Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正規留学 vs 交換留学 その3

正規留学と交換留学、どちらがいいか?という話。
昨日の続きです。

***

どちらともいえない① アメリカ中心

当たり前のことですが、アメリカの大学にいるということは、アメリカ視点で学問をするということですよね。少なくともある程度は。
そのことを忘れてたまに不満を感じたりすることがありました。
「何でアメリカの話ばっかり!」と(笑)。もちろんクラスによります。

私が所属する学部(スペイン語・ラテンアメリカ研究)も、南北アメリカの関係とアメリカにいるラテン系移民についての話が中心で、もし日本でラテンアメリカの勉強をしたらもっと日本との関係も勉強できたのかなと思います。
どちらが良いとか悪いというわけではなくて、視点やフォーカスが違うという話です。



どちらともいえない② 孤独と、それを超える意志

入学することは、卒業することに比べれば簡単なことです。
難しいのは留学先に着いた後、続けることで、卒業することだと思います。
それは、一般に言われる「海外の方が日本の大学より卒業が難しい」ということだけではなくて、
勉強が辛くなったときやホームシックに陥るとき、
「何のために自分はここにいるんだろう」という自問を何度も何度も繰り返して、
その度に答えを見つけられないと続けていけないからです。

ここにいるために手放したこと、失った機会と引き換えても、
私はここにいるべきなのかと自分に問うとき、
それまでにないくらい、自分の心と人生と向き合うことになりました。
その山を一つ一つ乗り越えていくことは、たぶん自分を強くしてくれますが、
私にとっては楽な道のりではなかったです。



どちらともいえない③ 就職に有利か、不利か

アメリカでの就職については、アメリカの大学を卒業すると最長1年働くことが許されます(ビザは学生ビザのままで、OPTというプログラムです)。
でも1年というタイムリミットと、専攻と関係した仕事でなければいけないというルールのため、実際働き口を見つけるのは難しいようです。
現実的なのはアメリカにオフィスがある日本の企業、または日本にオフィスがあるアメリカの企業に就職するというパターン。
年に何度か日英バイリンガル向けのキャリアフォーラムが開催され、留学生のための就職活動の場となっています。

日本での就職については、日本の就職活動のタイミングとアメリカの大学の年間スケジュールが全く合わないので、
そうそう帰国もできないし(帰国してもタイミングが悪いし!)、
就職活動の「波」に乗れないという意味では不利な点もあるのかもしれません。
でも先月参加したキャリアフォーラムでの「留学生のための就活セミナー」で得た情報によれば、
留学生を積極的に採用しようという企業は年々増えてきているようです。



どちらともいえない④ 英語も日本語もできない?

3〜4年も英語漬けの大学生活を送ればそれなりに英語でのコミュニケーション能力がつきますが、
辞書がいらなくなるわけではありません。
英語が伸びる一方で日本語を忘れていく自分。
自分が勉強していることを、日本語でどう説明するのかわからない、という状況に何度も陥りました。
日本語を磨く努力も必要です…。



どちらともいえない⑤ 勉強の効率

大学に来たばかりのとき、何を読むためにも英和辞書を引いて、日本語のWikipediaを参照して、たった数ページの文献を読むのにも何時間もかけていました。
英語で勉強するのが日本語で勉強するよりも数倍の時間と労力がかかるとしたら、
日本語で勉強する方が「早い」わけです。英語でやるよりよっぽど効率的。
大学に行く目的が知識をつけることだけだったら、もしくは、勉強は効率的でなければならないとしたら、
日本の大学で勉強した方がいいのかもしれません。

***

でも最終的には、長さではなくて中身ですね。
It's not the years that count; it's the life in your years.
年数が大事なのではなくて、その中で生きた人生が大事だということです。

今年チリに留学したとき、たったの3ヶ月半という短い時間でしたが、
ともすればアメリカでの3年間に匹敵するくらい中身の濃い時間を過ごすことができました。
(でも後から考えれば、アメリカの大学で培った土台があったからこそ、チリでの時間が生きたのかなとも思います。)

結局、どちらの大学に籍を置いてもそれほど変わらないんだと思います。日本でもアメリカでも。
どちらを選んでも、自分が納得して選んだことなら、
それが正解なのではないかな、と。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/67-ea67c18c

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。