Profile

Sumire

Author:Sumire
札幌生まれ札幌育ちの道産子。道内公立高校を卒業し、2010年1月渡米、スペイン語を専攻し、2013年12月卒業。
趣味は外国語の勉強とタップダンスと行き当たりばっ旅。在学中に4つの外国語を学び、アメリカを拠点に6カ国で生活しました。座右の銘は「思い立ったが吉日」今日も気ままに生きてます。


Latest journals


Latest comments


Weather


Exchange Rates

FX 株FX ブログ

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly archive


Search form

Tweets

# of visitors

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級までの道のり〜番外編〜

先日、偶然こんなブログを見つけました。

「英検1級1ヶ月突破 リスニング対策」

「この英検1級1ヶ月突破では、リスニングは捨てます。」

なに??

「理由は簡単です。
勝てないし、勝った(=満点レベル獲得)としても、大した点数にならない。
リスニングは、29点でやはりそこそこ配点がありますが、時間をかければ、点数が飛躍的に伸びるものでもない。もっと時間をかければかけただけ点数が上昇する語彙・作文に力を注ぐべきです。リスニングに関しては、半分位取れればラッキー、そして最低でも3割取れればよしとするか。と思い切り割り切って、リスク取って行くべきです。その分のリスクを補えるだけのリスクヘッジが語彙と作文です。リスニングは捨てる事が対策です。」

と書いてありました。

わお。私と正反対。

私の思考は、

「語彙は、25点でやはりそこそこ配点がありますが、時間をかければ、点数が飛躍的に伸びるものでもない。もっと時間をかければかけただけ点数が上昇するリスニング・長文に力を注ぐべきです。語彙に関しては、半分位取れればラッキー、そして最低でも3割取れればよしとするか。と思い切り割り切って、…」

なぜか?

それは、リスニングと読解をやれば語彙は必ずついてくるからです。
語彙だけ勉強している(意味を暗記する)のでは、読む力も聞く力もつかない。
私が、文脈なしに単語の意味を掴むことができないので、
語彙に特化した勉強は横においやったわけです。

ほんと、人によってアプローチ方法が違うんだな〜と思った瞬間でした。

TOEFLの話。〜ノートの取り方〜

iBTの特徴の一つは、リスニングを含む問題ではノートを取ることが許されていることです。
ノートは採点の対象にはなりませんが、一つ一つのリスニングが3〜4分と長めなので、情報を整理しつつ後で見やすいノートを取るスキルが鍵となります。

わかりやすいノートは、リスニングセクションだけでなくて、
どちらかというとスピーキングとライティングのセクションで特に必要になります。
なぜなら、レクチャーを聞いて、それを口頭で要約したり、関連した記事を読んでレクチャーと比較して小論文を書いたりしなければいけないからです。
選択問題は記憶でどうにかなったとしても、要約や小論となるとそうはいきません。

本番の試験で使うのは線も何も入っていないA4の白い紙(何枚でも使ってOK)なので、練習のときも同じものを使うことをおすすめします。

iBTの勉強を始めたばかりの頃は、特にノートの取り方を意識することもなく、
授業で大学ノートにメモを取るようにキーワードやフレーズを書いていきました。
聞こえてくるままに、ただ紙の上から下に向かって。

けれど、それではいざ問題を解こうとしても必要な情報がどこにあるのかすぐに見つけられないと気づきました。
ノートを取っているときは何となく話が頭に入ったように感じても、細かいことを思い出そうとして後から見返したときに、そのノートはたいして役に立たなかったのです。
だいたい、解答時間は限られているので、じっくりとノートを見返す時間なんてありません。
一瞬で欲しい情報が探せるように整理されていないと意味がないのです。

そう、気づいてから、ノートの取り方をいろいろ変えて試してみました。

ある人から勧められて、最初試したのは「マインドマップ」。
紙を横長に使って、中央にキーワードをおいて、そこから関連する情報を放射状に書いていくやつです。

こういうの ↓
MindMapGuidlines.jpg

この方法の良いところは、ひとつひとつの情報の関連性を考えさせられることだと思います。
「考えながら聴く」エクササイズにはなるのですが…。
きれいなマップを書くことの方に気がとられて話に集中できず、しかもあまり見やすくない。
という結論にいたりこの方法はあきらめました。

結局落ち着いたのは、線を引いてA4の紙を縦半分に分けて、
左半分に major idea、右半分に minor idea を書き入れていくという方法でした。

左側にコンセプトの名前、右側に定義
左側に中心となるアイディア、右側にその具体例
という具合に。

ほとんど必ず、レクチャーの最初に「今日は○○について2点話します」とか「これについては3つの説明があります」とか、ポイントがいくつあるかを明確にしてくれるので、それを聞き逃さないようにします。

