Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正規留学 vs 交換留学

一昔前までは限られた一部の人にしか与えられない特権だった留学も、
今では誰でも手を伸ばせばつかむことのできるチャンス。
でも選択肢が広がったからこそ悩むこともある。

留学したいんです、という高校生と話すときよく聞かれる質問の一つが、
「4年行く(正規学部留学)のと1年行く(日本の大学に進学して、交換留学プログラムを利用する)のとどちらがいいか」というもの。

個人的な経験からは4年行くのを勧めたくなりますが、どちらの方がいいという絶対的な答えはありません。
人によって求めていることが違うでしょうから、当然、導き出す答えも違ってきます。

でも、経験する前から全てを予測できるわけではもちろんないし、
先入観や先生/両親の意見で決めてしまうよりは、
実際に留学した人の体験談(意見ではなくて)を聞いて、
最終的に自分で決めるということが大事なんじゃないかなと思います。
(そしてどちらを選んだとしても、その機会をどれだけ活かせるかというのは自分次第なのですから。)

***

私は「留学するなら正規留学」と最初から思っていたので、
「4年か1年か」ということについてはあまり深く悩むことはありませんでした。
一応、日本の大学のこともさらっと調べて、交換留学という選択肢もあるんだということは認識していましたが。

私が正規留学を選んだ主な理由は、

・北米の大学のシステムの方が自分に合う
・海外の方が飽きない(何が起こるか想像もつかない感じがいい)
・英語を完璧にしつつ他の外国語も勉強できる(※あくまでも当時の希望的観測)

…というようなことだったと思います。

中でも一番大きかったのはシステムの違い。
日本の大学は入学する前から学部と専攻を決めなければならなくて、学部の変更も編入も難しい(ですよね?)。
アメリカ(とカナダ)は教養課程でいろいろな分野の勉強を経てから専門課程に入るシステムで、
途中で専攻を変えることも、転校・編入も比較的簡単。

まだ何を勉強したいのかわからなくて、しかも気が変わりやすい私は、
北米の大学の方が自分に合うだろうなと思ったのです。
そしてそのシステムの恩恵を享受できるのは正規留学の方で、交換留学ではできなかった。

海外の大学は卒業が大変(=勉強が大変)だという話はよく聞いていましたが、むしろそういう環境の方が、
自分のしたい勉強に集中できていいだろうな、とも思いました。
(逆に日本の大学に行ったら勉強できないと思ってましたが、今考えると先入観に縛られていたんだとわかります。)

でも100%の確信と目的を持ってやってきたわけじゃない。
海外に行くことを考えることの方が、日本に留まることを想像するよりも、わくわくした。
究極的には、ただそれだけだったんです。
楽しそうだと思ったから。

渡米してからもうすぐ3年になりますが、じゃあ実際のところはどうか…という話はまた明日。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/65-cf225b75

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。