Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級までの道のり その4

英検の勉強にしても、TOEICやTOEFLにしても、
強調したいことは、試験勉強だけをしていたわけではないということです。

中学生のときは、ALTと話したりラジオ講座を聴いたり
高校生のときは、英語部に所属していたので、英語ディベートやスピーチをしたり。
英語で日記を書いたり、映画を見たり、ハリーポッターを読んだりと、
多少なりとも毎日英語に触れる生活をしていました。
もちろん、学校で英語の授業もありましたし、短期留学も経験しました。

英語の資格試験の勉強で学んだこともたくさんありましたが、
文法と語彙の基礎、そしてスピーキング・リスニング・リーディング・ライティングの基礎は、
試験勉強じゃないところで培ったと思います。

結局、自分がすでに持っている実力が試されるのが試験で、
試験勉強は、英語そのものというより、
試験の形式や答え方のポイントをおさえることの方に重点をおいていました。

それから、長時間の試験に耐えられる体力(集中力)をつけること。
試験勉強はつまるところ、長文を読む・聴く集中力を上げるためのトレーニングだったような気がします。

試験に向けて本格的に準備を始めるのはたいて試験の1〜2ヶ月前。長くても数ヶ月?
TOEICを受けたときはそれより短かったかも?

資格を求められることもありますし、持っていると便利ですが、
あくまでも英語を上達させるのが目的で、試験はそのための一つの手段。
一つの通過点に過ぎないと思います。

実際、英検1級を取ったところで、英語が全てわかるようになったわけではありませんし。
外国語の勉強には終わりがないなとつくづく感じる毎日です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/77-9507fe25

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。