そして、「一つ目のポイントはXYZです。例えば…」と説明が始まったら、
紙の左側に ① XYZ と書き、右側に具体例を書き入れる。
「二つ目のポイントはABCで…」と、次のポイントに移ったら、
左側に ② ABC と書き、右側にその例や説明を書いていきます。

レクチャーではなく会話の場合は、左と右で話している人を分けて、誰が何を言ったかわかるようにしました。

こうすると後から見てもわかりやすいし、マインドマップほど複雑でもないのでノートを取りやすい。と私は思います^^

ちなみに紙は、一つのレクチャーor会話につき一枚のペースでゆったり使いました。

ということで、皆さんもぜひいろいろ試して、自分に合うノートの取り方を見つけて下さい♪

TOEFLの話。

話を試験勉強に戻しましょう。

TOEFLについては、以前大学進学までの道のりでさらっと試験内容とおすすめの教材を紹介しました。

TOEICと同様、合格/不合格ではなく、点数で英語の能力を判定します。
リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの技能全てを測るテストで、
各30点、合計120点満点です。

TOEFLのスコアが求められるのは、英語圏の大学や大学院に出願するとき。
試験内容は非常にアカデミックで、キャンパスの生活に関連したものです。

数年前まで実施されていたペーパー版(PBT)と比べてiBT(インターネット版)は試験時間も長くなり、内容もだいぶ難しくなったように感じます。

なので戦略としては一度PBTの模試を受けて自分のレベルを把握してから、
必要であればPBTの方を少し勉強してからiBT(インターネット版)の勉強に移った方がいいと思います。
何の準備もせずにiBT模試を受けることはあまりおススメできません。

なぜなら、あまりにもわからなくて、きっと落ち込むだけだから…。

…。

私は高校生のときに一度PBTの夏期集中講座を受講して、受験したことがありました。
学校以外で英語を習ったのは、これが初めてでしたが、
TOEFLに限っては、誰かに教えてもらうのが役に立ったなと思います。
難しすぎて、一人では解決できなかった疑問も多かったでしょうし。
みんなで励まし合いながら一緒に勉強するのが精神的にも支えになったのではないかと。

私は、長文を読むときは必ずわからない単語をハイライトしながら読むのですが、
TOEFLを勉強し始めたばかりの頃は2〜3語に一つわからない単語がでてきて、
文章が真っ赤(とか真っ青とか)になっていました。
でも、みんなそうなのです。最初は。

リスニングと長文のトレーニングももちろん大切ですが、
このとき特に力が伸びたと思うのが文法。
文法問題はiBTにはないのですが、ぜひPBTの過去問で勉強してみることをおススメします。
英文を読んで、文法的に間違った箇所を探すという形式の問題ですが、
どんなところに気をつけるべきかポイントがわかるようになると、
自分のライティングも必ず伸びます。

ちなみに使っていたのは、TOEFLのPBT受験に申し込むと送られてくるFree practice test です。

***

さて、難関のiBT。

2008年10月の受験を目標に、iBTの勉強に取りかかったのはたぶん8月頃でした。
まさかそんなギリギリに!?と思ったのですが日記を読み返すと8月中旬に
「そろそろTOEFLの勉強を始めようかな」というようなことが書いてあったのです。
自分の危機感のなさにびっくりです。

その頃はフルタイムでバイトしていたので、iBTの勉強はバイトの合間に、
友達から教材を借りて一人でしました。
以前紹介した、Delta's Key to the Next Generation Toefl Test: Advanced Skill Practice Book
と、それからTOEFL iBT Pass Key (Barron's Toefl Ibt Pass Key)という本を使用しました。

1日1セクションを目標に、できるペースで勉強しました。
結局リーディングとリスニングが基礎になるので、
スピーキングとライティングは後回し。
とにかく問題の形式と答えの導き方を学んで、数をこなすことで語彙を増やしていきました。


試験の受け方や問題を解くときのポイントなどについてはまた次回書こうと思います^^

愛の言葉

ロマンス語。

その名前を初めて聞いたとき、

ロマンスの言葉?ロマンチックな言語ってこと?恋人たちが話す言葉?

と恥ずかしげもなく思いました。

調べてみるとロマンス語と愛のロマンスとは何の関係もなく、
ラテン語の口語(俗ラテン語)に起源をもつ言語のことだとわかりました。
フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語などがその代表です。

愛とは何の関係がなくても(笑)ロマンス語は本当に美しいと思います。
音も好き。見た目も好き。
大学に来た当初、私はロマンス語を専攻にするつもりでした。

…ということで(どういうわけか)、

今学期ポルトガルの授業を取り始めました♡

***

"What?? Because you want to learn all the existing languages in the world?"

