Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級までの道のり その3

英検の1次試験(筆記試験)に受かるための、試験中の策略は、
長文問題から解くということでした。

つまり、問題の冊子を開いて、最初の5〜6ページくらいをすっとばして、
いきなり大問3とかから始めるわけです。
そして、2、1、と進んでいきます。

どういうことかと言うと、自分が一番得意なところから始めるということです。
必ずしも1ページ目から解かなければいけないという決まりはないのですから。

私はリスニングの次に長文が得意で、次に文法、最後に語彙だったので、
その順に解くことにしていました。
(筆記試験は、大問1が語彙、大問2が文法、大問3〜4が長文、大問5がリスニング、というような構造になっています。)
最初に語彙をやると、わからなくてパニクるし、考えてもわからないのに無駄に時間だけかかるし、残り時間が少なくなっていってあせるし…。
だったら得意な長文に時間をかけてゆっくり取り組んで、後からぱぱーと語彙をやって(どうせ勘で答えるんだし?)、
ゆっくりリスニング問題に目を通す、というのが私の戦略でした。

とても万人にあてはまる戦略とは思えませんが、
(そして全然自慢になりませんが、、、)
試験の受け方は人それぞれ、自分の好きなように、好きな時間配分で取り組めばいいと思います!
以上!笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/75-af86bb45

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。