Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEICの話。

TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)は、ご存知の方も多いでしょうが、
英語が母国語でない人を対象にした、英語のコミュニケーション能力を評価する世界共通の試験です。
日本の企業や学校でも積極的に採用されていますね。

TOEICは合格/不合格ではなく、10点から990点までのスコアで評価されます。
リスニング100問(45分間)、リーディング100問(75分間)で、合計200問、2時間のテストです。
TOEFLの内容が非常にアカデミックであるのに対して、TOEICは日常会話とビジネスに関連したテーマが多いです。



私の高校では、英検2級を取った後にTOEICを受験することを勧めていました。
2級と準1級はレベルにかなりの差があるので、スコアで評価されるTOEICを受けながら、実力を上げてから英検準1級に臨むという戦略です。
私も、順序的には、2級→TOEIC→準1級という具合に受験しました。



TOEICの準備には、とにかく過去問を解くという方法を取りました。

ありがたいことに、高校のパソコンにTOEICの過去問がたくさん入っていたので、
朝や放課後に時間を見つけては、1日1問でも解いてみることにしていました。
それで一通り、問題の形式がどんなものかはわかるようになり、
頻繁に出てくる表現を覚えていきました。

試験を受ける直前(1〜2週間前??)になって、時間をとってリスニングセクション全部、またはリーディングセクション全部を解く練習をしました。

TOEICはとにかく問題数が多いので、スピードと集中力が求められます。
リスニングにしてもリーディングにしても、1問だけ解くのと、100問休まずに解き続けるのとでは大違い。
最低でも2〜3回は、模試を受けるつもりで、時間制限を設けて200問全問にチャレンジしました。



ちなみに私がTOEICを受験したのは2ヶ月の短期留学から帰ってきて間もない頃。
留学に行く前と、帰ってきた後で、スコアを比べられたら良かったのですが、
受けたのは帰国後一度きりです。

スコアの有効期限は2年間なので、もうとっくに切れてしまいました。
いつかまた機会があれば受けてみようと思います^^

TOEICの日本語公式サイトはこちら:http://www.toeic.or.jp/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/79-c9c0a9ef

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。