と、友達には笑われましたが。

ただ私は、
「ポルトガル語やろうかな」と思い立ったが最後、
「じゃあ今からやろう」と。

探してみると、待っていましたとばかりに私にぴったりのクラスが見つかったのです。

【Elementary Portuguese for Spanish Speakers】

素敵すぎる。
ポルトガル語をやるなら、スペイン語と比べながら勉強した方が、断然早いはず。

「授業を取らせて下さい」と教授にメールを送り、
人気の授業だから入れる保証はないよと言われましたが、
授業では一番前の席に座り、熱意を伝え続け(笑)無事にスポットを確保しました。

***

この授業の好きなところは、全部ポルトガル語でおこなわれるということ。
いわゆる "イマージョン"(その言語に浸かる)というアプローチです。

部分的にそれを取り入れる教授はたくさんいますが、初級レベルでそれを徹底するのは簡単ではありません。

私は外国語を長く勉強していますが、今になって初めて、
「全く勉強したことのない言語を、他の言語を介さずにその言語で学ぶ」という体験をしています。

これ、けっこうショッキングなできごとでした。

私はポルトガル語を聞いたこともそれまでほとんどなかったし、
ましてや長時間耳を傾けたこともない。

でも最初の授業の日、教授が1時間ポルトガル語でしゃべり通したとき、

…すごい。
別の言語で、全く違うのに、言ってることがわかる。

これはいったいどういうことなの?!

もとをたどれば同じ言語。
誰かが「ロマンス言語は方言程度の違いしかない」と言っていましたが、
案外、真実をついてるのかも。

私たちと同じ道を辿った(スペイン語を勉強してからポルトガル語を勉強した)ことのあるその教授は、「理解するのは割と簡単だろうけど、話したり書いたりできるようになるのは努力が必要だから、がんばって」と。

努力しますとも♡

ポルトガル語は、こんなにスペイン語に似ていますが、
発音はどちらかと言えばフランス語に近く、
文法はどちらかと言えばイタリア語に近い。

そう、ポルトガル語を初めて注意深く聴いたとき、
スペイン語にフランス語をふりかけてやわらかくした感じだと思いました。
スペイン語の角がとれて丸くなった感じ?

というのはブラジルで話されるポルトガル語の方で、
ポルトガルで話されるポルトガル語はまた少し発音や文法が違うことも知りました。

何はともかく、「ポルトガル語を学ぶことは、スペイン語を学ぶことでもある」のだと教授が言っていました。

二つの言語の違いを知ることで、スペイン語のこともより深くできる。

だから、スペイン語を専攻する者としては、その過程でポルトガル語を学ぶのは理にかなっているという結論に至りました。
これで正当な理由ができた。笑

***

新しい言語を学ぶのって、新しい世界がぱーっと開けていく感じがして、好きです。
たぶんその感覚がけっこうクセになっていて、やめられないのかも。

新しい言語を学び始めるのに、別の言葉を「マスター」している必要なんかない。
そんなの一生かかってもできないのだから、待たずに始めた方が良い。
というのが私の哲学で、
今学期はスペイン語と韓国語とポルトガル語の勉強に精進します。


TOEICの話。

TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)は、ご存知の方も多いでしょうが、
英語が母国語でない人を対象にした、英語のコミュニケーション能力を評価する世界共通の試験です。
日本の企業や学校でも積極的に採用されていますね。

TOEICは合格/不合格ではなく、10点から990点までのスコアで評価されます。
リスニング100問(45分間)、リーディング100問(75分間)で、合計200問、2時間のテストです。
TOEFLの内容が非常にアカデミックであるのに対して、TOEICは日常会話とビジネスに関連したテーマが多いです。



私の高校では、英検2級を取った後にTOEICを受験することを勧めていました。
2級と準1級はレベルにかなりの差があるので、スコアで評価されるTOEICを受けながら、実力を上げてから英検準1級に臨むという戦略です。
私も、順序的には、2級→TOEIC→準1級という具合に受験しました。



TOEICの準備には、とにかく過去問を解くという方法を取りました。

ありがたいことに、高校のパソコンにTOEICの過去問がたくさん入っていたので、
朝や放課後に時間を見つけては、1日1問でも解いてみることにしていました。
それで一通り、問題の形式がどんなものかはわかるようになり、
頻繁に出てくる表現を覚えていきました。

試験を受ける直前(1〜2週間前??)になって、時間をとってリスニングセクション全部、またはリーディングセクション全部を解く練習をしました。

TOEICはとにかく問題数が多いので、スピードと集中力が求められます。
リスニングにしてもリーディングにしても、1問だけ解くのと、100問休まずに解き続けるのとでは大違い。
最低でも2〜3回は、模試を受けるつもりで、時間制限を設けて200問全問にチャレンジしました。



ちなみに私がTOEICを受験したのは2ヶ月の短期留学から帰ってきて間もない頃。
留学に行く前と、帰ってきた後で、スコアを比べられたら良かったのですが、
受けたのは帰国後一度きりです。

スコアの有効期限は2年間なので、もうとっくに切れてしまいました。
いつかまた機会があれば受けてみようと思います^^

TOEICの日本語公式サイトはこちら:http://www.toeic.or.jp/
«  | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。