Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語は絶対、勉強するな!その2

【聞く→話す→読む→書く】

さて、聞けるようになったら次は…

●○●書き取る●○●

会話を全て書き取ります。紙に書いていっても、タイプしても良いと思いますが、気をつけるポイントが3つあります。

1. 単語で区切らず文で聞くこと。

例えば「Ken told me a lot about you!」だったら、
Ken / told / me / a / lot / about / you と単語ごとにテープを止めるのではなく、
文を聞き切ってから止める。

一度目は
Ken ..... me .... you
しか書き取れないかもしれません。
空いた穴が埋まり文が完成するまで、何度も聞きます。
(よっぽど短い文でない限り10回くらいは聞く必要があるでしょう。)


2. スペルがわからなくても、聞こえる通りに、とりあえず書く。

スペルは後でチェックするので気にせず、とにかく聞こえる音を全て書き取ることが大切です。


3. 集中して音を聞く。

あえて挙げるなら。前回の「聞き流す」とは違います。
でも共通することは、「意味」ではなく「音」に意識を向けることです。

〜〜〜

これ、気が遠くなるような作業です。

私は本(英語は絶対〜)の付録CDをけっこう長い間聞いてましたが、
結局全て書き取ることはしませんでした。

でも、英検2級〜1級、それからTOEICとTOEFLの勉強の時にはリスニング問題を常に書き取るようにしていました。
せいぜい100〜200語くらいの長さなので、30〜1時間もあれば書き取れていたような?? ないような??

あとは、映画のお気に入りのシーンのセリフを書き取ってみるとか(映画の活用法はいっぱいあるので少しずつ紹介していきたいと思います)。


すごーく楽し〜い心が躍る方法とは言えませんが、やればやるほど確実にリスニング力が上がることを保証します。
私があらゆる英語の試験でリスニングだけはパーフェクトだった理由はここにあります。


って、聞けても意味がわからない〜と突っ込みを入れたそこのあなた。
その通りですね。続きはまた明日。
 


スポンサーサイト

コメント

this is so useful advise.
2012-02-07 09:46 | ken #- | URL [ 編集 ]

Re: No title

> ken
Thank you for your comment! Please do try when you have time ^^
2012-02-07 10:23 | Sumire #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumiretogaikokugo.blog.fc2.com/tb.php/9-327589df

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。