Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級までの道のり

しばらく真面目に資格試験合格のための勉強法について書いてみようかと思います。
まずは身近な英検から。

私と英検は長い付き合いでして(笑)中2の時に初めて3級を受験してから1級に合格するまでの6年間、毎年受験し続けました。

なぜ英検か、という話を少し。
それは、「英語ができるようになりたい」というあまりにも漠然とした目標に対して、
英検という具体的で実現可能な目標を設けることで、
勉強を続けるための動機付けと道しるべの役割を果たしてくれるからです。
進むべき方向を指すと同時に、自分が進んだ距離を表してくれるマイルストーン。

3級の次は、準2級。
準2級の次は2級。
そして準1級、最後に1級。
なんてわかりやすい。
ちゃんと内容のレベルが上がっていくので、自分のレベルも上がっていくことが実感できます。

私の場合、英会話学校に通ったわけでもないので、
一人で勉強を続けていくためには何か目標となるもの、導いてくれるものが必要だったのです。

受験のしやすさも理由のひとつです。
申し込みも簡単だし受験料も他と比べれば断然安い。
受験会場も多いのが嬉しいです。ほとんどの場合、特に1次試験は、自分の学校で受験できます。
TOEFLを受験するために札幌から東京へ行った労力を考えれば、
気軽に何度も受けられる英検は腕試しにもってこいです。

何だか英検推進委員会みたいな文章になってきましたがもうひとつだけ。
「英検のための勉強」が「英語の勉強」に直結する理由は、
英検が言語技能の全てをバランス良くテストしてくれるからなのです。
文法、語彙、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング(二次試験の面接)。
全部テストされるので、試験対策をする中で、それらをバランス良く身に付けていくことができます。



英検の公式ページはこちら(過去問も見られます):www.eiken.or.jp



で、どうやって勉強したか、ということですよね。

私は英検対策には全て旺文社の本を使っていました。
つまり、公式の教本です。
英検の勉強をするなら、英検協会が作った教本を使うのが一番だろうと思ったので。

さて、公式本にもいくつか種類がありますが、私が使っていたのは次の4つでした ↓
・教本(CD付。「英検合格者の80%以上が使っている旺文社の英検書」という帯がついているやつです。笑)
・7日間完成予想問題ドリル(CD付)
・DAILY30日間集中ゼミ(CD付)
・過去6回全問題集(CD付)

ある程度レベルに見合った文法の知識もあり、合格に自信のあった準2級くらいまでは、「7日間完成」という薄い問題集のみで準備しました。
試験の内容を勉強するというより、試験の形式に慣れるためです。
セクション(語彙、文法、長文、etc)ごとの練習問題があり、一日1セクション進んでいく形で、1週間で全セクションの復習が完了します。

2級と準1級は、確か「教本」を使ったと思います。
こちらは、問題の傾向、覚えるべきイディオムや文法ポイントなどの解説が丁寧に書かれています。
「練習問題つき教科書」といったところです。
少しずつ、時間をかけて勉強するのに向いています。

「教本」で力を付けたあとは「過去6回全問題集」でひたすら過去問に取り組みました。

1級のみ、「DAILY30日間集中ゼミ」という本を使いました。
1日分では、問題形式や攻略ポイントを確認する→練習問題を解く、という構成で、
全体では、問題形式を把握するための基礎編(第1日〜第9日)と、スコアを伸ばす実力をつけるための応用編(第10日〜第30日)という2部構成になっていて、最後に模擬テストがあります。
なぜこの本を選んだのか…。
体系的に、計画的に勉強できるようにできているのが良かったのでしょうか。
全然集中せずに断続的に on and off という感じで勉強したので1年以上この本と付き合うはめになりました(笑)


さて、わざわざ「CD付」と注記したのはそれがとっても大事だったからです。
CDをどう活用するかという話はまた明日。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/73-e85f51b0

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。