Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

途中でやめる、という選択。

「入学するのは簡単なこと。難しいのは留学先に着いた後、続けることで、卒業することだ」と前回書いた後、
続けるのとやめるのと、実際どっちが難しいだろう…と、ふと考えました。
留学の準備が大変であれば大変であるほど、「やめる」というのは実はすごく難しいし勇気がいるのではないかな、と。

もちろん、誰も「途中でやめよう」と最初から決めて留学する人はいないと思いますが(笑)

最後まで(卒業まで)続けるのが、誰にとっても絶対に良い、ということもないと思うのです。

行ってみて初めてわかることもたくさんあって、新しい目標ができたり、違う可能性が見えたり、することもある。
「やめる」ということが必ずしも「挫折」を意味するわけじゃない。
むしろその人にとってはそれが「成功」ということもあるのかもしれない。

私の大学には、日本人の正規留学生がだいたい5〜7人いますが、そのうち一人か二人は毎年様々な理由でここを去っていきました。
入学して一年以内で別の大学に編入した人もいたし、日本に帰国して就職した人もいました。

そういう決断に対して眉をひそめる人もいます。
「せっかく行ったのに何で?」と。

「途中でやめるなら何のために留学したの?」

(そういう質問は実は、本人だけではなくて周りの人にもふりかかってきたりするのです。何で留めなかったの、と無言で非難するかのように。)

ここは女子大ということもあり、特殊な環境なので、合う人と合わない人がいるのは当然で、
「何か違う」と思ったとき、他にもっと自分に合う環境ややりたいことがあるとわかったとき、
この場所を去る、というのも立派な決断だと思います。
少なくとも、「こんなところにもういたくない」と思いながらも「卒業しなきゃいけないから」というだけの理由で4年間、不満を抱えて過ごすよりは、ずっと良い。

それで、新しい大学で楽しく勉強していたりとか、日本で本当に好きなことに打ち込んでたりする姿を見ると、
周りの人が何と言おうと、その人にとっては良い決断だったんだろうな、と思うのです。

***

長期留学のはじめは、「何があっても絶対ここでがんばろう」という決心や勢いが、モチベーションにつながるかもしれない。
でも、つらくなったとき、もうやめたい、と思うときがあったとしたら、そのときは、
「でも絶対ここにいなきゃいけないんだ」と自分の首をしめるのではなくて、
「やめてもやめなくても、どっちでもいい」ということを理解したうえでどうするか決めた方が、
自分の決断とその後の行動に責任を持てる気がします。

ここに「いなきゃいけない」わけじゃなくて、
自分がいたいからいる。
他の選択肢がある中で、自分が選んでここにいる。

そう認識すると、いろいろなことが受け容れられるようになる、ような。

そんなことを思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/68-64ff242a

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。