Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正規留学 vs 交換留学 その2

正規留学と交換留学、どちらがいいのかという疑問。
昨日の続きです。

アメリカに来てもうすぐ3年。

今自分が経験している学部留学というものに対して、今このとき感じることと、
人生のもっと後になってから感じることとでは、
きっと違うだろうと思います。いや、絶対に。

でも今私が感じていることを、できるだけ正直に書いてみます。
正規留学を選んで良かったと思うこと、辛いと思うこと。

***

ここに来て良かった① コミュニティの一員だと感じること

何と言うか、正々堂々といられる感じがいいです。
交換留学だとどうしても、仮住まい的な感じが否めないので。
この大学に属している、というか、この空間を一緒に構成しているという感覚?
大学や地域との関わりの深さが、もちろんその人の心がけ次第ですが、
期間が長い分、正規留学と交換留学ではその度合いが違ってくる気がします。
そしてこの大学の一員であることは、卒業してからも alumnae network(同窓会)で一生続く宝物です。



ここに来て良かった② 教授と築く関係

もうひとつ、私にとって絶対的な価値をもつものは、ここで出会って築いた教授との信頼関係です。
リサーチアシスタントやTA(ティーチングアシスタント)をしたり。
自宅に招かれてディナーをごちそうになったり^^
こういう関係は正規留学だから築けたのだと思います。



留学はここがつらいよ① お金が貯められない

これ切実な問題です。
キャンパスで働く許可を得たとしても、earning limit(収入の上限)があるのでお小遣い程度にしかなりません。
日本にいればバイトができますが、アメリカにいてはお金が出て行く一方です。
何にお金を使うかと言うと、日本とアメリカなどの往復交通費が一番大きいです。
(以前書きましたが、授業料と寮費は80%奨学金でカバーしています。)



留学はここがつらいよ② 行ったり来たり

4年間ずっと帰れないとそれも辛いでしょうが、数ヶ月おきにアメリカと日本を往復…というのも体力的・精神的に辛いものがあります。
一度帰国すると、もうアメリカに戻りたくなくなったり(笑)。



長くなってきたので続きは明日。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/66-57346d17

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。