Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標と優先順位

先月、アメリカでの留学生活を始めて満3年を迎えました。

4年間通うつもりで大学に来たものの、「4年」という時間の単位は私にとって、
具体的に想像するには長過ぎて、
抽象的な概念としてしか存在しませんでした。
最初の2年間は、いつかやって来るであろう卒業の時を想像することすら難しかったのを思い出します。

残り1年を切り、「終わり」が現実として手の届くところに迫ってきたとき、
私の中で、大学生活で大切なことの優先順位が大きく変わりました。

「大学」という場所で経験しておきたいことが、より明確になったのと同時に、
「アメリカ」にいられる時間も限られていることに気付き、
ここ(アメリカの大学)にいる間にすべきことは何だろうと、考えさせられたのです。


全寮制のお嬢様学校の bubble (幻想) の中、
外の現実社会から囲われ守られて、
私はこれまでアメリカ社会を全然見た気がしない。


というのは少し大げさですが、正直な気持ちです。
今までもいろいろなボランティアをしてきたけれど、
もっと大学の外のコミュニティに関わりたい。

キャンパスの中に閉じこもってないで、私、もっと、外に出ないと。



今学期、NGOでインターンを始めたのはそういう理由からでした。
以前紹介した、"speaking" に焦点をあてた女性のための教育団体です。)

大学内でのバイトを除いては、アメリカの企業・団体で働くのはこれが全く初めて。
「アメリカ人と働く」という未知の環境に最初は不安が渦巻いていましたが、
実際働き始めてみて、不安を感じる必要も、引け目を感じる必要も、全くないんだとわかりました。
むしろ、こんなにやりがいと情熱を持って取り組める仕事はない、というくらい充実したインターン生活を送っています^^

「ここで働きたい」と、声に出してみて、本当に良かった。



先学期まで、「(授業とバイトで)忙しい」を理由に見送った機会がもったいなかったな、と思い、
もっと言えば、「留学生だから」「英語ができないから」「アメリカ人じゃないから」ほとんど無意識にあきらめて、
選択肢としてすら認識しなかったこれまでのいろいろな機会を思い返し、
ほんのり後悔しました。

けど、今では楽しむ余裕と多少の自信を持ってできるようになったことも、
ここに来た当初は、そんな余裕も自信も、これっぽっちもなかったのです。
結局、私は私のペースで進むしかなくて、早すぎるも遅すぎるもないのかな。

この三年間を振り返ると、
少しずつ優先順位が変わって、少しずつ視野が広がって、少しずつ行動範囲が広がっていったことに気づきます。

授業についていくのにとにかく必死だった勉強一筋の一年目。
勉強と息抜きのバランスを模索しつつ、交友関係を広げていった二年目。
メンターとして少しでも大学に貢献することを目標にした三年目。

四年目となった今年は、
もっとアメリカを知って、
もっと大学内外のコミュニティに貢献して、
それから自分の研究を妥協せずにやりとげることを目標にがんばります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/87-d478c0a7

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。