Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々・単語を覚える

「小さく区切って、単語の成り立ちを知る」ということについて、英単語を例にとってみます。

単語をどこで区切ってもいいかと言うとそういうわけではなくて、辞書を見ると親切に「・」で区切りが示されているのがわかると思いますが、その「意味の切れ目」で区切るということです。

たいがい、一つ一つのパーツの意味であったり、語源が載っています。
その意味のパーツごとに覚えると、単純に【英単語】=【日本語の訳語】として単語カードをめくりながら覚えるよりも、記憶に残りやすい上に、次に同じ語源やパーツを持つ単語に出会ったときに活かすことができます。
単語のネットワークを広げていく基盤ができるのです。

例えば…。何でもいいですが、"anthropology (人類学)" という単語は
【"anthropos (人間)" + "-logy (学問)"】という構造。
他に "anthropos" を語源に持つ単語は、「擬人化する」という意味の "anthropomorphize" があります。
これは【"anthropos" + "morphe (形態)" + "-ize (…化する)"】という構造。
"-logy (学問)" を含む単語は山ほどあります。【"psycho (心理)" + "-logy"】で "psychology (心理学)" とか。

一つの英単語は、一つの漢字だと思うとわかりやすいのではないでしょうか。
英単語の勉強は、昔、小学生や中学生の時にやった漢字の勉強とよく似ているなと思います。

漢字はパーツ(偏、つくり、冠、etc...)が組み合わさってできていて、その知識が少なからずあるからこそ何千もの漢字が覚えられたわけですよね。
英単語も異なった意味のパーツ(接頭語、接尾語、etc.)が組み合わさってできているので、その意味と法則性を知ると単語が「ひっかかり」やすくなるんです。
自分が持っている知識と結びつくからですよね。

覚えやすくなるのはもちろん、知らない単語の意味を推測することもできるようになってきます。

***

要するに、ひとつの単語とじっくり向き合うということです。
何か難しいことのように見えるかもしれませんが、辞書を引けば全て載っています。
語源に関する知識はひとつひとつの単語とそうやって向き合ううちに徐々に蓄積されるものだと思います。
それが結果的に、頭の中の単語のネットワークを広げることになる、んです。

でも、今まで見た市販の"出題頻度順英単語"という類いの単語帳にそういう情報(単語の成り立ち)が載っているのは見たことがありません。

辞書を引くその手間をかけるか、かけないか。
そこにある情報とどれだけ interact するか。
その小さな積み重ねが、後々大きな違いを生むはず!です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/64-2db30169

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。