Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEFLの話。

話を試験勉強に戻しましょう。

TOEFLについては、以前大学進学までの道のりでさらっと試験内容とおすすめの教材を紹介しました。

TOEICと同様、合格/不合格ではなく、点数で英語の能力を判定します。
リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの技能全てを測るテストで、
各30点、合計120点満点です。

TOEFLのスコアが求められるのは、英語圏の大学や大学院に出願するとき。
試験内容は非常にアカデミックで、キャンパスの生活に関連したものです。

数年前まで実施されていたペーパー版(PBT)と比べてiBT(インターネット版)は試験時間も長くなり、内容もだいぶ難しくなったように感じます。

なので戦略としては一度PBTの模試を受けて自分のレベルを把握してから、
必要であればPBTの方を少し勉強してからiBT(インターネット版)の勉強に移った方がいいと思います。
何の準備もせずにiBT模試を受けることはあまりおススメできません。

なぜなら、あまりにもわからなくて、きっと落ち込むだけだから…。

…。

私は高校生のときに一度PBTの夏期集中講座を受講して、受験したことがありました。
学校以外で英語を習ったのは、これが初めてでしたが、
TOEFLに限っては、誰かに教えてもらうのが役に立ったなと思います。
難しすぎて、一人では解決できなかった疑問も多かったでしょうし。
みんなで励まし合いながら一緒に勉強するのが精神的にも支えになったのではないかと。

私は、長文を読むときは必ずわからない単語をハイライトしながら読むのですが、
TOEFLを勉強し始めたばかりの頃は2〜3語に一つわからない単語がでてきて、
文章が真っ赤(とか真っ青とか)になっていました。
でも、みんなそうなのです。最初は。

リスニングと長文のトレーニングももちろん大切ですが、
このとき特に力が伸びたと思うのが文法。
文法問題はiBTにはないのですが、ぜひPBTの過去問で勉強してみることをおススメします。
英文を読んで、文法的に間違った箇所を探すという形式の問題ですが、
どんなところに気をつけるべきかポイントがわかるようになると、
自分のライティングも必ず伸びます。

ちなみに使っていたのは、TOEFLのPBT受験に申し込むと送られてくるFree practice test です。

***

さて、難関のiBT。

2008年10月の受験を目標に、iBTの勉強に取りかかったのはたぶん8月頃でした。
まさかそんなギリギリに!?と思ったのですが日記を読み返すと8月中旬に
「そろそろTOEFLの勉強を始めようかな」というようなことが書いてあったのです。
自分の危機感のなさにびっくりです。

その頃はフルタイムでバイトしていたので、iBTの勉強はバイトの合間に、
友達から教材を借りて一人でしました。
以前紹介した、Delta's Key to the Next Generation Toefl Test: Advanced Skill Practice Book
と、それからTOEFL iBT Pass Key (Barron's Toefl Ibt Pass Key)という本を使用しました。

1日1セクションを目標に、できるペースで勉強しました。
結局リーディングとリスニングが基礎になるので、
スピーキングとライティングは後回し。
とにかく問題の形式と答えの導き方を学んで、数をこなすことで語彙を増やしていきました。


試験の受け方や問題を解くときのポイントなどについてはまた次回書こうと思います^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/82-218da706

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。