納される。

フランス語を勉強し始めたとき、日本語・英語の他に、「その他外国語」という部屋ができて、そこにフランス語の情報が収納される。

その後も他の外国語を勉強するたび「その他外国語」にいったん収納され、ある程度自由に操れるようになると自分の部屋が確立される。ちなみに自分の部屋が確立されないとその言語へのアクセスに時間がかかるので言語間の切り替えもスムーズにいかない。しばらく使用されないと部屋ごと退化するか他の部屋に吸収合併される。

チリ留学を経て「スペイン語の部屋」を、韓国滞在中に「韓国語の部屋」を建設。

なので今私の頭の中には、大きい順に、「英語の部屋」「スペイン語の部屋」「韓国語の部屋(建設中)」そして「その他外国語(フランス語、中国語、その他ランダムな情報)」があります。


***


ここから本題、「思考の言語」について。


結論その1:日本語は無意識の言語、英語は意識の言語。

生活に密接した、反射的な思考…「コーヒーこぼしちゃった」とか「授業の後パン買いに行こう」とか、そういうのは全部日本語です。自分との会話はほとんど日本語。
無意識・反射的・受動的な思考はほぼ100パーセント日本語。

留学生活が長くなるにつれて英語が無意識の分野に進出し始めていますが、
英語は基本的には「意識の言語」で、英語のインプットに対しては英語で考える、という感じです。
例えば英語で書かなければいけないエッセイがあるとき、そのエッセイについてアイディアを出したり下書きを書いたりするときは英語。
なので大学で勉強しているときの思考はたいてい英語。

そう考えると、狭義の「考える」ということの大部分を私は英語でおこなっているのかもしれません…。
「思う」のは日本語で、「考える」のは英語、とも言えるかも。
日本語は感情・感覚に一番近く、英語は理性と分析に一番近い。

他の言語はもっと使用時期が特化されていて(?)、
スペイン語で書かなきゃいけないエッセイやメールを考える時はスペイン語、
韓国語はまだ思考できるレベルに至っていなく、日本語で考えて韓国語に訳しています。



結論その2:常に複数の言語間を行き来している。

「英語で考える」と言っても100パーセント英語で考えるわけではありません。
知らない単語はまだまだたくさんあるし、その度に和英辞典を使っています。辞書を開かない日は一日もないのです。

スペイン語を学ぶことによって、英語がスペイン語の思考に影響されるということもあります。
英語を話していて、「これはスペイン語の表現の直訳だ」と気付き言い直すことも。その反対もあります。

さらに、「日本語で考える」というのも100パーセント日本語でおこなっているわけではないのです。
特に大学の授業で習ったコンセプトを日本語で説明しようとすると、単語もわからないし、うまくまとまらない。
アカデミックな内容に限らず、時々、自分が話す日本語が、英語の翻訳なんじゃないかと思うことがあります。

あまり良い例ではないですが、例えば…。
日本人の友達に、友達を紹介されて初めて会ったとき、私は「会えて嬉しいです」と言って、
「そんなこと日本語で言わなくない?」と後で友達につっこまれてしまいました。
その表現って日本語として不自然?思考回路に組み込まれた "Nice to meet you" の翻訳?
その区別がもう、つかないんです。

なので頭の中に英語の音が流れていても思考回路はスペイン語かもしれない。日本語で考えているつもりでも英語の論理の中にいるのかもしれない。


授業のノートや日記など個人的なものは、複数の言語が常に入り交じっています。日記は特に「考える」と「書く」が同時進行でおこなわれるので、思考の軌跡が一目瞭然です。

なぜ複数の言語が入り交じるかというと、ひとつは、先に頭に浮かんだものを使うからです。便利だからで、時間の節約。

もうひとつは、できるだけ翻訳をしないで、「元の考えに一番近い」言葉を使いたいから。
辞書の上では同等と位置づけられている単語ひとつとっても、言語が変わると私にとって意味が変わってしまうのです。

どういうことかと言うと、例えば、
"I miss you" "Te echo de menos" "恋しい" "보고싶어" …
これらの感情表現は辞書の上では「同じ意味」だとしても、どれも全く別の意味と響きを持っていて、決して意味が釣り合うことはないのです。

その時によってその時の気分で書くので、全部日本語だったり、英語とスペイン語が半々だったり、何か一つの単語や表現だけ違う言語だったり。
誰に見せるわけでもないので好き放題、不規則的で無秩序、それが私の思考の正体です。



結論その3:常に翻訳している。

これは厳密に言えば「話すとき」「書くとき」ですが、そういうときも頭は働いているので。
上に書いたように私の頭の中は常に複数の言語が共存しているので、コミュニケーションを取るときは相手に合わせて、そのときの共通言語に翻訳するという作業が避けられません。

程度は多かれ少なかれ、いつも頭の中で翻訳している自分がいるのです。



以上。私って「頭おかしい」のかな。笑


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/46-4f63f276

まとめtyaiました【私の「頭の中」】

母国語は日本語で、スペイン語専攻で、今は韓国語を学んでいて云々、という話をすると、「頭の中どうなってるの?」とか、「いつも何語で考えてるの?」などと聞かれることが多々あ...
2012-07-11 02:14 | まとめwoネタ速neo

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。