Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベルアップ。

新年あけましておめでとうございます!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
I wish you all a wonderful year!



今年こそは英語を上達させたい!とか、TOEIC受験!とか、
そういう目標がある方もいるかもしれませんね。

英検などの資格試験を目指す方や、
レベルアップを目指す方におススメの一冊があります。



「理屈やニュアンスを知るときちんと使い分けができる」というサブタイトルの通り、
様々な構文やイディオムについて、「文法的に正しいものはどれか」という説明に加えて、
「ニュアンスの違いは何か」という解説にまで踏み込んだ中〜上級者向けの英文法書です。
英語のロジックを明かしてくれると言っても過言ではありません。

例えば、日本語の感覚や表現とは全く異なる「時制」や「冠詞」。
同じ「未来」を表す表現でも、"will" と "be going to" の違いがわかりますか?
現在完了形と過去形の使い分けは?
"a" と "the" の正しい使い方は?
冠詞があるのとないのとでは、ニュアンスがどう変わるのか?
などなど。

目次を見ればわかりますが、他にも前置詞、代名詞、助動詞、関係詞、接続詞、比較、仮定法など、ほとんど全ての文法項目を網羅してます。

と言っても、教科書のように文法の解説をしているわけではなく、あくまでも「発信できるようになること」を目標としているので、とても実用的です。
例文も練習問題も豊富で勉強になります。

英語をある程度長く勉強している人なら誰でも直面するであろう、細かい語法やニュアンスの問題。
「なんとなく」しかわからなくて、ネイティブスピーカーに聞いても(英語の先生に聞いても…)曖昧な返事しか帰って来なかった様々な疑問の答えが、
この本の中に見つかるはずです。
さらに、ニュアンスの違いや厳密なルールがあることにすら気づいていなかった語法に関して、
「そうだったの!?」とカルチャーショックを受けるにちがいありません。

著者曰く、外国語の勉強は「単に言葉を覚えるといったものではなくて、そこではカルチャーショックも起こってきますし、それを心の底から乗り越えてこそ、日常の会話レベルでも自然に正しく使いこなせるようになる」のだそうです。
英語の奥深さに触れ感銘を受ける1冊です。

最初の実力診断テストと、全てのセクションにある練習問題で、自分の実力もわかります。

(ちなみに私の今回の診断結果は数年前と変わらず、
「文法力はいまいちだが、そんなに悲観する程のものでもありません」ですって。
…。高い鼻をへしおってくれる感じが好きです。まだまだだな私も!)

情報量がとても多いので、一日に読めるのはせいぜい1〜2章、じっくり勉強するなら1日に数セクションくらいのゆったりしたペースで進むことをおすすめします。
一回読み切って終わりではなく、手元において何度も参照したい本です。

さらに付け加えるなら、本気でレベルアップを目指すのであれば、
この本で知識を身につけつつ、目に(耳に)入る英語に注意を向けて、実際どう使われているか意識してみることです。
そして、自分が英語で話したり書くときに、少しでも正しく使うことや、ニュアンスの違いを意識することです。
ただ本を読むだけでは、レベルは上がっていきません。



ちなみに、「発信型英語」はシリーズで、他にもライティング、リーディング、ボキャビルの本があり、
どれもレベルとクオリティが高く、上級を目指す方に特におススメです。
他の本もまた今度紹介することにします。



おまけ。
次の6つの文のニュアンスの違いがわかりますか?

1. The party will leave Japan for Canada.
2. The party will be leaving Japan for Canada.
3. The party is going to leave Japan for Canada.
4. The party is leaving Japan for Canada.
5. The party leaves Japan for Canada.
6. The party is to leave Japan for Canada.

どれも「一行はカナダへ向かって、日本を発つ予定だ」という意味ですが、
少〜しずつニュアンスが違います。
意志の度合いや外的要因の度合い、前から予定していたことなのか、今思い立ったことなのか、などなど。

1.外的な事情で発つであろう
2.そういう予定でいるのでもうすぐ準備にかかる
3.以前からの予定で変更もあり得る、まだ準備にかかっていない
4.必ず発つ!今準備中
5.必ず発つ!準備は万全
6.計画によって決められたことをすることになっている

(p.28~29より抜粋)

どのくらいわかりましたか?
同じ未来表現でもこんなに種類があるんですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/72-7f51e2e6

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。